2014年10月 9日 (木)

産経新聞前ソウル支局長の在宅起訴

 もう30年近く前、確か毎日新聞の元ソウル特派員の方が書いたコラムを読んで、深く思いを巡らせたことがあります。
 軍事政権下だった頃のソウル。普段は日本のことを快く思っていない韓国の新聞の老記者がいて、どうも付き合いづらかったのだけど、ある政変が起きた時、この老記者が近づいてきて、囁いてくれたという。
 「今起きている事実を、日本の新聞にありのまま書き残してください。残念ながら私たちにはできない。だからこそ、あなたたちが書いてくれた記事が後世、正しい歴史として伝わっていくんです」
 およそ、こんな内容だったと思います。
 韓国が民主化して20年以上たちました。今回の産経新聞前ソウル支局長の在宅起訴という出来事そのものは、韓国のメディアも後世に伝えられるだけの報道はできるようになったのでしょう。しかし、「言論の自由」に対する寛容の低さは、今も変わっていないということなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

堀内恒夫氏に参院繰り上げ当選資格

 タイトルのニュースは7月31日、自民党の中村博彦・参議院議員の訃報に伴って流れたもの。「あぁ、そういえば3年前の参院選には堀内も中畑も出ていたっけ。中畑はともかく、堀内は今回出ていれば当選したかもしれないのに、自民党も自分の勢いに自信があれば用無しってのはひどいな」と、今更のように思い出したのでした。
 全国紙をすべてチェックしたわけじゃありませんが、このニュースの見出しは堀内氏に重きが置かれ、中村氏の死去は「ついで」扱いが多かったと思います。そりゃ巨人V9のエースだし、前監督だし、知名度は断然上回っているだけに、こうした扱いになるのは無理もありません。とはいえ、亡くなった中村氏にしてみればあんまりな印象もあり、かえって中村議員とはどんな人だったのか気になっていたのですが…。
 1日夕に発売された夕刊フジに、鈴木棟一氏が連載している「風雲 永田町」に「中村博彦議員 無念の死」というタイトルの記事がありました。
 この記事によると、中村議員は厚労族のうるさ型として知られ、自ら設立した社会福祉法人を発展させたのに「非課税でも制約のある社会福祉法人制度ではダメで、福祉事業は株式会社化しないと発展しない」「日本は東南アジアから介護の担い手を入れるべきだ。そうすることで、いずれ日本から東南アジアに介護事業が輸出産業として展開される」といった主張をしていたとのこと。「族」でも役所べったりではなく、役所に物言う数少ない議員だったそう。新しい福祉政策作りを仕上げることを前にした「無念の死」だったようです。
 政治家たる者、やはり振り返ってもらえるだけの実績や活動を持っていないといけません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

参院選後の失望

 今回の参院選からネットを利用した選挙運動が解禁されたせいで、公示の後に、わがfacebookに谷岡なんとかってオバハンが「知り合いかも?」などと登場するようになりました。
 どうも、世の中に対して真摯に向き合っている小生の先輩が、ネット選挙運動の実態を知るべく、このオバハンと「友達」になったことの影響のようです。しかしながら、率直に言ってネット選挙運動なるものの迷惑ぶりだけを痛感させられた出来事でした。
 このオバハンも健闘むなしく落選の憂き目に遭ったのですが、務めていた「みどりの風」の代表を辞任して政界から引退すると表明したばかりか、「みどりの風は、国会での役割を終えたと思う」とまで言っていたのには、失望させられました。
 政党とは、建前として、政治目的を同じくする人々が、その達成に努力する集まりだとばかり思っていました。選挙に落ちたって、せめて刀折れ矢尽きるまで、建前上の政治目的を達成しようと努力する格好ぐらい見せるのが、税金でもって政治活動をした人間としての責務でしょう。「原発ゼロ」とか、そんな簡単に諦めちゃったら達成できっこありません。「今はダメでも、いつか必ず」というのが政治目的を果たす本質のはずです。
 「みどりの風」のような政党の実態が、政党助成金を分捕るための互助会に過ぎなかったことを明かしたことは、後々のためには良い教訓かもしれませんが、今後「みどり」とか「風」とか「未来」とか「生活」とか名乗る集団に、詐欺の臭いを漂わせてしまった罪は、決して軽くはありません。
 そして、政党助成制度という、アホらしい仕組みをぶち壊す集まりの登場を、心から願ってやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

市長選の期日前投票

1dsc_0285_4 23日は宝塚記念に集中するための休みだったのに、同僚に出番を変わってくれと泣きつかれ、こちらも泣く泣く受け入れて出番になってしまいました。
 地元・船橋では市長選挙がありますが、そんなわけで期日前投票をすることになり、本日午後、コナミスポーツ船橋でボディステップ60をやってひと汗かいて風呂でさっぱりした後、隣にある市役所へ向かいました。
 6人も立候補する乱戦ながら、誰に入れるかなんて決まっていません。「●●候補に入れてくれ」とか頼まれれば二つ返事で応じていたのに、地元にはそんな縁もないし…。
 ただ一人、こいつには入れないとだけは決まっていました。国政選挙から何から、選挙といえば必ず出馬してくる御仁で、節操も定見もあったものではありません。したがって、自分としては5人のうちの誰を選ぶかってことでしたが…。
 結局、老中みないな名前の候補者に一票を投じました。どんな人だか全然知らないけど、老中っぽい名前には安定感があるし。(^-^;
 (写真=老中、実はなかなか個性的な選挙カーを使っていました。何と一人乗り!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

ふたご座流星群見えず…

 昨夜、NHKのニュースウォッチ9の天気コーナーで「ふたご座流星群」を取り上げていて、気象キャスターの井田寛子さんが「東京などは雲がなく、新月で月明かりもないので絶好の観察条件です」と言っていました。
 ふたご座の位置はオリオン座の東といい、近所のゴルフ練習場のナイター照明が消えた午前1時過ぎ、ベランダで15分ばかり夜空を見上げていましたが、流星は全く見られず。わが家を含め周囲のマンションの通路灯などが明る過ぎるのか、自分の視力が悪過ぎるせいなのか。後から調べると、この時間帯は流星群の放射点はほぼ天頂だったので、ベランダから南の空を見上げていては、見当違いもいいところでした。
 5時半過ぎに小用で目が覚めた後、二度寝がきかず、7時前からNHK・BS1でワールドWaveモーニングを見ていたら、中国のアップル下請工場に現地の労働者を潜入させて撮影させた映像ルポを報じるFrance2のニュースを取り上げていました。自殺者が300人も出たというほど労働条件が厳しく、若者が入ってきてはやめ、ついには医学生まで「研修」と称して工場に送り込まれているとのこと。
 不景気の何のと言っても、わが国の豊かな暮らしを支えている実態を垣間見る思い。
 台風被害を受けたフィリピンのテレビでは、大統領が日本からの物資支援や資金援助に感謝している場面が。日本じゃ報じられませんが、こういうことは外交上のポイントを結構稼いだと言えるのではないでしょうか。中国が領有権問題で様々な国ともめ事を起こしている昨今では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

期日前投票…典型的な「お役所仕事」

 16日の衆議院選挙投票日は仕事なので、本日の出勤前に船橋駅南のビル「フェイス」で期日前投票をすることにしました。
 午後3時過ぎに行ったらガラガラ。前回の衆議院選挙の期日前投票は行列ができていたのに。タイミングの差はあるにせよ、政治への失望の表れを感じさせる風景でした。景気だ原発だTPPだと争点があれこれとある割には、最終的な投票率は低いかもしれません。
 さっさと投票を済ませましたが、確か最高裁判所裁判官の国民審査もあったはずなのに、その用紙の交付などはありませんでした。妙だなと、後で調べてみると、国民審査の投票所入場整理券は8日以降に発送されるとのこと。
 これじゃ、また別の日に期日前投票に行かなければなりません。こちらは二度手間だし。そもそも入場整理券を2度に分けて発送すること自体、税金の無駄です。
 おまけに船橋市選挙管理委員会の場合、今回から封書での発送になったので、余計にお金がかかっているはずです。国も地方も財政危機だなんて言ってるのに、この体たらくはどうしたことでしょうか。
 「税金の無駄遣いを省きます」なんて、できもしない公約なんだと痛感させられる出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

市議選の期日前投票

 今日から5連休、不寝番明けの昨日を含めれば6連休です。これといってやることもなく、予定しているのはランの植え替えぐらい。
 昼からエグザスへ行き、ボディパンプ・ボディステップと2プログラムをこなしてひと風呂浴びた後、道を隔てて向かいにある船橋市役所で市議選の期日前投票を済ませました。
 県議選は「てんのかみさまのいうとおり」で決めましたが、市議選は明確な投票基準があります。それは、
 「わが家の周辺でスピーカーを使って演説などをしないこと
です。夜勤商売ゆえ、これは死活問題なのです。
 今週も夜勤だった月曜日は帰宅が午前3時半過ぎで、就寝は4時半近く。火曜日の晩が不寝番だけに11時頃までは眠っていたかったのに、Sという候補の選挙カーが9時過ぎから大音量を響かせながらグズグズ走り回ってくれたおかげで、すっかり目が覚めてしまった。夕方に昼寝を試みた際も、別の奴が来て睡眠妨害をしやがって…といった具合に、被害は枚挙に暇がありません。
110421 選挙運動でスピーカーの使用を禁止にするよう、公職選挙法を改正してもらいたいと思っている人の数は、少なくとも国政選挙における「一票の格差」の改善を望む人よりも、はるかに多いと思います。調べた訳じゃないけど…。(^-^;
 実は、市議選はこの人に投じようと思っていた候補者がいました。毎週水曜か木曜の朝、船橋駅近くで大人しそうな声で市政報告をしている人物で、普段からこういう地道な活動を積み重ねている人に入れたくなるのは人情というものでしょう。
 確かNという名字だったと思うので(偉そうなこと言ってるのにうろ覚えだぜ>自分)、その人に投票してきました。幸い、うちの近くには彼の選挙カーは来なかったみたいだし。
(写真は、船橋市役所近くにできたセブンイレブンへ開店祝いに駆け付けた?チーバくん。抱きつく女の子がいたりで、大人気でした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

期日前投票&エコポイント申請代行

 仕事から帰って、船橋駅南口のフェイスビルで県議選の期日前投票を済ませました。
 いい歳をして恥ずかしい限りですが、今回も「だれにしようかな、てんのかみさまの、いうとおり」で当たった人に投票。具体的に誰だったのか、もう思い出せない体たらく。
 同じビルにあるビックカメラに寄って、エコポイントの申請代行をしてもらいました。自分としてはこの際、東日本大震災の義援金にでも寄付したいのですが、そういう選択肢はなし。こうした要望は結構ある気がしますけど、エコポイントはもともとが景気刺激策の一種なので「現金化して寄付」というのはなじまないとか、寄附金控除の対象にするのが難しいとか、そんな理屈で実現しないのかな〜。
 結局、ビックカメラUCギフトカードを選択。これなら手数料がかからないし、後日、同額を義援金に送れば目的も果たせるので、よしとせねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

あらら

 29日の朝刊によると、サムスンは過去最大の利益だった一方、LGはスマートフォンの出遅れで営業利益が大幅減なんだとか。韓国も韓国で、競争は激烈です。ケータイ付きデジカメの普及は遠いのかな。(ノ_-。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

日々の変化に気づかず、「やられた」と思った朝刊広告

 何か買うつもりもないのに、主に週末のヤマダやコジマ、ビックカメラのチラシはつい目を通してしまいます。
 ところで、この3社に限ったことではありませんが、昨秋以降(もっと前かも)、パナソニックの液晶テレビがほとんど掲載されていないことに気づいている人はどれくらいいるのでしょうか。僕は勤め先の同期E氏に言われるまで、全く気づきませんでした。
 パナソニックの液晶テレビに問題があった訳ではないのに、です。
 E氏は昨年12月初め、自宅のテレビが故障したため、ヤマダ電機へ行き、あれこれ説明を聞いて最も気に入ったパナソニック製品を買おうとしたら「2か月待ちですが、よろしいですか?」と尋ねられたとのこと。迷ったものの、自宅には小さなテレビもあるので、しばらく我慢して入荷を待つことにしたといいます。
 驚きましたね〜。ヤマダで2か月待ちじゃ、他所で売っているとはとても思えません。
 どうしてこんな事態になっているのでしょうか?
 理由はいくつかあるとしても、E氏がヤマダで聞いた話によると、いまや国産部品だけで作られている液晶テレビはパナソニックだけなのだそう。他社は程度の差はあれ、韓国製のパーツを使っていないメーカーはないといいます。
 こうなると修理が必要になった時、パナソニックなら時間が最もかからないはずで、そこにメリットを感じて購入する人が少なからずいるため、超品薄状態になっているようなのです。
 今朝、朝刊(読売)に韓国LG製のデジカメの全面広告が出ていました。パッと見たところ、何の変哲もないコンパクトデジカメなのに、どうしてこんな大きい広告が…と思ったら、デジカメではなく、NTTdocomoの新しいケータイだったのです。デジカメの液晶ディスプレイをタッチパネル式のケータイとして使えるとのこと。
 うーん、やられたな〜。
 「こんなのあったらな〜」って思っていた物が見事に実現されていたとは…。
 韓国には以前からカメラ機能に重きを置いたケータイがあるとは聞いていたし、一方でiPhoneに代表されるタッチパネルには大して魅力を感じていなかったけど、こういう使い方は思いつきませんでした。個人的には脱帽、早くauでも出してくれないかな。
 あれこれ書いていたら、NHKで「サムスン電子 売上高が最高に」というニュースを流していました。スマートフォンや液晶パネルが好調だったのが要因とか。改めて、韓国企業の実力を思い知らされた感じです。
 そうだった、連休最終日の今日は、先週の金曜日に達成し損なった「ランニング→匠屋のラーメン」を果たそうと思いつつ、またしても「マシン16km→ピーターパン」となってしまったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)