2018年1月 8日 (月)

第70回グリーン六郷駅伝

 社内走友会恒例の六郷グリーン駅伝に出場しました。今年は久々に3チームで挑み、しかも箱根駅伝出場経験者Kさんもいる豪華な顔ぶれです。
 豪華すぎて、フルマラソンで「サブ4」でないのはどうやら僕だけ。初めて出場した時以来の強烈な「場違い感」を味わいました。ずうずうしくなったので、ビビリはしませんでしたけど。
 別チームの第一走者Kさんのウォーミングアップにはびっくり。一人5キロちょっととはいえ、本番より長く走っていたんじゃないかと思わせられたほどです。マネはできないけど、ああいう姿勢で取り組まないと、記録の向上なんかあり得ないのかもしれません。
 さて自分。2走でタスキを受け取った際は、別チームのカメラマンIさんとほぼ同時でした。何とかくらいついていこうと思ったものの、3キロ過ぎの折り返し以降は離される一方。タイムも27分12秒と、去年よりはマシだったけど、全盛期よりは2分弱も遅い。全盛期ならIさんと最後まで競り合えたのに…。
 終了後は京急川崎駅近くで焼き肉反省会。ここのカレーが結構おいしい。すっかり酔っぱらったついでに、駅ビルにあった「RINGO」という店でカスタードアップルパイを購入しました。走友M君が「去年買ったらおいしかった」と言うのにつられて行列に加わってしまったのですが、アップルパイなんて食べた試しがありません。
 ところが、太田に戻ってから口にしてみると、これがなかなかイケたのです。アップルパイが好きでもない僕がそう思うほどだから、たぶん客観的にみてもおいしいんじゃないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

年末年始あれこれ

 12月24日(日)

 朝8時過ぎから太田市の交流都市物産市を取材。9時過ぎに行った去年は毛ガニの写真が撮れず、捲土重来を期して早めスタート。というと聞こえがいいけど、本心は有馬記念予想に集中するため、仕事はさっさと済ませたかっただけの話。議員3人と出会ったが皆、プライベートなお買い物。目ざといねぇ、だから議員が務まるのかな。
 渾身の予想もむなしく、有馬記念は玉砕。キタサンブラックが有終の美を飾ったのはよかった。
 12月25日(月)
 取材がないのをいいことに、朝から年賀状書き。しょっちゅう、休みの日に仕事をしているんだから、その埋め合わせだ。夕方までに投函することができ、元日に届くだろう。
 12月28日(木)
 開成馬券師がLINEでホープフルSの予想を送ってきたので、100円馬券を計1400円購入したら、3連複万馬券が的中。今年初のマンシュウがオーラスでやっととは…。焼け石に水とはいえ、嬉しかった。
 12月29日(金)
 この日から元日昼過ぎまで帰省する予定だったけど、東毛地区に記者空白の一日が生じるため、帰省は延期。何もすることのできない空しい休日、即patに申し込んで東京大賞典を3000円買ったら、1万円弱のプラスに。焼け石に2度目の水ながら、赤字を縮小することができたのはよかった。
 12月31日(日)
 エンジン全開だった空っ風も今日は休みらしく、曇り空で気温も低かったけど走り納め。約6・5キロの周回コースを3周し、どうも調子が良さそうなので4周目に突入。最後はバテたけど、27キロちょっとを走れた。2月の京都・東京マラソンに向け、12月中に一度は30キロ走に挑戦するのが目標だったので、それに近いことができたのは収穫だった。
 1月1日(月)
 お正月感ゼロの元日、2階もルンバで掃除した後、散歩を兼ねてニューイヤー駅伝見物に出かける。途中、太田焼きそばの名店「もみの木」が営業しているのを見つけ、帰りに寄ることに。ウォーミングアップする選手たちを間近に見られてよかった。
 太田市役所北東の交差点、横断歩道付近に陣取ると、隣に犬連れの女性が来た。おとなしめの犬だったけど、足元にまとわりつかれると鬱陶しい。3000人くらいは見物人がいるのに、どうして俺だけがこんな目に合わなきゃならんのか。
 でも、戌年の初めに犬と接するのはいいことなのかもしれない。邪険にしなけりゃよかったなと思いつつ、「もみの木」で大将と新年のあいさつ。神社からの大量注文があるので、毎年元日営業だそうだ。年明け初の客ということもあり、おせち料理の福分けまでサービスしてもらった。
 4日朝まで帰省。天皇杯サッカーをラジオで聞きながら、東北道で見えた月は見事なスーパームーンだった。
 1月2日(火)
 朝から箱根駅伝。夕方に小糸川ジョギングロードで走り初め。10キロを29分台→28分台と、予定していた60分よりスピードを上げることができた。後半は心臓の血管が拡がった感じ。8日のグリーン六郷駅伝は去年よりはマシな状態で出られそうだ。
 1月3日(水)
 今日も朝から箱根駅伝。終わった頃に姪が祖父母に新年のあいさつでやってきたので、お年玉を渡す。厄年だという。風が強すぎるため、夕方に予定していた2日連続の追い切りは中止し、明日、太田に戻って仕事を済ませた夜、トレッドミルで負荷をかけることにする。駅伝当日の8日は今年も天気がよくなさそうなのが気がかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

伊香保温泉!

 ついにというか、ようやくというか、群馬県らしい所へ出かけました。伊香保温泉です。
 一般的には職場旅行、わが業界で「全弦」と呼ばれる行事です。全弦とは本来、艦船の全乗組員が寄港先で上陸すること(通常は半分は残るそうです)に由来する「隠語」です。
 今回は全支局員ではなく、若手ばかりの中に小生と12月に群馬へ戻ってきた先輩氏が招かれた形なので、実態は全弦ではありませんが、近ごろでは珍しい職場旅行ではあります。
 G1「阪神ジュベナイルフィリーズ」を見たかったので15時過ぎにチェックイン。何と一番乗り。またしても惨敗を喫してがっくりしていたところに、先輩のIさんがやってきました。
 何と、新人だった31年前、浜松で面倒を見てもらった先輩なのです。昨年3月まで高崎で勤務しており、1年8か月ぶりの上州復帰です。
 温泉につかりながらあれこれと語り合い、そのうち参加メンバー全員がそろって宴会。その後、「上毛かるた」大会と相成りました。いい大人がと思う面もあったものの、始めたら結構ヒートしました。続いて温泉卓球。カラオケに突入するはずが、ルームが空きそうもなく、部屋呑みに。あれこれ話を聞くうちに1時を回ってしまい、翌朝8時に出発しなければならなかったので、ひとまず退散。
 朝風呂に入って、さっさと朝食を済ませて、1時間半以上かけて館林へ。伊香保名所の石段街も見ることさえなく去ったのは残念でした。またのお楽しみにしておきましょう。
1dsc_0513 個人的には、近年宿泊した中では最もいい部屋だったかも(@ひびき野

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠方から来た友

 同期の盟友Eから「旅打ちで桐生競艇に行くから、下仁田ネギをおいしく食べさせる店を探してくれ」と、指令のような依頼があり、9日がその当日。別の同期Nが競艇ファンで同道してくるという。
 こちらは競馬以外のギャンブルに興味はなく、この時期に競艇は寒くてかなわんだろうと参戦せず、連中がたんまりと儲けて一杯おごってくれるのを期待して待っていました。
 待望久しかった電話が鳴ったものの、残念ながらわずかに負けたとのこと。「それより電車が来なくて駅で待っていると寒くてたまらん。足利駅まで迎えに来てくれ」と懇願されてしまったのでした。
 ったく、世話の焼ける連中だ。もう真っ暗なのに、こちらは足利駅に行くのは初めて。カーナビ頼りで駅南口に到着すると、「北口にいる」だと。見知らぬ土地だから行き違いは仕方ないか。案外、北口へ回るのに手間取り、ようやく2人をひろって太田のホテルへ連れて行き、こちらは車を駐車場に置いて、太田駅南口の焼鳥「鳥陣」へ。予約なしだったけど、幸いカウンターに3席空いていました。
 飲食店にやかましい自称「料亭の御曹司」Eも満足してくれ、自分が前にいた職場ではセクション同士の対立?もあって何となく気まずい関係だったNとも、時間が経過したせいもあって打ち解けて話せたのはよかった。
 翌日、城マニアでもあるNの希望もあり、金山城を案内。風がほとんどない日だったので、ゆっくりと見て回ることができました。麓にある大行院、別名「子育て呑龍様」へ連れて行くと、12月というのにまだ七五三のお参りが目立ちました。地元の人にしてみれば、やはりここで七五三を祝う意味は大きいんだろうなと感じさせられました。
 せっかく太田に来てくれたんだからと、お昼は「もみの木」で名物の焼きそば。仲良しのご主人が、明らかに他のお客さんより多く盛ってくれ、小生の顔を立ててくれたのが何ともありがたい。「鳥陣」とはまた一味違う「もつ煮」も満足してもらえました。
 無事、太田駅に送り届けて、こちらのお役目はおしまい。若干、当ては外れたものの、わざわざ訪ねてきてもらえるのは嬉しい限り。ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

「つながりの会」2017

 東京・如水会館で「つながりの会」に出席し、諸先輩と旧交を温めました。
 加藤秀俊先生の教え子や関係者(我々はこっち)の集まりで、今回は加藤先生の米寿祝いでもありました。実際に88歳になられるのは来年4月だそうですが、「こうした祝いは数え年で」ということで、このような企画になったとのこと。若輩者としては教えられる思い。
 大学での教え子と、我々のような「ネット上の知人」では「つながり」なんてなさそうですが、仕事でお世話になった方や勤め先の大先輩が「教え子」グループにいるのが不思議なものです。今回も、「教え子」に我が群馬県にある東洋大学板倉キャンパスに勤めていて、現在は副学長をなさっている方がいると知り、早速ご挨拶させていただきました。
 如水会館のレストランは東京會舘が運営しているそうで、立食パーティーで並んでいたごちそうの数々はどれも美味でした。東京會舘といえばその昔、学生時代に盆暮れ時期にアルバイトをしたことがあり、これも何かの「つながり」かなどと思いつつ、楽しませていただきま
 行きも帰りも東武伊勢崎線の特急「りょうもう」号に乗りましたが、帰りのちょっとしたトラブル。発車時刻3分前に北千住駅のホームに着くと、「別の特急の車内整備もあり、3分ほど遅れています」とアナウンスがありました。ならばと、特急改札口の職員さんに断ってホーム下のトイレで小用を済ませ、再びホームに戻って乗車しようとしたら、寸前でドアを閉められてしまったのです。
 同じ東武鉄道でも、野田線の船橋駅ではこのような非情な真似はやりません。全く融通の利かない連中だ。そもそも、3分遅れるというアナウンスをしたのはそっちだろうと、口に出したい気持ちはぐっと堪えて、思い切り仏頂面で特急改札口の職員に特急券を突き出したら、トイレ行きを認めたバツの悪さもあってか、「今回だけ、後の特急に振り替えます」と小声で認めてくれた。交換の窓口は別のあんちゃんで、こっちは「今度だけですよ」と偉そうにほざいたので「そっちで認めたのに何だ」と腹が立ったものの、またしても堪えて、ともかくも次の特急券を確保しました。
 といっても発車は30分後。再びホーム下におりて、「東武ブックス」でぶらぶらするうちに何となく新書2冊、計1800円ほどを買ってしまった。
 見ろ、東武鉄道の職員よ、特急券を2度買わずに済んだおかげで関連会社の売り上げに貢献する結果になったじゃないか。融通の利かないしぶしぶ顔なんかしないで、笑顔の一つでも浮かべて対応すりゃもっとファンが増えるのに残念なこった。商売の基本は「損して得取れ」だぞよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

初登頂

 太田市に来て1年、これまで管内でばかり働いていましたが、ようやく東京出張の仕事ができました。仕事は午後からなので、午前中に船橋市の旧宅に寄って風通しなどを済ませておこうと、8時40分発の東武特急「りょうもう」号で出かけたのですが…。
 旧宅の鍵を忘れてしまったのでした。
 時たまやってしまうポカですが、よりによって今回とは。何か暇つぶしはできないかと、車中でスマホをいじり、映画のスケジュールや美術館などのサイトを調べたものの、これといったイベントは見つかりません。弱ったな~と思っていたら、この電車、東京スカイツリーに行くじゃないですか。
1dsc_0387_11_2  これだ! 開業5年もすれば人気も落ち着いているから、さほど込んでいないだろうし、こちとらは初めてだからそれなりに楽しめるだろうし、ヒマつぶしにはうってつけじゃないですか。
 11時過ぎに「とうきょうスカイツリー前」駅に到着。周辺も大してざわざわしていないし、こりゃしめたと思って当日入場券売り場へ向かうと…。
 甘かった。世にお上りさんのタネは尽きまじ、売り場までジグザグの結構な行列ができていました。並ぶこと40分以上、券さえ買えばエレベーターに乗るのはあまり待たずに済みました。
 確かに東京タワーが小さく見えちゃうのは絶景かもしれません。しかしながら、スカイツリーは都心の北東部に位置するだけに、いわゆる「東京」が南西の一方向に圧縮された感じで見えちゃうので、想像はしていましたが、景色としては少々つまらない印象です。
 逆に、千葉県方面はよく見えます。市川市の辺りはよくわかったので、中山競馬場はどこかと探しましたが、特定はできませんでした。
 せっかくの機会なので、お昼は展望台のカフェで下界を眺めつつ、ビーフカレーをいただきました。レトルトカレーの方がよほど牛肉が入っていると思うほど、破片感ありありの肉が散在しているといった風でした。
 仕事は順調に終わり、夜、太田市に戻ったのは21時頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

万座温泉へ

 群馬県民となって10か月。仕事熱心のあまり、温泉地へ行くどころか東毛地域からろくに外へ出られない有様でしたが、2日(日)の嬬恋高原キャベツマラソン出走のため、万座プリンスホテルに泊まることになりました。
 あいにくの雨。昼食を済ませてから太田を出て、前橋のボスに書類を届けに寄り道をしてから渋川を経由して万座へ。愛車のカーナビが古いせいで途中、新しくできた道路に対応できずに進路をロストしてしまいました。カーナビが示す旧道?に近づくべくウロチョロした挙句、辿り着いたのは八ッ場ダム。「コンクリートから人へ」の象徴というかスケープゴートにされかかりましたが、大工事は進行し、周辺には小奇麗な温泉街ができていました。
 本当は前日受付を済ませておきたかったのですが、間に合いそうもないので諦め、万座温泉へ向かいましたが、想像以上の山また山でした。調べもしなかったけど、万座温泉の標高は1800mとのこと。17時半頃に到着し、硫黄の匂いが濃い白濁の湯に浸かって久し振りにリラックスしました。
 プリンスホテルは35年前の学生時代に初めてアルバイトをした所です。軽井沢でしたが、その後、各地のプリンスホテルに泊まることもなく、宿泊は今回が初めてでした。部屋にエアコンがないのは軽井沢と同じです。露天風呂で来し方を思うと、いささかの感慨があります。
 夕食はブッフェスタイルで、過剰な栄養補給と相成りました。嬬恋村だけにキャベツを使った料理が多く、ホテルオリジナルの味噌ドレッシングがなかなか美味でしたが、販売していなかったのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

松風峠越えラン

 7月2日に出走予定の嬬恋キャベツマラソンは、最終盤に高低差200m近い上りが控えるタフなコース。少しでも上りの練習をと思い、週末の朝ランは松風峠での走り込み?を中心にしました。
 平坦な太田市にあって、標高200m超の金山の中腹を越えるのが松風峠。この辺りじゃ金山ドライブウェイとも呼ばれています。最高点は標高100m超ぐらい。峠越えの距離は2キロほどです。
 この松風峠を上って下りて、折り返してまた上って下りてにチャレンジしてみました。結構きついのですが、遅いながらも成功し、土曜日はそのまま国道407号を南下して高林交差点折り返しで自宅に戻って17キロちょっと。日曜日はさらに南下して利根川にかかる刀水橋手前で折り返し、自宅までで21キロちょっと。さすがにくたびれました。
 朝ランや食事を済ませて暇に陥ると、つい競馬に手を出して散財する悪癖を改めるため、土曜日は風呂、洗面所の掃除、借りていた本の返却、庭や事務所周囲への除草剤散布、洗車。日曜日は買い物や部屋の電球交換その他に時間を費やし、前の職場にいた開成馬券師からの誘いにも乗らず、散財を防いだのでした。まあ、来週のG1宝塚記念に備えているだけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

4連休、何もせず…

 8日から4連休。3~4月の25連勤、GWもほぼ平常勤務とあって、これといった仕事のないこの4日間は待望の休暇だったのですが…。することがありません。
 とりあえず船橋の旧宅に寄って風通し。9か月もほっとくと、ベランダがまた汚いこと。掃除しようかと思いましたが、汗だくになっても着替えがないので断念。次回立ち寄った時にやることに。
 君津の実家に戻れば、両親とも季節外れの風邪という。10日に幼馴染の床屋に行くと、数年前にたまたま熱中症になった時の症状を話してくれたけど、両親の「風邪」ともどこか共通している感じがします。母親が自律神経の不調?で風の冷たさに過敏になっていて、まだエアコンを使っていないのですが、そのせいで室内にいても軽い熱中症になっている気がしないでもないのですが…。
 君津では土日に朝ラン。郡ダム方面に向かう山陰の坂道を往復して、日曜日は千葉県民マラソン以来となる20キロ走に。本当は12日の月曜日も走るべきだったのに、つい惰眠を貪ってしまったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

旧友来訪

 1か月後に迫った嬬恋キャベツマラソンに備え、週末の朝ランは松風峠越えのコースに。1キロで100mぐらいは上るから、嬬恋の最終盤3キロで200mの上りの訓練にはなるだろう、と思いたい。
 G1安田記念はまたしても惨敗。昨年の覇者ロゴタイプが澱みない逃げで引っ張って実力勝負に持ち込み、レース自体は素晴らしかったけれど、肝心の本命イスラボニータがいいところなく敗れてしまった。
 夕方、かねてからの約束通り、前の職場の同僚M氏が赤城山でのキャンプの帰りに寄ってくれた。割と近くにある居酒屋「悟空」で一杯。飲酒の習慣がないので、この店も現職場の元スタッフが「若い人たちは遠くからでも来たがるみたいですよ」と言っていたのを思い出して決めたけど、確かにコストパフォーマンスはいい感じ。
 M氏からは、1日付で異動となった旧ボスと旧筆頭次長に対する不満のあれこれを聞く。こちとらも9か月前に異動した途端、ストレス検査の結果が良好になったくらいだから、後釜に据えられたM氏としても気苦労は多かっただろう。何だかんだ4時間ぐらい話し込んで、わが家の空き部屋に泊まってもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧