2016年2月 6日 (土)

虫歯にあらず

 久しぶりに早起きしなくてもいい土曜日の朝…のはずでしたが、7時過ぎに起床。これだから年を取ると嫌ですが、休日を存分に満喫するのも悪くはありません。
 午前中は今週2度目の鍼灸治療がメーンイベント。練習不足でマラソンを走った割には脹脛のダメージがあまりなかったものの、火曜日に鍼灸治療を受けたら、体の左側が歪んでいて、お尻の形が左右で違っているのが一目でわかるほどだという。マッサージされると、確かに痛い。
 このため、今週は完全休養して、もう一度鍼灸治療を受けることにしました。もちろん、前回より状態はマシになってはいましたが、先生は練習再開のゴーサインを明確に出してはくれません。来週の多摩川ロードレース出走も「10キロならね…」と、消極的な反応でした。ずっと担当してもらっている先生の言葉だけに、ここは自重が必要なのかも。
1dsc_0030_11  お昼に「まるは」で海老そば(=写真)を食べた後、東武百貨店で再び「らん展」を鑑賞してから、冬物最終バーゲンで「23区」のカジュアルコートを買う。物持ちが良すぎるせいで、コート類は相当色褪せてしまうまで着続けてしまう癖があります。「23区」を選んだのは、同百貨店内の数あるショップを見回った結果、ダブルファスナーを採用しているコートを売っていたのがここだけだったからでした。尋ねれば他のショップでもあったのかもはしれませんが。
 一旦帰宅。ケーブルテレビの電波受信状況検査が回ってくるのを待つ。17時半に歯科診療の予約を入れていたので、17時には外出しなければならないのに、なかなか来ない。16時半にようやく来て、形通りの検査でOKが出たので、予定通りに外出。
 数週間前、下の歯の1本が歯茎との境目が茶色くなっているのに気づき、虫歯だったら嫌なので診てもらうことにしたのです。結果は、虫歯ではなく、茶渋が付いてしまっただけとわかり、ひと安心。
 この後、2週続きで帰省。扶養家族である母親のマイナンバーを勤務先に伝えるため、「共通番号カード」をいちいちスマホで撮影しなければならないためです。面倒ばかりが増える感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月12日 (金)

お風呂メガネ

1dsc_1321  先日来、家の近くにあるケーヨーD2の広告に「お風呂メガネ」1980円と出ており、平日休みの昨日、立ち寄って買ってきました。
 超ド近眼なので、温泉やスーパー銭湯で眼鏡を外して入るのは不安いっぱいです。どこに段差があるのかわからないし、湯気が立っていると、先に入っている人に失礼をしかねません。
 「だったら、眼鏡をかけて入ればいいじゃん」と思う向きもあるでしょう。しかし、プラスチック製のレンズに施されているコーティングは風呂程度の熱でもダメになってしまうことがあるのです。札幌・定山渓温泉で眼鏡をしたまま朝風呂に入り、出てから曇ったレンズを拭いたら石垣模様になってしまったのは、痛恨の思い出です。使えないってことはありませんでしたが…。
 「お風呂メガネ」はサウナでも大丈夫な耐熱性を売りにしているのに惹かれましたが、サイズやレンズの度の強さがどうなのかが気がかりでした。店で試しにかけてみると、顔のデカい僕でも押さえつけられる感じはしません。度の強さは数種類あり、最も度が強いのはマイナス6ジオプターで、僕には弱いとはいえ、ないよりははるかにマシです。
 コナミスポーツ船橋のサウナで使ってみると、レンズが曇るといったことはないのですが、メガネ自体が熱くなってくるので、中でかけるのはやめた方がいいようです。とはいえ、視界良好な分、快適さがアップするのは確かです。
 適正な視力矯正ができるとは限りませんが、不意に眼鏡が破損した時の予備に持ち歩くのにもいいんじゃないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

サングラス

 「気は優しくて力持ち」ならいいのですが、自分の特徴ときたら「顔がデカくてド近眼」ですから厭になります。殊の外、困るのが眼鏡です。
 近視用の凹レンズは度が強くなるほど外側の厚みが増し、瓶底メガネになっちゃいます。顔がデカいと当然、レンズの幅が広くなる訳で、その分、レンズが重くてずり落ちやすく、ロクなことがありません。
 昔は完全オーダーメードでずり落ちないフレームが作れるなら10万円ぐらいは払ってもいいと思っていました。アイメトリクスなどの登場で、こうした不満のない眼鏡が作れるようになったのは何よりだし、低価格の薄型レンズが増えたことも、僕のような者には大いにありがたい。
 「眼の紫外線対策」としてサングラスの有効性がよく言われるようになり、外を走る時間の長い身としてもこの際、度付きサングラスを作ることに。
1dsc_0921 「メガネハット」で作ったのがこれ。レンズも大きくないのでそう重くもありません。各種割引もあり、お値段14400円也。普段かけているアイメトリクスの10分の1!
 平日連休の今朝、5時からの朝ランで早速、着用してみました。汗をかいても全くずれることはありません。
 ただ、度は同じでも新しい眼鏡ってのは、眼が慣れるまでは結構疲れやすいもので、このサングラスも例外ではありません。たぶん、眼球とレンズとの距離が微妙に異なるせいで、眼の方が調節するために疲れるんじゃないかと思います。
 今朝はキロ7分台でゆっくりと走っていたから息遣いや脚には余裕があったのに、眼の奥が疲れてきて長く走る気が失せてしまい、どうにか20kmを走りきるのが精一杯でした。
 それにしても、サングラスをかけた自分ときたら、眼の悪い人がほとんどだった頃の按摩さんにしか見えません…。おかしくなっちゃうくらい似合わないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

EYEMETRICS Spartan

 職場で今の担当に変わって、来月で3年。勤務時間は8時間ぴったりなのはいいけれど、その8時間ほぼパソコンを見続けっぱなしのせいか、それでなくてもド近眼なのが、また視力が落ちてしまいました。
 1年ちょっと前、運転免許を更新する前に眼鏡のレンズを換えたほどですが、その後普及し始めたパソコン用の、いわゆるブルーライトカットレンズが使ってみたくてたまりません。効果抜群と絶賛する知人がいたりしたせいもあります。
 ようやく決心して、EYEMETRICS Spartan を新調。直線を基調としたカチッとしたデザインですが、かけてみると角顔の僕にも案外合うような気がします。「近くを見る時専用なら、レンズの度を少し下げた方が疲れない」という店の勧めにも従いました。
 出来上がった眼鏡は、今まで使っていたものよりレンズ面積が小さいこともあり、非常に軽くて満足しています。超薄型レンズ使用のため、新調すると13万円以上かかってしまうのは痛いけど。目の疲れは軽くなった感じですが、これはブルーライトカットのためか、度を下げたせいか、よくわかりません。少々暗いと、ちょっと離れた人の顔がわかりづらいのが難ではあります。
1dsc_0127 レンズの縁をカットしてもらうのを忘れてたけど、まあいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

SmartWatch MN2

1dsc_0035 先月25日、予約時間に遅れた鍼灸院で大急ぎで着替えをしていた際に腕時計のベルトを止める金具が壊れてしまいました。カシオのソーラー電波時計の安いタイプで、もう6年も使っていたから寿命かもしれません。
 男の腕時計は、その人の哲学みたいなものが表れるようです。何十万円もする物をしてこそ、という人もいますが、僕は時間さえちゃんとわかればよく、それにちょっと変わった機能でもあればなお良しという程度です。
 あれこれ探した末、XperiaのアクセサリーであるSmartWatchに決定。9480円と格安のうえ、Xperiaユーザーは割引があって6800円です。
 何がちょっと変わっているかというと、XperiaとBluetoothでリンクすることにより、腕時計の画面でツイッターやフェイスブックのメッセージやメールを確認することができること。携帯でもそうだけど、スマホで着信したメールをいちいち見るのは殊更感があって、人前ではあまりやりたくありません。腕時計ならまだいいかと思ったのが、魅かれた点です。
 写真は届いたパッケージ。菱形に歪んで見えるのはカメラのせいではなく、パッケージそのものが菱形なのです。これがまた開けにくいこと。ソニーの凋落が言われて久しいのですが、何だかよくわかる気がします。尖った見た目ばかりに気が行っちゃっていて、ユーザー本位がおざなりって訳です。
 Bluetoothは10mぐらいの範囲なら届くようです。その代わり「圏外」になると時計のバイブレーターが作動するため、勤務先でトイレに立つ度に振動するのはちょっと気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

とけいがとけた orz

 公休明けの夜勤なので午前中はヒマ、しかも薄曇りとなると、今日も朝ラン&ピーターパンのモーニングに。前回よりやや早めにスタートし、海老川ジョギングロードの往復をプラスすることで、ピーターパン到着まで90分LSDとなるように調整。
 薄曇りとはいえ、もはや夏。日焼け止めにUVカットスプレーを腕や顔、首などに吹き付ける。1円に泣いた前回の轍を踏まぬよう、ちゃんと千円札も小銭入れに入れて出発。
 ほぼ予定通り、1Km7分弱のペースを保ったまま走り、通勤・通学の人の邪魔にならないか心配だった西船橋駅前も、7時前に通過したので問題はなし。90分ちょっとでピーターパンに到着すると、入口に夏のサービスである冷たい麦茶が置かれていました。ありがたく1杯飲ませてもらい、カットピザ、カレーパン、焼きそばパン、〆て451円分の朝食をテラスでいただく。この時、腕時計の辺りが何だか黒く汚れていたので、妙だなとは思っていたのですが…。
 自宅まで残り2km弱を走り、部屋で腕時計を外してみると、肌に接している黒い樹脂が溶けていたのです。時計が溶けた。今まで汗でこんなことになったことはなく、恐らくはUVカットスプレーの成分と反応したんじゃないかと思われますが、さて。
 記録のため記しておくと、UVカットスプレーはコパトーン(エスエスエル ヘルスケア ジャパン)、腕時計はARES GPS(猫ひろし時計)でした。
1sh3e0005 猫ひろし時計の裏側、右端にある4つの接点の辺りが溶けていて、いまだにベタつく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

ランニング用眼鏡

 新しい運転免許証を受け取った後、いったん帰宅してから旧免許証を持ち出して、再び自転車で船橋警察署方面へ。お昼は何にしようかと思いつつ走っていると、目に入ってきたのが「幸楽苑 」の看板。1時前でほぼ満席だったけど、カウンター席が一つ空いていたので待たずに済みました。
120110  さて何にするか。290円(税別)の中華そばは値段を考えれば上々なのはわかっているけど食指が動きません。最近凝っている酸辣湯麺(=写真)があったので、餃子とのセット760円(税別)で注文。餃子もまずまず、いや値段(190円、税別)からすればこれも上々だったのですが、酸辣湯麺はかなりの上出来じゃないかと思います。やや平べったくヌメリのある麺とスープがよく絡み、トロみもほどほどなので、いつまでも熱くてかなわないってことがありません。辛さには弱い僕にはほどよい感じでしたから、激辛とかが好きな人には物足りないかもしれませんが。
 船橋警察署に立ち寄って旧免許証を返納し、数百m東にある眼鏡市場へ。お目当てはi-ATHLETEという、松岡修造さんがCMに出ているスポーツ向けのフレームです。ハーフマラソンでシャドーロール、じゃなくて鼻腔拡張テープが外れた後、眼鏡のズレにだいぶ悩まされたので、よりフィット感の高い眼鏡が欲しかったのです。
 広告で「超薄型レンズでもフレームとセットで1万8900円」とやっていますが、これは確かにその通りでした。今使っているEYEMETRICSが14万円ほどでしたから、破格値と言えます。
 もっとも、三次元計測をするオーダーメードのEYEMETRICSとは違い、フレームは出来合いのものを選ぶだけで調整ゼロです。もちろん、ちゃんと視力測定はしてくれます。レンズは無色を選んじゃったけど、ランニング用なのだからカラーレンズにしとけばよかったかな〜。サイトを見たらランニング専用レンズもあるそうだし。1週間後の出来上がりが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

年末年始あれこれ

12月27日(日)
 有馬記念。波乱とみてミヤビランベリ、エアシェイディ、スリーロールス、マツリダゴッホに賭けたが、一儲けの夢は雲散霧消。

12月28日(月)
 仕事を終えた後、日比谷で「パブリック・エネミーズ」を観る。好みのドキュメンタリー・タッチだったけど、期待していたほど面白くなかった。期待、というより「義賊もの」と思い込んでいたため、当てが外れたってこと。
 終了は22時近く。空いてりゃいいやと入った有楽町駅近くの「麹蔵」は、奄美・鹿児島・沖縄料理の店で、こちらは予想外の当たり。白富士ビール(だったかな?)、黒糖ブリュレが特によかった。

12月29日(火)
 帰省。君津へ向かう途中、館山自動車道市原SAでショッピングコーナーをのぞくと、花畑牧場の生キャラメルを売っていた。おととしの6月、新千歳空港で買えなかったのが、今やこんな所で。今さらながら、試しに買って帰る。

12月30日(水)
 幼なじみのやっている理髪店でサッパリした後、AOKIでスーツを買う。前回、正月太りで屈辱のB体だったのが、AB体に戻っていた。次に来る時はA体になっていたいもの。
 1着買うと2着目は1000円でいいというので、買った。1着ずつ買えば10万6千円なのに5万4千円で済む。量販店ならではのサービスとはいえ、どうしてこれで儲かるんだろ?

12月31日(木)
 本年最後のご奉公。ほぼ留守番状態で、NHKで再放送していた「遥かなる絆」の4、5回目を見終わったところで引き揚げた。
 民放各局が開局50周年を迎えたこともあって、今年は名作ドラマが多かったと思いますが、僕のナンバーワンはやはりこの「遥かなる絆」。4回目の、中国から旅立つ場面は何度見ても涙腺がやられます。
 実はもう一つ、昨夜までNHKで再放送していた「行列48時間」も近年にない傑作だとわかったのですが、別稿にて。

1月1日(金)
 穏やかに晴れ上がった元日。以前は仕方なく天皇杯サッカーを見ていたけど、昨年からNHKBS2の「昭和なつかし亭」にハマっている。年寄りくさいと笑わば笑え。竹下景子の名古屋弁万歳は、今年で終わる新春隠し芸大会の堺正章の跡を継いで、やがて元日の一コマとして定着すると思う。たぶん。

1月2日(土)
 箱根駅伝往路。期待に応えて、5区で東洋大・柏原選手が昨年同様の快走で逆転優勝。夕方から仕事、昨年と違って今年の正月休みはこれでおしまい。

1月3日(日)
 今日も夜勤。ヒマだったので「龍馬伝」を見ていた。1回目だけで判断するのは誤りのもとだけど、個人的には、恐れていた通り失敗色が濃いと思う。
 福山雅治がいくらカッコよくても、40歳過ぎで丁髷姿の20歳前後を演じるのは無理があり過ぎる。「坂の上の雲」の本木雅弘は髪型である程度はごまかせたけどね。享年33歳の最終回辺りはきっとそれなりの雰囲気になるとしても、それまではファンでもない限り、見るのが痛いと思う。あんなにカッコ良くたって、本当の若者にはかなわない面があると思い知らされるから。
 幕末物の配役で最もハードルが高いのは勝海舟役でしょう。かつてピンチヒッターだった松方弘樹があまりにも適役だったばかりに、その後はどんな大物が演じても?だし、たいてい雰囲気ぶち壊し(最近では「新選組!」の野田秀樹)の最大要因となっているように思います。
 今度は「龍馬かぶれ」か〜。時代劇版金八先生になるのが今から目に浮かぶ。頼むから金八先生の前で「よさこい節」なんか歌うなよ、福山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

足なり直角靴下

 4月11日(木)
 靴を履いて歩き出した途端、靴下がよじれてずり落ちてくることがたまにある。僕はやや内股なので、馬の世界で言うところの「捻蹄」、つまり蹄(人間だから踵か)を捻るようにして歩く癖があるらしく、靴下がずり落ちるのは防ぎようがないと、ずっと思い込んでいた。
070411
 AERA4月9日号に、「足なり直角靴下=写真)」を紹介する記事があり、試しに買って履いてみた。驚きましたね、実際。よじれてずり落ちる気配が全くないんですから。
 この手の小さいけど解決できずにいた不快感がいっぺんになくなると、本当にうれしくなります。無印良品で1足525円(税込み。ファミリーマートだと420円らしい)。3足980円派だったけど、直角派への転向は決定的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)