2019年1月24日 (木)

慰労会

 新年連載の慰労会をやろうと、前橋から取りまとめ役のOさんが太田へやって来て、わが支局で頑張ったN君と3人で太田駅南口の「鳥陣」で一杯。
 この面子で昨年11月、やはり太田で打ち合わせがてら飲みに行こうとしたのが「鳥陣」でしたが、月曜定休だったため、行き当たりばったりで近くの「おかめ」なる店に突入。何の期待もなかったけど、「1000円で3品選べる」というシステムだったので、3人で9品選んで適当に飲み、大いに満足したのでした。 

 といって、今回も「おかめ」というわけにはいかず、「鳥陣」となったのですが、お二人には十分に満足していただけて良かった。決して安くはないけれど、価格なりにおいしい店なので、無茶飲みする手合いでなければとても楽しめるのです。
 前橋で歓送迎会があっても、車ででかけることが多いから飲酒の機会は少ない。まあ飲める量が知れているから、飲酒したからといって何が変わるわけではないけれど、若い人たちの仕事にまつわる不満とか考えとかをなかなか聞けないのも確か。気楽にメシでも食べられるといいんだけど、年寄りとじゃ気づまりなんだろうな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

有馬記念から元日まで

 12月22日(土)
 連休2日目、午前中は外を走るつもりだったけど、曇ってきたのでジムのトレッドミルで10キロ。暖房が効いていて夏場より暑いくらいだった。終了後は併設の「源泉 湯乃庵」で冬至の柚子湯に入る。お昼過ぎだったので、柚子の香りを十分に満喫しました。夜は開成馬券師とLINEで有馬記念の検討。

 12月23日(日)
 時間をかけてあれこれ考えた有馬記念は、1番人気レイデオロとジャパンカップ2着のキセキを軸にした3連複を中心に勝負したのですが、惨敗。罰走に出る代わりに普段、ほとんど使っていない住宅2階の掃除と年賀状の宛名印刷を済ませた。宛名印刷は罰感ゼロだけど。

 12月24日(月)
 デスク代理で前橋へ行く前に北関東道太田強戸PAで昼食と帰省土産のお買い物。ニンニク焦がし醤油ラーメンをいただいたけど、次に食べることはないだろうな。ここはやっぱり上州麦豚のトンテキに勝るものはないのだろうか。
 デスク代理といってもやることはあまりなく、仕事関係の年賀状書きに時間を使う。

 12月25日(火)
 外国人材の共生策を政府が決めたことを受け、地元首長の反応取り。たぶん年内最後の仕事らしい仕事。
 12月26日(水)
 業務の合間の年賀状書き終了。ついでに洗車も済ませた。風は吹いていたけど、気温が多少なりとも高い日中じゃないとやる気が起きないし。
 12月27日(木)
 お昼は伊勢崎市のベトナム料理店で連載用写真撮影。フォーや生ココナッツミルク(実に穴をあけてストローで飲む)その他をご馳走になってしまったうえ、「ベトナムの菜っ葉の漬物」(正式名はわからないけど、とにかく自分好みの味です)を持ち帰りでいただいてしまった。このお礼に次の夏、サクランボを贈ることにしよう。事務を処理して世間より一日早く、個人的には仕事納め。

 12月28日(金)
 部屋掃除、洗濯、ゴミ出し、その他に手間取って、太田を午前10時過ぎに出発。船橋の旧宅には正午過ぎに到着した。引っ越して以来、年に一度のベランダ掃除。今年は台風襲来が多かったせいで、汚れ方がとりわけひどい。午後2時過ぎに片づけた後、ホープフルSで勝負するため中山競馬場へ出撃するつもりだったけど、風が冷たすぎて断念。さっさと君津の実家へ帰った。そのホープフルSは珍しく的中。焼け石に水でも終わり良ければ総て良し。

 12月29日(土)
 帰省仕事初日は窓掃除。足腰が弱くなった老親に代わり、1・2階の窓をすべて拭く。お腹が空いたとはいえ、前夜の残りのカレーを2杯食べたのは失敗でした。夕方のジョギング中になっても催してしまいそうで、予定していた10キロを7キロで中止するはめに。

 12月30日(日)
 帰省仕事2日目は室内清掃。1階は普段、ルーロでそれなりに掃除をしているものの、使ってない2階の掃除機がけ、階段やフローリングのクイックルワイパーがけをやった。しかし、クイックルワイパーで取れるほこりや髪の毛の量には限界があり、結局1階各室も掃除機がけ。夕方のジョギングは12キロ。

 12月31日(月)
 3日目は1・2階洗面所のオキシ漬け。時間はかかるけど、汚れ落としは楽で確実だからいい。姪がお節料理を届けに来てくれたので、1日早いけどお年玉をあげた。夕方のジョギングは14キロ。不完全ながらビルドアップ走の形になったのはよかった。
 テレビ東京の「懐かしのメロディー」的な番組(正式名称失念)に中村雅俊や太田裕美が出ていて、曲は1970年代後半から80年代にかけてが中心。紅白歌合戦よりよほど馴染みやすい。ってことは即ち、自分が高齢者の仲間入りしているのを無意識に認めているのだろうか。
 今夜に限れば、最大の楽しみはメイウェザーと那須川天心の対戦でしょう。1ラウンドでメイウェザーがノックアウト勝ちでしたが、この時間帯の視聴率は紅白にかなり迫ったのでは。

 1月1日(火)
 新年あけましておめでとうございます。最後の仕事は浴室のオキシ漬け。洗い場の方は排水口の栓(ポリ袋に水を入れた代用品)が少々甘く、3時間ほどでほぼ流れてしまったミスはあったものの、汚れ落としは問題なく終わった。
 ニューイヤー駅伝、群馬県で働くようになったおととしから見るようになったけど、青学一強の箱根駅伝よりレースはずっと面白い。
 夕方のジョギングは11キロ。途中、300段超の階段を上って人見神社で初詣。去年は行かなかったけど、母の入院や自分の骨折が重なったのはそのせいか。今年はちゃんと賽銭を投じて、家族の健康と無事を祈りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

第21回ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソン

 今回はK兄貴がベネズエラ(だったかな?)に駐在中の息子さん一家が一時帰国するため成田空港へお迎え、M兄貴はお仕事とあって、宿泊先のルートイン磐田インターからスタート会場まではバスで行くことに。それが当たり前なのですが、いつも朝早くから迎えに来てくれたK兄貴の有難みをつくづくと感じさせられます。
 磐田駅でびっくり。会場へのシャトルバスを待つ人たちの大行列ができていたのです。結果的に、会場に着いてさっさと着替えを済ませて荷物を預け、スタートの行列に潜り込んだ5分後に号砲が鳴るという、かなりギリギリの時間になってしまいました。
 足利尊氏公ハーフマラソンが2時間5分ちょっとだから、本来なら今回は2分台を目指したいところですが、いかんせん、前々夜祭、前夜祭と暴飲暴食が続いているうえ、今回も11月としては結構暑かったので、2時間10分を切れればいいかといったところでした。
 抑え気味に出たこともあり、序盤はキロ6分前半で進んでいきました。K・M兄貴が不在となると、8キロ過ぎの今之浦川の橋での個人応援団はなしかなと思っていたら、何と女性陣だけで待っていてくれたのです。本当に力づけられました。
 残念なことも。ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソンといえば、エイドで提供されるメロンが楽しみなのですが、今回はバナナだったのです。もちろん、最初のうちはメロンだったのでしょうけど、数が足らなくてバナナになったのだとは思いますが、これはがっかりしました。
 だからという訳ではなく、単に練習不足が最大の原因なのですが、19キロの上り坂はついに歩いてしまいました。何とかもたせていったつもりでしたが、ここでのタイムロスが響いて2時間10分切りはならず。来年こそは、です。
 帰りは浜松駅のメイワンでとろろご飯をいただき、「こだま」で東京へ、そこから乗り継ぎ2回を経て25分程度で北千住駅に着き、東武特急「りょうもう号」に乗れたのは我ながら感動ものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソン前夜祭

 京都駅から「こだま」で1時間半ちょっと、浜松駅で東海道線にさっと乗り換えて磐田駅に到着。改札を出ると、K兄貴がお出迎えしてくれました。
 いつもだと駅前のロータリーに止めた車で待ってくれているのですが、何と自宅を出る際にスマホだと思って手にしていたのは小銭入れだったとのこと。道理で、磐田駅到着予定を知らせたメールに返信がなかったわけです。「歳だね~」と苦笑いするK兄貴に、僕は京都でランニングシューズなどを入れたバッグを忘れた話をして、お互い様だと笑い合いました。
 今回の前夜祭は5年前、大繁盛のためか注文した品がほとんど出てこなかった「凛や」。K兄貴は間違いのないコースを予約しておいてくれ、結果から言えば問題なく、コストパフォーマンスのよい料理が提供されたのでした。
 磐田在勤当時に、市役所などで広報を担当していた公務員OB・OG7人が集まっていただき、昔話や近況で盛り上がりました。思えば、磐田から浜松へ異動したのが昭和64年1月1日。その6日後に昭和天皇が崩御して「平成」の御世を迎えたのでした。引っ越し先の都合で、1月半ばまでは磐田で暮らしていました。
 当時、トンボの生息種が日本一だった桶ヶ谷沼の保護活動に関心があり、東京へ異動した後も「桶ヶ谷沼を考える会」の会合に参加するため毎年、磐田へ来てはK兄貴たちのご厚意で広報OB・OGの皆様との集まりを開いていただいているのです。来磐名目はその後、ジュビロ磐田戦観戦、そしてマラソンへと変わったものの、平成のほぼ毎年、連続して会が続いているのは、本当にありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

何年ぶりか

1dsc_0236_17  慰霊登山を終えたのが午後1時半過ぎ。いくらか空腹でもあり、登山口入り口の近くにある「上野村ふれあい館」でお昼にしようと思ったら、鮎の塩焼きが並んでいました。
 鮎ってこんなに大きかったっけと思うほどでしたが、1匹500円。こちらが選んだ鮎をお兄さんが炙り直してくれ、建物入り口のベンチで頬張りました。渓流を見下ろせるテラスがあったことに後で気づき、ちょっと後悔。
 それにしても鮎の塩焼きなんて、食べるのは何年ぶりだろう。山間の観光地で串焼きにした魚を食べたのはイワナかヤマメだったし、宴会料理で出てくる鮎はもっと小さいし…。30年前、静岡県磐田市にいた頃は、市役所近くの「天宏」という店で鮎の塩焼き定食があって時々食べていたけど、ひょっとしたらそれ以来かもしれません。てことは30年ぶり…。
 帰りも関越自動車道経由にしようと思っていたのですが、なぜか「滅多に来ない地域なんだから、神流町とか群馬県南西部から埼玉県本庄市などを通ってみたらどうか」と思い、山中の一般道へ。すると「慰霊の園」という施設があり、寄ってみると、ジャンボ機事故で犠牲になった人の遺品などが展示されていました。
 「あの日」や「あの頃」について、いろいろと考えさせられた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

第8回草津熱湯マラソン

 前日、草津ナウリゾートホテルにチェックインした際、フロントで「朝食ビュッフェをランチに振り替えることもできますが」と尋ねられたのに、つい「そのままで結構です」と答えてしまいました。朝食ビュッフェは充実していたのですが、控えめにしたつもりでもレース2時間前としては結果として食べ過ぎで、結果として響いてしまったのでした。
 前夜からの雨はスタート前にほぼ上がり、湿度は高いものの霧と曇り空でコンディションはまずまず。スタート地点はホテルから徒歩5分。ホテルのチェックアウトが11時だから、9時20分スタートの10キロなら、1時間ちょっとで走って部屋に戻れば、さっとシャワーを浴びても間に合うのです。つまり、荷物預かりとか雨の中で待たされるとかが無縁のVIP待遇に近いのです。
 とはいえ、総高低差120m超のコース。それも序盤は下る一方で、2.5キロ過ぎから上り続けだから厳しい。草津バスターミナルから湯畑へ向かう坂なんて、2月の出張時には「湯畑坂路」と名付けて、京都マラソンや東京マラソンのトレーニングの足しにしていたくらいですから、あそこを駆け降りるのは転ぶのが怖い。路面はぬれてるし。
 実際、3キロ地点から4キロ地点まで60m以上上る坂は辛かった。5キロ地点までは更に30m上る。「5キロ過ぎたら歩こう」と思って走り、そこまでたどり着くと「あと1キロ頑張るか」となり、どうにか自分をごまかしつつ7キロを過ぎて、またしても上り下りを含みつつ60m下り。折り返しの上り坂で一杯になり、500mくらいを戦略的徒歩。下りに転じた辺りで再度走り始め、最後の上り坂は頑張って走り続け、1時間11分6秒でフィニッシュ。
 胃の中に消化されていない食べ物が残っているのを実感しながらでは、戻しはしないかと気が散ってしまい、それで目標タイムより1分以上遅れた気がします。
 記録証の発行などを済ませた段階で10時40分。ホテルまで急ぎ歩きで戻ろうとしたのですが、けいれん気味だったので、部屋に戻ったのは10時48分過ぎ。大急ぎでシャワーを浴びて汗を落とし、ドライヤーで頭を乾かし、荷物を持ってフロントの列に並んだのは11時ちょっと過ぎ。同じような人がそこそこいて、30分も遅れなければ大目に見てもらえたのかもしれません。
 レース後にもらった爽健美茶を飲む暇もなく、喉が渇いていたので、ホテルの売店で草津温泉サイダー(200円)を購入。走った後のサイダー、生き返ったような心地よさです。このままさっさと帰ろうかと思っていましたが、商品の温泉無料券(またロハ話だよ)を利用してからにしようと、ホテルの無料送迎バス(またまたタダ)で湯畑へ行き、「御座之湯」に入りました。かなり込んでいましたが、湯船に入ったり出たりを繰り返すうちに洗い場の混雑も解消し、頭も体も洗ってサッパリとすることができました。
 再び、送迎バスでホテルに戻りましたが、どうも空腹感が今ひとつなので、とりあえず帰ることに。行きと同じく高速道路は使わず、カーナビが渋川伊香保IC前で予測した自宅到着時刻より、結果として10分ぐらいしか遅れませんでした。伊香保や四万、草津、万座などの温泉へは、太田からは高速道路を使わなくてもよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

草津再訪

 8日から夏休み後半6日間を取得。9日の草津熱湯マラソン出走のため、8日は前日輸送で草津入りすることにしました。
 休みとはいえ朝刊各紙のスクラップ指定などをためることはできず、出発はお昼過ぎに。久しぶりにシャンゴ伊勢崎店へ寄り道し、月替わりセットメニューを楽しみました。サラダ、スパゲティ、メインディッシュ、デザート、ドリンクで1280円(税別)ですから、相当お得です。
 午後1時40分過ぎ、いざ草津へ。遠回りする高速道路を通っても、渋川へほぼ一直線で行ける国道17号バイパス(上武道路)と時間は大してかわらないんじゃないかと思い、上武道路へ。何だかお金をかけないことばかりに執心しているみたいですが、そう見られても仕方ありません。
 草津町には16時過ぎに到着。前日にゼッケンなどを受け取ると、町内の温泉無料利用券をもらえるのです。また、ロハの話になってしまった。
 宿泊したのは草津ナウリゾートホテルです。1~2月の本白根山噴火取材で滞在したのは「草津温泉リゾートホテル」でした。「ナウ」の2文字があるだけで料金は随分と高いのですが、リゾート感は段違いです。2文字がない方には、取材拠点だった町役場や湯畑へ歩いて行けるメリットがあり、ホスピタリティーは優劣つけがたいので、良しあしは一概には言えませんが。
 温泉タダ券をどうするか。ここはホテルから歩いて行ける「西の河原温泉」へ行ってみることに。熱湯マラソンのコースの一部でもあり、坂の厳しさを偵察する意味もあったのですが、率直に言って徒歩でも十分に大変でした。温泉は大きな露天風呂のみで、洗い場はありません。「ナウ」じゃない方のホテルの温泉は硫黄臭がまったくありませんでしたが、ここはほどほどに硫黄の臭いが漂い、ようやくイメージ通りの草津温泉に浸かれた思いです。
 ナウリゾートホテルの大浴場は硫黄臭ほとんどゼロでしたが、熱さはなかなか。気温20度弱だからいいけど、25度以上だったら汗が引かなくて大変だろうな。温泉に入りやすい点では、9月上旬がベストシーズンかもしれません。
 夕食はビュッフェ。知っている限り、ビュッフェとしては最高レベルでした。もちろん、世の中にはもっと上はいくらでもあるんでしょうけど、寿司を頼んでから握ってくれるビュッフェは個人的には初めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

醤油ラーメンかくあるべし

 本来は昨日15日からが夏休みでしたが、10日に発生した群馬県防災ヘリコプターの墜落事故などの影響もあり、1日だけ出番にして今日から4日間を休むことにしました。
 こうした事故があると、直接担当していなくても休みづらい雰囲気ができてしまいますが、そこを打開してやるのも年寄りの役目ではあります。デスクは夏休み返上で気の毒ですが、我々だってその頃はそんなもの。むしろ、休める人まで休まないでいたばかりに、後になって全員共倒れになったら目も当てられません。実際、ちょっとは僕に感謝してくれた若者もいたようですが。
 夏休みといってもどこへ旅行するわけでもなく、帰省して老親の様子を見るのと、3か月近く行っていない船橋のマンションの風通しぐらいしかすることはありません。外環道の三郷南ICから市川方面が6月に開通し、船橋や君津に行きやすくなったのは楽しみです。
1dsc_0123_16  船橋での風通しはさっさと済ませ、京葉道路のパサール幕張で昼ごはん。フードコートを歩いていると、竹岡ラーメンを受け継いだ感じのラーメン屋に行列ができており、スープの香りに惹かれて並んでしまいました。
 無化調とか何とか言いますけど、醤油ラーメンのスープは醤油色じゃないとダメだというのが私の信念?です。そんなに力みかえることじゃないですけど、ヘルシーさよりも色が選ぶ基準なのは間違いありません。これだけ醤油色のスープは本当に久しぶりです。まあ、しょっぱかったのは確かですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

太田強戸PA・スマートIC開通

1dsc_0117_16  北関東自動車道で7月28日、太田強戸PA・スマートICが開通しました。北関東道は前橋方面に行く時ぐらいしか使いませんが、わが支局からは太田桐生ICも太田藪塚ICも近くはなく、前橋から戻る深夜では上部道路(国道17号)を通った場合と5分と変わりませんでした。
 太田強戸スマートICはETC搭載車のみの利用ですが、両ICを利用する場合よりも5分は短縮できると思います。こうなると、前橋への往復には十分メリットがあり、開通を待っていました。
 もう一つ楽しみだったのは、PAに群馬県産の食材をメーンにしたレストランなどの商業施設です。外部からこの施設だけを利用することはできず、1区間でも北関東道を走らないと入れませんから、開通翌日の日曜日とはいえ、そんなに混雑しているとは思えなかったのですが…。甘かった。
1dsc_0118_16  お昼時にはPAの駐車場に止める場所がないんじゃないかというほどの繁盛ぶり。レストランで注文した上州麦豚トンテキセットは30分近く待たされました。その間、ゆっくりと買い物も楽しめましたが。
 それにこのトンテキセットが1680円(この日は開業サービスで1380円でした)と少々高いながら、食べきれないくらいの量のトンテキなので、コスパ的には素晴らしいと言えます。ただ、ナイフなしで食べるのは辛いものがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

つながりの会

 ようやく朝ランを再開、といっても通常コースを一回り7キロ弱でおしまい。
 午後から六本木の国際文化会館で「つながりの会」に出席するため、バスで熊谷に行き、湘南新宿ラインで上京しました。渋谷方面に行く時は、上越新幹線よりこちらのほうが楽だし時間も大して変わりません。
 朝ランのせいで眠かったのでグリーン券を購入。ところが、やって来た電車を見てびっくり。グリーン車がほぼ満席じゃないですか。辛うじて一人分空いていたので座れたけど、立っている乗客が結構いました。総武線じゃ通勤時間帯を除けばグリーン車満席なんて見たことがなかったのに。
 六本木に着いて、まずは腹ごしらえでチェーン店らしきスパゲティの店へ。改めて群馬県のスパゲティはレベルが高いと感じました。東京のチェーン店には味、量、値段すべて完勝でしょう。
 「つながりの会」とは社会学者・加藤秀俊先生と縁のある人々の集まりです。今回は古市憲寿氏も参加していて、「あぁ、彼がテレビなんかでよく見る人か」なんて思っていました。出版されたばかりの加藤先生の本について感想を語り合う会なのに、恥ずかしながら読まずに来てしまったため、下を向いているばかり。宿題を忘れて先生に当てられないことを祈っている時と同じ状態でした。
 会の後半は重森三果さんの新内節を聴かせていただきました。確か10年ほど前、京都で開いたFBUNKAのオフ会以来でしたが、声が低くなったというか太くなったというか、記憶の中のイメージと全然変わっていてびっくりしました。修業を積まれた成果なのでしょうか。
 終了後、東京・八重洲で、同期の親友E氏と一杯。近々、「終活」関連のベンチャー企業を設立するという。仕事生活の締めくくり方は分かれたけれども、成功を期待したい。
1dsc_0089_14 国際文化会館エレベーター前に「ペリー提督横浜上陸の図」が飾られていてびっくり。この絵に潜んでいる当時の国際情勢についてはこちらで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧