2019年6月 8日 (土)

遠方より来る友

 宇都宮市に住む旧友F田君が仕事で熊谷市へ向かう途中、太田市のわが家というかわが職場に立ち寄ってくれました。お土産の「珉珉」の冷凍餃子をありがたく頂戴しました。
 2月に栃木県高根沢町で南原清隆さんや野村万蔵さんらの「古今狂言会」を見に行った際に一杯、と約束していたのですが、運悪くF田君がインフルエンザにかかってお流れになってしまい、今回はその仕切り直し?みたいなものです。昨年5月の高校のクラス会以来ですが、わざわざ太田市へ来てくれるのは何といっても嬉しい。
 なのに、「これぞ太田」的なおもてなし場所がないのが悩みの種。B級グルメの「太田焼きそば」に興味を示してくれたので、いつも世話になっている「もみの木」へ。店の大将が毎度のことながら気を使ってくれて、空揚焼きそばに目玉焼きをトッピングしてくれたり、紫蘇ジュースをサービスしてくれてありがたかったのでした。
 久し振りに会ったのに、老眼だの五十肩だのと冴えない話題につい夢中になってしまいました。高校生の頃からF田君が話すとたいていの事が楽しそうに聞こえるのが不思議なところで、「バスで弘前へ旅行した」って話が、宇都宮から8時間もかかったってことまで含めて何だか「いいなぁ」と思ってしまうのです。F田君は特に誇張するでもなく、あったことをその通りに話しているだけなのですが。
 昼食の後、まだ時間があったので、太田駅北口の太田市美術館・図書館を案内しました。やがては日本の代表的な建築家になるであろう平田晃久氏が設計した建物は構造がユニークで、おととし1月の開館以来、いつも建築を学ぶ学生や建物巡りが好きな人が見に来ています。今は入場無料の企画展が開かれており、その見物を兼ねて最上階の3階まで歩いて行き、自分としても初めてそこから歩いて下りることができました。今まではどう行ったら下りられるのかよくわからず、常にエレベーターを使っていたのでした。
 1階のカフェ「キタノスミス」でアイスコーヒーをごちそうになり、しばし歓談の後、F田君は熊谷へ。本当に何のお構いもなくてごめんなさい、でした。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

麺-1グランプリ

 連休後半2日目の5日、館林市で始まった「麺-1グランプリ」へ遊びに行く。当初は念頭になかったのですが、昨日、舘林美術館に来たことをフェイスブックに載せたら地元の知り合いに「ぜひ来てください」と言われてやってきた次第。例年、秋に開かれるイベントですが、今年は10連休に合わせて開催されました。
 両毛地区や埼玉県北部などから約40店が出店し、来客者の採点でグランプリを決めるイベントです。電車で行こうかと思ったものの、つい車で出かけたのが大間違い。11時前に着いたのに館林市役所南の広大な駐車場は満車で、しかたなく館林駅近くの有料駐車場に入ったら、ここも満車マークが点灯しました。駐車場内で唯一空いていたのが障害者用のスペースで、良心の呵責を覚えつつそこに止めてグランプリ会場へ歩いていきました。
 日焼けするほどの暑さとなると、ラーメンなど温かい麺は明らかに不利。自分としても、まずは冷たい系の「胡瓜の冷汁うどん(群馬県板倉町)」から入り、「紅の豚ナポリタン(栃木県下野市)」と進みました。「まぜカレーうどん(群馬県館林市)」を食べて打ち止めにすればよかったのに、「宮ゆず冷やし中華(宇都宮市)」まで頑張ってしまったのでした。
 器はミニサイズでも4種となると相当お腹いっぱいです。結果として夕食をろくに食べられない有様でした。
 それにしても来場者が多かったこと。館林駅から歩いてくる人が大勢いたから、隣県などからも結構来ていたんじゃないでしょうか。

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

熊谷守一展

 10連休中、2日と3日は一応仕事だったので、4日からが連休後半。県内であまり混雑していなさそうな所へ行こうと思い、第一弾?は県立舘林美術館で開催中の「熊谷守一」展へ。
 午前11時に到着。予想よりは車が止まっていたものの、多くはありません。駐車場にバックで止めようとゆっくり後退していたら突然、下がるように後進速度が上がったような気がしました。輪止めがないのかとあわててギアを前進に戻したのですが、要は輪止めの直前が下っていたので錯覚してしまったのです。急に前進した際、前に人や車がいなくて本当によかった。
 熊谷守一の絵をまとまった形で見るのは初めて。そもそも「美の巨人たち」で見た程度で、代表作「ヤキバノカエリ」を見て「ああ、これこれ」と思い出したくらい。今回の展示では、若い頃の作品「海」(だったかな)が印象的でした。赤い輪郭線の入った「モリカズスタイル」以前の作品ですが、外房の海ってこんな感じだな~と見入ってしまったのでした。
 本を贈ってくれた知人へのお礼の挨拶用に、守一の絵葉書セットを購入。初夏を思わせる好天、美術館の広大な庭には木陰のベンチがあります。かねてから、こういう日にあのベンチに座って絵葉書でもしたためてみたいと思っていました。あいにく、知人の住所がわからなかったので、今回は休息のみ。薫風が心地よい。木陰の片隅で高齢者夫婦(だと思う)がシートを広げて軽食を楽しんでいました。この近所に住んでいる人がうらやましい。

| | コメント (0)

多々良沼の藤棚

 県立舘林美術館の南に多々良沼という割と広い沼があります。その一角が県立公園になっており、それなりの藤棚があるので見に行くことにしました。
 群馬県東部と栃木県南部の一帯は「両毛地区」と呼ばれますが、その両毛地区でフジといえば「あしかがフラワーパーク」です。太田に来てから一昨年、昨年とこの時期の平日休みに車で出かけてみたのですが、平日でも渋滞があまりにひどくて行けずじまいでした。地元の人に聞くと、朝7時頃にJR両毛線で「あしかがフラワーパーク駅」に行くのが一番だとのこと。
 連休となるとフラワーパークは大混雑だろうから今年も断念。で、多々良沼の藤棚はというと、やや終わり気味ではありましたが、そこそこ満足できる場所でした。沼の南西部にあり、藤棚は長さ130mにわたって設けられています。近所の人たちが散歩に来ている程度でしょうか。芝生にシートを広げる家族連れも2、3組ぐらい。水上をわたる風は気持ちよく、藤棚の下では甘い香りが漂います。
 藤棚を抜けた先に、沼の中へ突出した半島状の「浮島」があり、弁天様がまつられています。ここにも藤棚。
 公演の一角には「鶉(うずら)古城」の説明板があり、土塁などが観察できます。
 県内なら多々良沼は心地よさからしてかなり穴場の優良スポットだと思います。
 帰途、大泉町のカフェレストラン「ミザール」で昼食とアイスコーヒーをいただきつつ、「頭文字D」の16巻を読了。さらに千代田町の「斉藤いちご園」に寄って「やよいひめ」を購入。ついでに実家にも送りました。1月の「ちよだ利根川おもてなしマラソン」で提供された補給食のいちごがとにかくおいしく、後で聞いたら「斉藤いちご園」さんの品とわかりました。やよいひめの旬は2月頃までで、時期としては終盤のようですが、スーパーに出ているいちごよりはずっとおいしかったです。

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

牛来美香ライブ&アニメ「無念」

 東京電力福島第一原発の事故で太田市に強制避難したままでいる福島県浪江町のシンガーソングライター牛来美香さんのライブを観に、太田市民会館へ。統一地方選の仕事は夜からだし、このライブ自体が仕事の延長みたいなものなのです。何しろ、3月10日に開かれた震災復興支援の長岡寺ライブの事前取材の折、今日のチケットを押し売り?されたのだから。されなくても買ったけど。
 彼女の歌を本格的なステージで聴くのは初めて。これまではお寺だったり講演会場だったり、音響設備などないに等しい場所ばかりだったので、全然雰囲気が違います。それにしても1500人収容の会場なのにほぼ埋まっているとは…。
 実はお目当てがもう一つ。「無念」というアニメ映画です。東日本大震災の発生後、浪江町の消防団は必死に生存者の救出を進めていましたが、原発事故により退去を余儀なくされてしまいました。「無念」は「助けることのできた命を救えなかった」消防団員たちの思いを描いたアニメーション作品です。昨年春にも太田市で上映会があったのですが、たぶん仕事で行くことができず、今回の上映を期待していました。
 エンドロールで収録風景が流れていましたが、驚いたことにプロは俳優の大地康雄さんだけで、その他の声優は浪江町や福島県の人々だったのです。「素人なのに…」と思いかけましたが、当事者として直面していた現実だっただけに、演じずとも自然と感情が込もったのだとわかりました。
 前売り1000円の割には相当盛りだくさんのライブで、牛来さんのステージを最後まで楽しんでいたら仕事に差し支える恐れもあったので、終了前に退散。募金箱に野口英世博士を派遣して帰りました。京都競馬場のマイラーズカップでダノンプレミアムさんが快勝してくれたおかげです。

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

「狂言の夕べ」など

 朝から雨の平日休み、まずは歯科検診にでかける。痛みもなく「悪い所はない」との診たてでしたが、太田へ来てからコーヒーを飲む量が増えたせいか、歯の隅が真っ黒でカッコ悪い。検診よりもクリーニングが本当の目的です。終了後、ジムのトレッドミルで1時間、10.2キロを走り、汗を落とそうと風呂に向かったら外は雪!
 とっくの昔にスタッドレスタイヤをノーマルに交換しちゃったのに…。まあ積もることはないだろうけど、今年は春めいてきたかと思うと冬に逆戻りの繰り返しです。昼は「洋麺亭」でお初の「ベスビオ」。高崎市の老舗「シャンゴ」が生み出した辛目のトマトソース海鮮パスタで、群馬県のパスタ屋にはたいていあるメニューですが、群馬県以外では通じないようです。
 自宅に戻って夕方まで録画しっぱなしだった「宇宙戦艦ヤマト2202」を最終回まで見通す。リメイク版ですが、理屈っぽくなっていて話がわかりにくくなっており、期待していたほど楽しめませんでした。見てはいなかったけど、「キャプテン翼」のリメイク版も同じテレビ東京の深夜に放映されていて、「小学生当時の翼君が若林君と携帯電話で話している場面」がショックだったといった感想をFMぐんまの番組で聞きました。先日、「砂の器」のリメイク版(何度目だろう)が放映されており、まあまあうまく作った方かなとは思いましたけど、リメイクの難しさを何かと感じさせられます。
 さて、ようやく本日のメーンイベント、19時からの「狂言の夕べ」を観に雨の中、車で太田市民会館へ。指定席だけど、本当の最後部席でした。公休が取れるかどうかわからず、チケット購入が遅かったせいではありますが、オペラグラスを忘れてきたのは痛かった。
 舞台に鏡板(松が描かれているやつ)がなく、代わりに金屏風だったのが珍しい。野村万作・萬斎父子による「萩大名」と「蝸牛」は2曲とも初めて観る演目。まずまず楽しめました。
 問題は駐車場。もちろん、きちんと舗装されているのですが、排水が悪くて水たまりだらけ。靴が水没した人は結構いたと思われます。2年前、この市民会館がオープンした後は、ロビーにひび割れが生じて補修跡が残ったことが問題視されましたが、それで躓いた人はおそらくいないはず。そんなことよりも、広大な駐車場の排水対策をしっかりとしてほしいものです。

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

4年ぶりの文楽

 平日休みをとって、高崎市文化会館で文楽を鑑賞。何と4年ぶり、東京を離れるとなかなか見られないので昼夜2公演とも見ることにしました。
 休みが取れるかどうか、なかなか確定しなかったので予約が遅れたせいで、席はかなり後ろの方。文楽なら舞台の上手(向かって右側)寄りの席を選ぶべきところを、狂言と勘違いして下手寄りの席を選んでしまうミスまで犯してしまったのでした。
 昼過ぎに高崎市へ着き、会場近くの「正直屋」でかすうどんと海鮮丼のセットをいただく。小さいけど見つけものの店でした。「かす」うどんとは牛のホルモンを揚げて油を抜いた残り「かす」だそうですが、高タンパク低脂肪でコラーゲンも多いと大阪らしい「始末のいい」素材とのこと。在阪当時は食べたことがありませんでしたが、大阪文化の文楽を見る前の食事としてはよかった。
 昼の部は「義経千本桜 椎の木の段・すしやの段・道行初音旅」。「道行初音旅」は見たことがありますが、ほかは初めて。悪役かと思ったらさにあらず、という文楽ならではの展開は楽しかったのですが、今回も途中で眠りに落ちてしまい、「道行初音旅」は半分近く見損なってしまったかもしれません。
 夜の部までの空き時間を利用し、パスタの名店「ボンジョルノ」の支店がある高崎スズラン(地元百貨店)へ歩いて行く。途中、高崎中央銀座商店街
(だったかな?)のアーケードがかなりさびれているのを目の当たりにして、駅周辺の発展ぶりとの落差を痛切に感じさせられました。ボンジョルノではキングオブパスタの優勝作「カッチャジョーネ・クリームボルチーニ」をいただく。
 夜の部は「新版歌祭文 野崎村の段」。席はちょっと上手寄りに移ったとはいえ大差なし。寝なかった割には物語の印象は薄かった。一日2公演は欲張りすぎたかな。

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

映画「陸軍前橋飛行場」

 決してサボりではなく業務の一環として、太田市薮塚本町文化ホールで上映された「陸軍前橋飛行場」を観ました。
 公開されたのは昨年8月下旬でしたが、太田市での上映は今回が初めて。現在、イオンモール高崎がある辺り、旧群馬町だった高崎市堤ヶ岡地区に戦時中、陸軍が前橋飛行場を突貫工事で建設し、ここから戦争末期には特攻隊員が飛び立ち、最後には米軍の爆撃を受けたとのこと。近在の僧侶が当時つけていた日記のうち、私的な部分を除いた「村日記」をまとめており、その記述と往時を覚えている住民たちの声に基づいたドキュメンタリーです。
 上映は午前10時半から。前売り券を持っていなかったので、朝のうちに買い物とルンバでの掃除を済ませ、会場には10時頃に到着。当日券の購入は一番乗りだったようで、いささか拍子抜けしました。もうちょっと関心を持たれていると思ったんだけどな~。
 そこそこ席は埋まっていたものの、57歳の僕より若い人がいたのかどうか。終了後、飯塚俊夫監督が「前橋飛行場を知る人たちが高齢化し、その証言を今記録して将来に残したい」といった話をしていましたが、「この映画を観ていた人たちも遠からずお迎えが来てしまうのでは」と、失礼ながら暗澹たる気分にさせられたのでした。午後の回に、少しは若い人たちが来ていてくれていたらいいのですが。
 太田市(当時は太田町)や大泉町(同小泉村)にあった中島飛行機の工場が空襲を受けた話も出てきました。知識としては知っていても、米軍が撮影した写真を見たり、体験者の証言を聞いたりすれば、70年以上前の恐怖をいささかなりとも感じずにはいられません。こちらは戦争なんかやる気がなくたって、危なっかしい近隣諸国が変なちょっかいを出して来たら、愚かしい惨事が繰り返されてしまうのでしょうか。
 厭な想像ばかりが膨らみましたが、機会があれば多くの人がこの映画を見てくれることを願わずにはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

慰労会

 新年連載の慰労会をやろうと、前橋から取りまとめ役のOさんが太田へやって来て、わが支局で頑張ったN君と3人で太田駅南口の「鳥陣」で一杯。
 この面子で昨年11月、やはり太田で打ち合わせがてら飲みに行こうとしたのが「鳥陣」でしたが、月曜定休だったため、行き当たりばったりで近くの「おかめ」なる店に突入。何の期待もなかったけど、「1000円で3品選べる」というシステムだったので、3人で9品選んで適当に飲み、大いに満足したのでした。 

 といって、今回も「おかめ」というわけにはいかず、「鳥陣」となったのですが、お二人には十分に満足していただけて良かった。決して安くはないけれど、価格なりにおいしい店なので、無茶飲みする手合いでなければとても楽しめるのです。
 前橋で歓送迎会があっても、車ででかけることが多いから飲酒の機会は少ない。まあ飲める量が知れているから、飲酒したからといって何が変わるわけではないけれど、若い人たちの仕事にまつわる不満とか考えとかをなかなか聞けないのも確か。気楽にメシでも食べられるといいんだけど、年寄りとじゃ気づまりなんだろうな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

第3回ちよだ利根川おもてなしマラソン

 太田市から見ると南東の利根川沿いに位置する千代田町で開かれた10キロのレース「ちよだ利根川おもてなしマラソン」に出走しました。
 目標はネットで54分切り。結果は55分台後半と、昨年より一段と遅い不本意なタイムでした。グリーン六郷駅伝が昨年より遅かったんだから、距離が倍の大会でタイムが縮まるはずはありません。
 あえて言い訳をすれば、この大会の「おもてなし」が良過ぎた点にあります。10キロのレースだと、途中に給水ポイントが1か所なのがほとんどです。本大会はそれが2か所のうえ、給食サービスまであったのです。去年は給食、なかったような気がするけど、そうだとしたら一段と「おもてなし」が良くなったと言えます。
 しかも、そこで配布されたイチゴがおいしいこと。グリーン六郷駅伝のために上京した折、久し振りに東京駅構内の「果実園」でストロベリーパンケーキ(何と1400円也)をいただいたのですが、率直に言って「果実園」のイチゴよりおいしいという信じ難いレベルの味でした。
 最初の給水ポイントで不覚にもイチゴを1粒落としてしまって落胆したのですが、2か所目にもイチゴがあり、それを味わっていてロスしたタイムは10秒以上あったと思います。
 大勢に影響はありませんけど。
 終了後、豚汁のサービスに塩おにぎりが加わりました。こちらは冷たいせいもあってイマイチだったかな。でも、軽食として十分だったし、またしてもイチゴを1粒いただけたので大いに満足しました。参加賞は大きな白菜など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧