2017年5月 9日 (火)

魔女の一撃

 朝、靴下を履こうと右足を上げた直後、不意に腰から下が外れるんじゃないかと思うような痛みが走りました。「魔女の一撃」とはよく言ったものです。
 すぐに動作を止めたのがよかったのか、元々その程度の症状だったのか、腰回りにいくらか痛みは残っていても歩くことはできます。こうした症状は今年1月の六郷グリーン駅伝の際にもありましたが、今回はいつもより重い気がしたので、出勤前に比較的近くにある「浜町接骨院」に寄りました。
 ここの雰囲気がまた、大きめのラーメン屋というかマクドナルドというか、客が来ればスタッフ一同で「こんにちわ」。マッサージを終えた先生がアルコールとエアーで消毒して「消毒終わりました」と言うと、全スタッフが返事をするといった調子で、流れ作業感が強烈です。実際、同じ患者には同じ先生がずっと担当するようですが、多くの客を効率よくさばくこ1とに重きを置いている気がします。
 こちらとしては、予約とか気にしなくていいメリットもありますが。
 診立ての方は、猫背気味になって一番下の腰椎の隙間が伸びきってしまったために、痛みが走ったのだろうとのこと。机に脚を上げて本を読んだりしていたのがまずかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」

1dsc_0104_11  慌ただしい時期に平日休みが付いていたので、国立劇場で上演中の歌舞伎「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」の第三部を観に行きました。
 平日を潰せば後に響くことは百も承知で上京したのはなぜか。この第三部は八段目から十一段目までですが、この十段目が滅多に上演されないので、どうしても観たかったのです。
 プログラムに出ている読み物によれば、戦後70年間に十段目が演じられたのはこれまで4回だけのようです。この調子だと、今回見逃したら生きている間に十段目が上演される機会はないかもしれません。
 「天川屋義平は男でござる」という啖呵は有名なのに、どうして上演されないのか。かつて聞いたところでは、「全体としてあまり面白くないから不評」なんだそうです。観た感想を言えば、そんなことはないと思うのですが。
 十一段目、高師直邸に討ち入った浪士の一人が池に落ちる場面で、かつらが外れてしまうハプニングがありました。10月に桐生市で聞いた素浄瑠璃の会では三味線の糸が切れましたが、今年は何だかハプニングづいていたのかもしれません。
 ちょっとショックなことも。イヤホンガイドのプリペイドカードである「くまどりんカード」が、何と有効期限切れでした。最後に利用してから2年以上たつと無効になってしまうのですが、よもやそんなに使っていなかったとは。確か、あと10回分以上は残っていたはずなのに…。
 公演終了後、大手町の本社内にある診療所に寄り道してインフルエンザの予防接種を受け、太田に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

切腹?

 「上意。その方、同僚たちに思いやりをかけることもなく、漫然と勤務ローテーションを作ること3年以上、人心の荒廃極みに達したにもかかわらず、何の手立ても施さずにいるのは、もはや許し難し。市中引き回しのうえ打ち首を申し渡すべきところ、罪一等を減じて切腹申し付ける」…。
 と言われた訳じゃありませんが、腹部にプクッとしたしこり状のものがいくつかできていて、何となく気になったので、職場近いクリニックで診察を受けたら、ほとんどは何の心配もない「脂肪腫」だとの診立てでした。しかし、2か所は押すと若干痛く、「これは血管腫かもしれないから、気になるなら取りましょう」と話が進んでしまって本日、「切腹」と相成りました。
 職場を早退し、近くのクリニックで午後2時から、2か所開いて、計45分程度で終了しました。実にあっさりしたもの。手術の時間より、会計まで待たされたり、処方箋薬局に行ったりする時間のほうが長かったのでした。
 本当はオペ室とか期待していたのに、診察室に入ると「じゃ、上半身裸になって、そこのベッドに仰向けになって」だと。局所麻酔だし、点滴もないし、多少は現代的だったのは「電気メス」だけ。とはいえ、除去した血管腫らしきものはピーナッツ半分くらいのサイズかと思っていたのに、それよりは大きくてちょっとびっくり。
 来週、抜糸する時には病理検査の結果も出ているそうですが、まず無罪放免なのが普通みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

今ごろ花粉症?

 朝から雲一つない晴天。土曜恒例のLSDは、予定していた大周回コースだと日焼けがひどくなりそうなので、先週に続いて木陰の多い長津川親水公園で6時40分から。キロ7分20秒前後のペースを保って計20キロを2時間27分で走り終えました。
 この時は大丈夫だったのに、昼前になかお鍼灸接骨院へ向かう際はくしゃみを連発し、着いた途端にティッシュを借りたほどです。治療中も鼻水が止まらず、先生に「風邪ですか」と心配される始末でした。
 帰宅してからもくしゃみは止まらず、この春はほとんど飲まず終いだった小青竜湯を服用して鼻水はやや治まったものの、くしゃみの方は夜まで続きました。
 大阪にいた当時、この時期にヒノキの花粉症に悩まされたことがありましたが、今回もそうなのかな~。
 昼食の後、東武百貨店で開かれている宮城・山形物産展をのぞいてみたら、「きぶどうジュース」が売られており、一杯(220円)いただく。もう20年も前、盛岡にいた当時に「山のきぶどう」というジュースにハマったことがありましたが、同じ味です。
 販売している宮城県の田所商店の方に尋ねると、きぶとうのジュースを生産しているのは岩手県久慈市の佐幸本店とこの店の2軒だけだとのこと。あれこれと話すうちに乗せられてしまい?、天然ものの山ぶどうジュース6本入りの箱を実家に送って、自分用に栽培ものの山ぶどうジュースを購入してしまいました。滋養が豊富な分、高いけど、ワインなんかに比べればかわいいもの←浪費の言い訳としては月並か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

朝ラン再開その他

 2週間ぶりにランニングを再開。といっても、1時間で8キロとLSDペースの足慣らしです。
 昨年12月の風邪が長引いたせいで、館山若潮マラソンを1週前の30キロLSDだけで走った反動だったのか、腰の疲れがなかなか抜けず、左足は足底筋膜炎になってしまい、思い切って走るのをやめてみました。
 腰痛は腹筋と背筋の強さのバランスが崩れると起きやすいといわれます。コナミスポーツに通っていた頃はボディパンプやボディアタックなどの全身運動をやっていたのに、プレオン船橋に代わってからエクササイズに参加したのはたった1度だけ。通勤時の歩行距離も激減しており、こうした緩みが体に響いた原因に思えてきました。
 そこで、朝は雨降り以外は船橋駅までの徒歩通勤を復活し、木曜日だけですがボディパンプに参加することにしました。まあ、この程度でも積み重ねればそれなりにプラスになるのではと、甘い期待を寄せています。
 関係ないけど、この春、スギ花粉はそれなりに飛散していたのに、花粉症対策の漢方薬「小青竜湯」を服用したのは2回だけでした。鼻水やくしゃみなどの症状はあるにはありましたが、薬が必要だと思うほどではなく、ひょっとすると若干の体質改善があったのかもしれません。思い当たることといったら、定期的な鍼灸治療だけですが、その影響かどうかは何とも自身がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

虫歯にあらず

 久しぶりに早起きしなくてもいい土曜日の朝…のはずでしたが、7時過ぎに起床。これだから年を取ると嫌ですが、休日を存分に満喫するのも悪くはありません。
 午前中は今週2度目の鍼灸治療がメーンイベント。練習不足でマラソンを走った割には脹脛のダメージがあまりなかったものの、火曜日に鍼灸治療を受けたら、体の左側が歪んでいて、お尻の形が左右で違っているのが一目でわかるほどだという。マッサージされると、確かに痛い。
 このため、今週は完全休養して、もう一度鍼灸治療を受けることにしました。もちろん、前回より状態はマシになってはいましたが、先生は練習再開のゴーサインを明確に出してはくれません。来週の多摩川ロードレース出走も「10キロならね…」と、消極的な反応でした。ずっと担当してもらっている先生の言葉だけに、ここは自重が必要なのかも。
1dsc_0030_11  お昼に「まるは」で海老そば(=写真)を食べた後、東武百貨店で再び「らん展」を鑑賞してから、冬物最終バーゲンで「23区」のカジュアルコートを買う。物持ちが良すぎるせいで、コート類は相当色褪せてしまうまで着続けてしまう癖があります。「23区」を選んだのは、同百貨店内の数あるショップを見回った結果、ダブルファスナーを採用しているコートを売っていたのがここだけだったからでした。尋ねれば他のショップでもあったのかもはしれませんが。
 一旦帰宅。ケーブルテレビの電波受信状況検査が回ってくるのを待つ。17時半に歯科診療の予約を入れていたので、17時には外出しなければならないのに、なかなか来ない。16時半にようやく来て、形通りの検査でOKが出たので、予定通りに外出。
 数週間前、下の歯の1本が歯茎との境目が茶色くなっているのに気づき、虫歯だったら嫌なので診てもらうことにしたのです。結果は、虫歯ではなく、茶渋が付いてしまっただけとわかり、ひと安心。
 この後、2週続きで帰省。扶養家族である母親のマイナンバーを勤務先に伝えるため、「共通番号カード」をいちいちスマホで撮影しなければならないためです。面倒ばかりが増える感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

思わぬPM2.5騒ぎ

 朝、起きてBS1のニュースを見ると、きのう(18日)に船橋市の沿岸部にある廃材置き場で発生した火災がまだ鎮火しておらず、しかもその煙のせいなのか、周辺地域の一部でPM2.5の濃度が「不要な外出は控える」レベルに上がったと報じていました。
 火災現場の北西にあるわが無頼庵の周辺は心配なさそうですが、昨夜は市川市行徳地区で濃度が高かったといい、風向き次第ではどうなるのかわかりません。予定していた外でのランニングは見合わせ、プレオン船橋のトレッドミルで走ることに。
 今月初めから、どうも右膝に違和感(ってほどではないものの、何もない訳でもない)があり、今日も走っている途中に若干、感じました。そのうち忘れちゃったけど。
 予約していた鍼灸治療の際、先生に相談すると、今回は右膝に鍼とお灸を施すことに。先生は、「右太もも前側の筋肉が凝っており、ストレッチを念入りにやってみてください」とアドバイスしてくれました。
 虚を突かれる思い。そう、アキレス腱やふくらはぎ以外のストレッチはかなりサボっていたのです。職場のランニング師匠も確か、ストレッチで膝痛が回復したと言っていたっけ。
1dsc_1921  原因らしきことがわかって安心し、船橋駅南側・本町通り沿いの「海老そばまるは」で海老炒飯とミニワンタンをいただく。エビの香りが強いのは好みが分かれるかもしれませんが、僕は好きな方。ただ、衣服ににおいがかなり残るのは如何ともしがたいです。
 午後は年賀状作成のはずが、できたのは結局、両親に頼まれた分だけ。年に一度しか使わない年賀状作成ソフトなので、毎年、使い方の勉強し直しなんだよな~。来年からは外注に戻すか。
1dsc_1925 オンシジューム・トゥィンクルもだいぶ蕾が膨らんできました。このくらいの段階が一番、楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月24日 (月)

右目がかすむ原因は…

 仕事で年中、白い紙にプリントされたゲラ刷りに目を通すのですが、この1~2年くらい、たまに文字の一部がかすむというかぼやけるというか、そんな現象に悩まされています。片目ずつで見ると、悪いのは右目の方だとわかります。
 幼少時から飛蚊症で、15年以上前から、飛んでいる「蚊」(というか糸くず状のもの)が何となく太くなった感じがあり、この「蚊」が文字に重なるとぼやける気がします。
 病気だと嫌なので、眼科で診察してもらいました。眼球の状態、眼圧や視力の測定などを経て、先生から告げられたのは…。
 「老眼ですね」
 超ド近眼のせいで気付きにくかったのですが、53歳ならなっていて当たり前。勤務先近くの眼鏡屋さんの割引券を渡されておしまいでした。
 眼球そのものは全く異状がないとのことで、こちらは一安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

不調が重なった一日

 忙しくはないものの、日々ちょこまかと続けないといけない仕事があるため、お盆は週末の帰省のみ。
 昨日に続いて、郡ダムと小糸川ジョギングロードを朝ラン。スタートは30分早かったし、薄曇りでコンディションはいいし、今日こそは20キロと思ったのですが、郡ダムから戻ってくる辺りで何だか不調感があり、結局前日とほぼ同じ15キロで終了することに。それでも月間100キロは達成したから、満足はしていたのですが…。
 朝はちゃんと動いていたノートパソコンが昼前、Chromeを起動しようとしてもうんともすんとも反応しない。やむを得ず、いったんアンインストールして再インストールしようとすると、「使用者権限がないとインストールできません」と、みょうちきりんなアラートが出た。パソコンを再起動してから再トライして、やっと元通りに。一体どうしたんだろう。
 起きてすぐの朝ランは体脂肪が燃えるので、おなかも結構すくのに、今朝はそれほどでもなく、昼食もセブンイレブンのボンゴレスパゲティーをやっと食べたほど。いかにエアコンを入れてなかったとはいえ、暑くて出る汗というよりは脂汗みたいなのが滲んできたので、どうも体調が今一つらしい。
 それはそれとして、午後2時過ぎに甥っ子の長女(3歳)がプール遊びにやって来ました。1年ぶりに会うのですが、向こう(「まためい」という続柄だそうです)は覚えていようはずもなく、大きくなるに従って人見知りをするようになったという。慣れてくれなかったらどうしようかと心配していましたが、幸い杞憂に終わり、いい遊び相手と認識してくれたようでした。
 この「まためい」もくしゃみや咳をしていたので、風邪っぽいのかも。妹は発熱で来られなかったくらいだから、うつってしまったのかもしれません。
 父との晩酌の後、カレーを食べたら、シャキッとしてきました。我ながら単純ですが、カレーも漢方薬と同じ成分がたくさん含まれているから、そうした作用があったのだと思いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

ハチに刺される

 例によって、目が覚めると、朝ランをやる気はすっかり消失してしまうのですが、曇り空でそこそこ風が強く、コンディションは悪くありません。「今日やって、あしたはサボろう」と妙な動機づけをして、郡ダムに向けてスタート。
 戻りの下り坂になると、雲がだいぶなくなっており、帽子なしで走るのは危険な感じも。そこで、山影になっている部分を3往復して5キロ近くを稼いだうえで、後は雲の様子次第でどのくらい走るかを決めることにしました。
 その3往復目、坂を登り終わって引き返す辺りで、左の足首に棘が刺さったような痛みが。見ると、ソックスの上にハチがたかっているじゃないですか!
 ソックスを浮かせてハチを追い払おうとしたものの、ハチはハチで足がソックスに絡んで逃げられなかったようです。やっとこさ脱出したハチは激怒してしまったようで、こちらの頭の周囲をブンブンと飛び回る始末。こちらは手で追い払いながら、下り坂を利して大急ぎで走って振り切りました。
 ハチに刺されたのは齢53にして初めてのこと。患部を見ると、刺された穴?が赤くなり、周囲が小さいながらもプクっと膨らんでいました。このまま走ってハチの毒が早く回ってしまうのも良くないだろうから、ランニングは中止し、約4キロを歩いて帰宅することに。
 戻ってから患部を改めて見ると、先ほどの小さな腫れは治まっており、気分が悪いってこともないので、ひと安心。ソックスの上から刺された分、針の入りが浅かったのかもしれません。
 この程度で済んだから笑い話ですけど、相手?がスズメバチだったらと思うとぞっとします。ハチに刺された時の応急処置の方法はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧