2017年7月 2日 (日)

第10回嬬恋高原キャベツマラソン

 例によって競馬にたとえれば、秋シーズンに向けて七夕賞(本物は来週だけど)を叩いて、仕上がりを早くしたいと目論んでの出走です。公式HPで高低差が200m近くあるのは覚悟していたけど、嬬恋村の標高が1400mもあるとは知りませんでした。これじゃ完全に高地トレーニングじゃん。
 万座プリンスホテルのフロントで会場までの所要時間が50分ぐらいと聞いていたので、朝食は5時半の開業(普段はもっと遅いけど、大会出走者のために早くしているよう)と同時にいただき、またしても栄養過多気味になってから、午前7時過ぎにホテルを出発。8時前に出走者用駐車場に着いたものの、ここからスタート会場へのシャトルバスに乗れたのは8時半過ぎ。受付や着替えが間に合うのか心配でしたが、荷物を放置するなどで、どうにか間に合いました。
 朝にかけて雨だったのに、スタート前から急に晴れ始めました。どうせ天気が悪いのだからと、日焼け止めを持参しなかったのは大失敗と、後で痛感させられました。
 ゲストは水泳金メダリストの金藤理絵さんと、嬬恋村出身でスピードスケート銀メダリストの黒岩敏幸さ4ん。残念ながらスピーカーを通して声を聴いただけで、本人たちの姿は確認できませんでした。
 スタートからは長い下り坂。ラストはここを上るのかと思うと気が滅入りました。その後のアップダウン(後から思えば緩い方だった)を走るうちに、序盤で無理をしたらエライことになると感じ、8キロ辺りから上り坂は必ず歩く「戦略的歩行」を実施。3年前のマザー牧場でトレランを走った時に覚えた戦術?です。
 キャベツ畑や浅間山を眺めて「何とか2時間30分ぐらいで収めたい」と考え、18キロ辺りまでは走れる所は走ってきたものの、甘かった。ラスト3キロの「心臓破りの坂」は歩いて上るのも辛く、歩きでどんどん追い抜かれる始末。坂で姿勢を保つせいなのか、腹筋がかなり硬直したのを感じたのも、ランニングというか歩きの最中では初めてです。どう見ても75歳ぐらいの爺さんに抜かれたのはショックでしたけど、抜き返す意欲なんぞありません。
 結局、ネットで2時間37分47秒でフィニッシュ。更衣室で上半身裸になったのに汗が引くまで30分近くかかり、乾いたタオルでふき取った汗が簡単に絞れたほどです。飲んだスポーツドリンクがそのまま汗になっていたような気がします。
 参加賞は特産のキャベツ1個ですが、わざわざ重い物を持ち帰る気にはなれませんでした。放送で「お忘れなく」と呼び掛けていましたが、レース前に渡す方がいいと思います。
 なかなかいいデザインだった大会Tシャツを入手することができなかったのは、ちょっと残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

沈没…自身も馬も_| ̄|○

 24日(土)は出番だけど、朝6時前からジョギングへ。先週とは逆に、まず刀水橋を往復して14キロぐらい走ってから松風峠を越えるコースにしました。終盤に上り坂が控える嬬恋キャベツマラソンのコースを想定したトレーニングです。
 前半は順調ながら、さすがにある程度走ってからの上りはきつく、峠を上り切るのが精一杯。峠越え往復は諦めて19キロちょっとにとどめました。
 汗を落とした後、ガストでモーニング。今月初めに同期M氏が来訪した際に行って以来、フルーツヨーグルトとサラダ、トーストのセット539円(税込み)が気に入っています。どのセットでもいいのですが、ドリンクバーがついているのが最大の理由です。朝ランで大汗をかいた身には、とにかくありがたい。
 人心地がついたところで、一仕事片づけました。まず順調に事が運んだ一日でした。
 25日(日)は明け方に雨が降り、朝ランは中止。午前中に近所のスーパーへ買い物に行くと、多少蒸し暑いものの、曇り空が晴れる気配はなかったので、ジョギングをすることに。
 この時間帯では松風峠越えは危ないので、刀水橋への平坦コースをなるべく6分前後のペースで走るようにしました。と言っても、実行できたのは10キロ辺りまでで、その後はバテてしまい、歩かないようにするのが精一杯。14キロを過ぎた所にあったセブンイレブンでアイスカフェオレを買って飲んだ後は、歩いて帰宅しました。
 結構疲れてしまい、昼食はセブンイレブンの蕎麦(初めて食べたけど、なかなかいけた)とおにぎり、夕食はカップヌードルのカレーとミニトマトでおしまい。空腹感はあるけど、食べる意欲を消耗してしまった感じ。まあ2日もすれば回復するでしょうけど。
 競馬の宝塚記念。「G1は馬の格(=大レースを制した経験)だ」などと、前の職場の後輩だった開成馬券師に偉そうなことを散々言い触らしていたのに、今回は大本命キタサンブラックから下位人気の馬へ流して金儲けを目論んだ挙句、キタサンブラックが大敗を喫してしまってパー。上位3頭はキタサンブラック以外のG1馬で決まり、「自らの信念を貫けばそれなりの配当を手にすることができたのに」と思ったところで後の祭り。
 今年は馬券の散財額が甚だしく、当分の間、馬券には手を出さないことを誓います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

松風峠越えラン

 7月2日に出走予定の嬬恋キャベツマラソンは、最終盤に高低差200m近い上りが控えるタフなコース。少しでも上りの練習をと思い、週末の朝ランは松風峠での走り込み?を中心にしました。
 平坦な太田市にあって、標高200m超の金山の中腹を越えるのが松風峠。この辺りじゃ金山ドライブウェイとも呼ばれています。最高点は標高100m超ぐらい。峠越えの距離は2キロほどです。
 この松風峠を上って下りて、折り返してまた上って下りてにチャレンジしてみました。結構きついのですが、遅いながらも成功し、土曜日はそのまま国道407号を南下して高林交差点折り返しで自宅に戻って17キロちょっと。日曜日はさらに南下して利根川にかかる刀水橋手前で折り返し、自宅までで21キロちょっと。さすがにくたびれました。
 朝ランや食事を済ませて暇に陥ると、つい競馬に手を出して散財する悪癖を改めるため、土曜日は風呂、洗面所の掃除、借りていた本の返却、庭や事務所周囲への除草剤散布、洗車。日曜日は買い物や部屋の電球交換その他に時間を費やし、前の職場にいた開成馬券師からの誘いにも乗らず、散財を防いだのでした。まあ、来週のG1宝塚記念に備えているだけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

4連休、何もせず…

 8日から4連休。3~4月の25連勤、GWもほぼ平常勤務とあって、これといった仕事のないこの4日間は待望の休暇だったのですが…。することがありません。
 とりあえず船橋の旧宅に寄って風通し。9か月もほっとくと、ベランダがまた汚いこと。掃除しようかと思いましたが、汗だくになっても着替えがないので断念。次回立ち寄った時にやることに。
 君津の実家に戻れば、両親とも季節外れの風邪という。10日に幼馴染の床屋に行くと、数年前にたまたま熱中症になった時の症状を話してくれたけど、両親の「風邪」ともどこか共通している感じがします。母親が自律神経の不調?で風の冷たさに過敏になっていて、まだエアコンを使っていないのですが、そのせいで室内にいても軽い熱中症になっている気がしないでもないのですが…。
 君津では土日に朝ラン。郡ダム方面に向かう山陰の坂道を往復して、日曜日は千葉県民マラソン以来となる20キロ走に。本当は12日の月曜日も走るべきだったのに、つい惰眠を貪ってしまったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

旧友来訪

 1か月後に迫った嬬恋キャベツマラソンに備え、週末の朝ランは松風峠越えのコースに。1キロで100mぐらいは上るから、嬬恋の最終盤3キロで200mの上りの訓練にはなるだろう、と思いたい。
 G1安田記念はまたしても惨敗。昨年の覇者ロゴタイプが澱みない逃げで引っ張って実力勝負に持ち込み、レース自体は素晴らしかったけれど、肝心の本命イスラボニータがいいところなく敗れてしまった。
 夕方、かねてからの約束通り、前の職場の同僚M氏が赤城山でのキャンプの帰りに寄ってくれた。割と近くにある居酒屋「悟空」で一杯。飲酒の習慣がないので、この店も現職場の元スタッフが「若い人たちは遠くからでも来たがるみたいですよ」と言っていたのを思い出して決めたけど、確かにコストパフォーマンスはいい感じ。
 M氏からは、1日付で異動となった旧ボスと旧筆頭次長に対する不満のあれこれを聞く。こちとらも9か月前に異動した途端、ストレス検査の結果が良好になったくらいだから、後釜に据えられたM氏としても気苦労は多かっただろう。何だかんだ4時間ぐらい話し込んで、わが家の空き部屋に泊まってもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

惨敗…日本ダービー

 実のところ、惨敗したのは本日の日本ダービーだけではなく、今月の競馬すべてでした。年始以来の絶不調を抜け出せないため、馬券を買うのはほぼG1レースに絞ったというのに、配当金0円。的中率0%。(ノ_-。)
 ダービーは前日から検討に時間をかけたのですが、切ったレイデオロにあっさりと勝たれてしまい、またしてもパー。予想の仕方がどうこうではなく、馬やレースの見方そのものが根本的に間違っているとしか言いようがありません。
 罰としてダービー終了後、いつものジョギングコースを一回り。本当は今朝やるはずでしたが、7時に起き出したらどうも自治会でクリーン作戦をやる日だと気づきました。そこへ能天気にTシャツ半パン姿で走りに出る度胸は持ち合わせておらず、気まずい朝を過ごしていたのでした。
 走る方も本調子には程遠く、7月2日の嬬恋キャベツマラソン(ハーフ)でどこまで頑張れるか不安なままです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

第39回千葉県民マラソン

 結果を先に書けば、この大会では初めて2時間を切れず、ワーストの2時間4分37秒。ベストタイムより8分以上遅いのですが、これが現状の精一杯でした。
 快晴、風も弱めと、コンディションは5回参加した中で最高でした。「きっちりと練習を積んで臨めたらなあ」と、どうしようもないことを思いつつスタート。序盤こそキロ5分30秒台も出ましたが、向かい風の中盤は5分50秒まで。終盤、バテていたせいか、追い風のアシストを受けても6分前後までしか出せず。
 今シーズンの大会参加はこれでおしまい。秋からのハーフ4レースで、ついに2時間切りは一度もなく、フルの群馬マラソンもやっとこさ完走しただけ。太田転勤で練習時間が取れるかと思ったらさにあらずだったのが誤算だったし、それ以上に日頃歩くことが激減してしまったことの影響が大きかったように思います。
 この先、なるべく早寝をして短くてもいいから朝ランを積み重ねようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

第13回浜松シティマラソン

 この大会は3年ぶりの出走です。前回は最終盤に右ふくらはぎが攣ってしまい、この故障が後を引いて3月に予定していたレースがすべて出走取消となってしまった、いささか嫌な思い出があります。
 天気はいいのですが、遠州の空っ風が吹きまくっていました。風向は北西、前半はとにかく抑えめに進めないと、後半がもたない感じです。
 市役所南側を午前9時にスタート。練習不足の身ですから、今日はともかくも完走が最大目標で、タイムがどうのこうのと言っていられません。それでも入りの1キロは6分を切っており、このくらいで進められればなどと気楽に考えつつ、かつての職場があった浜松駅前の古いビルの前で、約束通り応援に来てくれた袋井のM兄貴とハイタッチ。やはり自分のためだけの応援は嬉しいものです。
 コースを折れて北上が始まってからは空っ風との闘いでした。どんどん抜かれようと、ここで無駄に力を使っては後で響くから我慢、我慢です。長い坂を登り、航空自衛隊浜松基地沿いの単調な直線も我慢。ラップは6分20秒前後と、今まで参加したハーフマラソンでは格段に遅いのですが、仕方ありません。
 折り返して追い風になった後、18キロ過ぎぐらいから余裕があったらペースアップのつもりでしたが、そうはいかず、最後はペースダウンして2時間11分台でフィニッシュ。ハーフマラソンではワーストタイム更新ですが、とにかく走り通せたのは収穫でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

映画「鉱毒」上映会

 休みのはずのきのうは午前中、「1%まちづくり事業発表会」取材、お昼は「大泉町子ども食堂」取材、夕方に「ぐんま平和の風 政策発表」取材と、普段よりよっぽど働いた後、17時からダニエルハウスで正月連載担当者の打ち上げ会。前橋からわざわざ同僚3人が来訪し、まあ3時間も飲めば余裕で電車に乗れるだろう…などと思ったのが甘かった。
 二次会でカラオケボックスに突入し、終わったのは0時前。前橋からの同僚のうち一人が車で、3人は代行運転で帰ったのでした。
 若者たちとのカラオケはつらい。平成生まれのくせに坂本冬美の歌なんか歌ってくれて、気を使ってくれた部分はあるにせよ、その歌が知っている限りで素人ナンバーワンだったりすると、複雑な感じもします。とか何とか書きつつ、こちらも喉が痛くなるほど歌ってしまったのでした。
 今日は午前中、映画「鉱毒」の上映会へ。これも仕事みたいなもんだけど、あくまでも映画鑑賞です。足尾鉱毒事件を田中正造の昔から、古河鉱業に責任を認めさせた太田市毛里田地区の農民たちの活動までをまとめたドキュメンタリー映画で、三国廉太郎がナレーションを担当していました。
 太田に来てから、足尾鉱毒の被害が田中正造の後もずっと続いていると知り、愕然としたものでした。被害の大きさはもちろん、それを自分がほとんど知らずにいたことにです。いくらか調べて、どういうことなのかがようやくわかってきた感じです。水に含まれる銅の濃度が高いと稲の育ちが悪くなり、こうした土を入れ替える土地改良がどれほど大変なのかを実感しました。
 昼食後、1時間弱のジョギング。脚部不安は解消されてはおらず、おっかなびっくりで8キロ程度。欲をかいた競馬は根岸S、シルクロードSとも3連複に1頭絡まず、すった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

第69回グリーン六郷駅伝

 社内走友会で新春恒例のグリーン六郷駅伝に、今年も2チームで出走しました。
 年末以来、雨が全く降らなかったのに、よりによって今日だけ降るのは不条理な気もしましたが、それよりも我ながら迂闊だったのは「風」の方でした。
 駅伝に備えて日曜日に帰省し、今朝は君津からアクアライン経由羽田空港行きの高速バスで出かけ、羽田から京浜急行で六郷土手駅に向かうつもりでした。電車より1時間近く早いはずが、低気圧による強風でアクアラインが通行止めになってしまい、慌てて内房線に乗る羽目になってしまったのです。結果的に、集合時間に間に合ってよかったけど。
 風はやんだのに小雨は止まず、雨を避ける場所のない多摩川河川敷の会場では辛いパターン。しゃがんでバッグの中を探っていた時、腰にビキッと痛みが走ったのです。「やばい、ぎっくり腰かよ」と思いましたが、動けないとか立てないといったことはなく、まあ何とか走れそうだったので、そのまま出走。
 腰痛の影響はあまりなかったものの、あまりの太目と練習不足で、この大会では過去最低のタイムだったと思います。走友たちにも腹の目立ち方を指摘されました。
 にもかかわらず、大会終了後は京急川崎駅近くの焼肉店で、飲めや食えやで楽しんでしまい、この先どう減量したらいいのかと少し悩んで電車と高速バスで爆睡してしまいました。メンバーの皆様、楽しい一日をありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧