2017年7月15日 (土)

「海辺のリア」

 世間は3連休でも、我が輩は飛び石連休。いつものごとく走るだけで終わってしまうどころか、前夜の仕事が遅かったせいで朝ランにも行けませんでした。
 今日から映画「お前はまだグンマを知らない」の県内先行上映が始まりますが、どうせ込んでいるだろうから、ここは佳作上映館の「シネマテークたかさき」に行って半日、映画三昧をすることに。
 車で1時間20分ぐらい、何とか上映に間に合ったのが「海辺のリア」。残念ながら、シェークスピアの「リア王」の内容を知らないので、セリフや場面場面に込められた意味などはほとんど判然としませんでした。
 クレジットに登場する俳優は5人だけ。それも主役級のスターばかり。この5人以外の人物は映っておらず、映画というよりは舞台の演劇のようです。
 これだけのキャストだというのに、感想が「親が認知症になっちゃうと大変だな~」では我ながら情けなさすぎです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「まるでいつもの夜みたいに」

 「海辺のリア」が終わり、入れ替えのため一旦外へ出たら、「おい~」と声をかけられてびっくり。何と、太田に来て知り合ったN協のI田部長がニコニコして立っていたのです。
 I田さんは次の「まるでいつもの夜みたいに」がお目当てでやって来たそう。2005年4月に亡くなったフォークシンガー高田渡さんが、直前の3月27日に高円寺の居酒屋で開いた東京ラストライブのドキュメンタリー映画です。1週間限定上映なので、来られる時に来ないと見逃しちゃうというわけ。
 I田さんのような高田渡ファンは僕の周りにもいて、僕自身はそんなに好きでも嫌いでもないけど、カラオケで聞かされると確かにはっとさせられるいい歌があります。幼少期に三鷹市で育った者としては、高田渡さんがよく行っていた焼鳥屋「いせや」が、妙にファッショナブルに扱われるのが物凄く厭で、「あそこはうちの父みたいなブルーカラーがたまに楽しむ『安月給の楽園』で、大学出なんかが寄り付いてほしくない」と思ったりしたものですが。
 そんな小さなことにウジウジして一生を過ごすのはアホらしいのかもしれないと、ほんの少しだけ思ったのが、この高田渡さんの東京ラストライブのドキュメンタリー映画を観た感想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「彼女の人生は間違いじゃない」

 お目当ては3本目の「彼女の人生は間違いじゃない」ですが、「まるでいつもの夜みたいに」が終わった後、1時間20分ぐらいの待ち時間があります。この時間を利用して、高崎駅東口にあるビックカメラへ行き、「OLYMPUS PEN-F」を購入するつもりでした。
 昨年9月に現場復帰してから、カメラはPanasonicのマイクロフォーサーズ機を使っていましたが、いかんせん8年前ぐらいの製品なので、いろいろな点で限界を感じずにはいられませんでした。デジタルではできるだけストロボは使いたくありませんが、そのためにISO感度を上げても3200が上限なので、ブレが目立ちます。しかも、黄色が強く出る傾向があり、なるべく新しいカメラに替えたかったのです。
 ファインダーが付いているのが必須条件ながら、重いのはNGとなので、PEN-Fとなった次第。しかしながら、ビックカメラでは店員さんが他のお客さんにかかりっきりだったため、時間がなくなってしまい、ネットショップで購入することに。
 再びシネマテークたかさきに戻って、18時から3本目の映画鑑賞。「海辺のリア」もですが、はっきりとした結末がないせいもあって、どうもわかりにくい感じがします。ただ、平成三陸大津波(「東日本大震災」というのは災害の実相があまりわかりません)によって、家族や日常生活をいきなり根こそぎ奪われてしまった人々の心が今、どういう状態なのかを垣間見ることができた思いです。
 主演の瀧口公美さんは、もうちょっと福島弁なまりがあればな~という点を除けば、本当はいわきの子なんじゃないかと思うような見事な演技ぶりだし、高良健吾君も少し狂気を感じさせるイケメンぶりに磨きがかかって、いい俳優になってきた気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

映画「鉱毒」上映会

 休みのはずのきのうは午前中、「1%まちづくり事業発表会」取材、お昼は「大泉町子ども食堂」取材、夕方に「ぐんま平和の風 政策発表」取材と、普段よりよっぽど働いた後、17時からダニエルハウスで正月連載担当者の打ち上げ会。前橋からわざわざ同僚3人が来訪し、まあ3時間も飲めば余裕で電車に乗れるだろう…などと思ったのが甘かった。
 二次会でカラオケボックスに突入し、終わったのは0時前。前橋からの同僚のうち一人が車で、3人は代行運転で帰ったのでした。
 若者たちとのカラオケはつらい。平成生まれのくせに坂本冬美の歌なんか歌ってくれて、気を使ってくれた部分はあるにせよ、その歌が知っている限りで素人ナンバーワンだったりすると、複雑な感じもします。とか何とか書きつつ、こちらも喉が痛くなるほど歌ってしまったのでした。
 今日は午前中、映画「鉱毒」の上映会へ。これも仕事みたいなもんだけど、あくまでも映画鑑賞です。足尾鉱毒事件を田中正造の昔から、古河鉱業に責任を認めさせた太田市毛里田地区の農民たちの活動までをまとめたドキュメンタリー映画で、三国廉太郎がナレーションを担当していました。
 太田に来てから、足尾鉱毒の被害が田中正造の後もずっと続いていると知り、愕然としたものでした。被害の大きさはもちろん、それを自分がほとんど知らずにいたことにです。いくらか調べて、どういうことなのかがようやくわかってきた感じです。水に含まれる銅の濃度が高いと稲の育ちが悪くなり、こうした土を入れ替える土地改良がどれほど大変なのかを実感しました。
 昼食後、1時間弱のジョギング。脚部不安は解消されてはおらず、おっかなびっくりで8キロ程度。欲をかいた競馬は根岸S、シルクロードSとも3連複に1頭絡まず、すった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

「アンフェアthe end」

 シルバーウィークといっても出かける予定もなく、1か月後の大阪マラソンに向けて走り込みを重ねるのみ。では、あまりにもつまらないので、午後からの観劇を前に、暇つぶしで映画「アンフェアthe end」をTOHOシネマズ錦糸町で観ました。
 朝9時20分からというのに、前3列を除いてほぼ満席状態。このシリーズを見たことは一度もありませんが、人気のほどはうかがえます。
 ファンや関係者の方々には申し訳ないのですが、私好みではないストーリーでした。どうも「悪い人」たちに悪知恵が不足し過ぎていて、見ていてフラストレーションがたまるのです。
 こんなことならWINS錦糸町に行くべきだったかと後悔しつつTOHOシネマズ錦糸町のあるオリナスを後にし、四つ目通りを横断して匠屋で早めの昼食。ここは期待を裏切りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

見せびらかせるかと思っていたら…

1dsc_1616  昨年12月に大騒ぎになった「東京駅開業100周年記念Suica」が先週、届きました。あいにくと帰省中で、実際に手にしたのは24日(金)でした。
 発送は6月中旬から来年3月までかかるといい、今なら見せびらかせるかなぁと思っていたら…。
 23日夜、勤め先の同期2人と飲んでいたら、そのうちの1人が見せびらかしてくれたのです。考えることは、誰しも同じですね。「俺のとこにも届いているんだよ」と告げたら、ちょっとがっかりしていました。
 来年3月まで待たされる人を思えば、幸運なことには違いないのですけど。
 きょう26日、東京はこの夏初めての猛暑日といい、当日券で国立能楽堂の狂言を観ようかと思っていたのは諦めました。もっとも、朝ランで疲れたせいか昼寝をしてしまったほどだから、狂言のα波攻撃を受けたら全曲居眠りだったかもしれません。
 代わりと言っては何ですが、21時からEテレの古典芸能鑑賞会は狂言づくし。「末広がり」「宗論」と、笑える曲ながら、融通の利かない主人を持つ太郎冠者は我が身そのもので、主人を煙に巻く頓知を持ち合わせない自分が少々悲しい気がしないでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

Eテレ「知恵泉」

 火曜日の23時にEテレの番組を見る人なんて、いったい何人いるんでしょうか。
 かねがね、番組表を見ては何と読むのか気になっていたEテレの「知恵泉」。早出の今朝、5時半から再放送があると知り、録画予約して(そんな奴はなお少ないだろう)出かけ、帰宅してから見てみると…。
 「制作費はないし、どうせ誰も見てねーし」感ありあり。でも、往々にしてテレビ番組はこういう方が面白い気がします。番組が始まってから1年半ほど経っているそうですが、今まで見ていなかったのが大いに悔やまれます。
 まさか、あの人が作務衣姿とはね~。
1033 本文とは関係ありませんけど…「フランベー」(@谷津バラ園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

「砂の器」

 連休のお楽しみは、TOHOシネマズ市川で上映されている映画「砂の器」を観に行くこと。しばらく前、さくらえびおさんに教えていただいたおかげで、貴重なチャンスを逃さずにすみました。どうもありがとうございます。
 9年前にデジタルリマスター版が公開された時、大阪で2度観たので、これで3度目です。お金を払って同じ映画を2度以上観たのは、この映画だけです。
 さくらえびおさんが学生時代に観た時に、白いハンカチを目頭に当てていたという「きれいなお姉さん」のその後みたいな年齢層のお客さんでいっぱいでした。
 感想は敢えて申しません。終わった後、結構腹筋が疲れていました。こみ上げてくるものをこらえていると、お腹に力を無意識に入れてしまうのです。自分だけの癖かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

「柘榴坂の仇討」

1dsc_1157  朝9時からの上映を前に、ららぽーとTOKYO-BAYに着いて初めて、TOHOシネマズが違う建物に移転していたのを知りました。同じららぽーとの中とはいえ、橋から端まで歩くとなると広いから大変です。
 「柘榴坂の仇討」は、今日観る映画の中では「ついで」扱い。時間が空いていたから観たというのが正直なところです。原作が浅田次郎だとさえ知りませんでした。
 一番驚いたのは、広末涼子が武士、というより明治維新で武士でさえなくなってしまった無職の男に従う妻の役を、実にそれらしく演じていたことです。もともと好きでも嫌いでもなかったのですが、大いに見直しました。
 何と言っても、時代劇はチャンバラです。中井貴一と阿部寛の対決、これは見ごたえがありました。ところで、CGとかVFXとかこれだけ向上しているのですから、刀同士がぶつかった時に飛び散るはずの火花を映像に加えることはできないんでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「舞妓はレディ」

1dsc_1158  本日、一番観たかったのはこの映画。周防正行監督の新作であることはもちろんですが、9月上旬に試写会の様子を伝える報知新聞のサイトの画像(だったと思うけど、画像はもう消えている)を見て、「これは」と思ったのが最大のきっかけでした。
 主演に抜擢された上白石萌音さんが主題歌を歌いながら舞妓姿で登場して盛り上がっている画像でしたが、実に楽しそうに歌い踊っている様子が伝わってきたのです。
 映画も期待に応えてくれるものでした。花街ぐるみになって一人の舞妓、やがては芸妓を育てていくのは、京都ならではでしょう。
 見どころはいっぱいですが、中村久美さん演じる舞のお師匠さんも素晴らしかった。本物の五世井上八千代さんかと思っちゃうほどの迫力でした。
 後になって知ったのですが、在阪当時の職場の先輩がエキストラで出演していたとのこと。そうと知っていれば、目を凝らして探したのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧