2018年9月 9日 (日)

第8回草津熱湯マラソン

 前日、草津ナウリゾートホテルにチェックインした際、フロントで「朝食ビュッフェをランチに振り替えることもできますが」と尋ねられたのに、つい「そのままで結構です」と答えてしまいました。朝食ビュッフェは充実していたのですが、控えめにしたつもりでもレース2時間前としては結果として食べ過ぎで、結果として響いてしまったのでした。
 前夜からの雨はスタート前にほぼ上がり、湿度は高いものの霧と曇り空でコンディションはまずまず。スタート地点はホテルから徒歩5分。ホテルのチェックアウトが11時だから、9時20分スタートの10キロなら、1時間ちょっとで走って部屋に戻れば、さっとシャワーを浴びても間に合うのです。つまり、荷物預かりとか雨の中で待たされるとかが無縁のVIP待遇に近いのです。
 とはいえ、総高低差120m超のコース。それも序盤は下る一方で、2.5キロ過ぎから上り続けだから厳しい。草津バスターミナルから湯畑へ向かう坂なんて、2月の出張時には「湯畑坂路」と名付けて、京都マラソンや東京マラソンのトレーニングの足しにしていたくらいですから、あそこを駆け降りるのは転ぶのが怖い。路面はぬれてるし。
 実際、3キロ地点から4キロ地点まで60m以上上る坂は辛かった。5キロ地点までは更に30m上る。「5キロ過ぎたら歩こう」と思って走り、そこまでたどり着くと「あと1キロ頑張るか」となり、どうにか自分をごまかしつつ7キロを過ぎて、またしても上り下りを含みつつ60m下り。折り返しの上り坂で一杯になり、500mくらいを戦略的徒歩。下りに転じた辺りで再度走り始め、最後の上り坂は頑張って走り続け、1時間11分6秒でフィニッシュ。
 胃の中に消化されていない食べ物が残っているのを実感しながらでは、戻しはしないかと気が散ってしまい、それで目標タイムより1分以上遅れた気がします。
 記録証の発行などを済ませた段階で10時40分。ホテルまで急ぎ歩きで戻ろうとしたのですが、けいれん気味だったので、部屋に戻ったのは10時48分過ぎ。大急ぎでシャワーを浴びて汗を落とし、ドライヤーで頭を乾かし、荷物を持ってフロントの列に並んだのは11時ちょっと過ぎ。同じような人がそこそこいて、30分も遅れなければ大目に見てもらえたのかもしれません。
 レース後にもらった爽健美茶を飲む暇もなく、喉が渇いていたので、ホテルの売店で草津温泉サイダー(200円)を購入。走った後のサイダー、生き返ったような心地よさです。このままさっさと帰ろうかと思っていましたが、商品の温泉無料券(またロハ話だよ)を利用してからにしようと、ホテルの無料送迎バス(またまたタダ)で湯畑へ行き、「御座之湯」に入りました。かなり込んでいましたが、湯船に入ったり出たりを繰り返すうちに洗い場の混雑も解消し、頭も体も洗ってサッパリとすることができました。
 再び、送迎バスでホテルに戻りましたが、どうも空腹感が今ひとつなので、とりあえず帰ることに。行きと同じく高速道路は使わず、カーナビが渋川伊香保IC前で予測した自宅到着時刻より、結果として10分ぐらいしか遅れませんでした。伊香保や四万、草津、万座などの温泉へは、太田からは高速道路を使わなくてもよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

草津再訪

 8日から夏休み後半6日間を取得。9日の草津熱湯マラソン出走のため、8日は前日輸送で草津入りすることにしました。
 休みとはいえ朝刊各紙のスクラップ指定などをためることはできず、出発はお昼過ぎに。久しぶりにシャンゴ伊勢崎店へ寄り道し、月替わりセットメニューを楽しみました。サラダ、スパゲティ、メインディッシュ、デザート、ドリンクで1280円(税別)ですから、相当お得です。
 午後1時40分過ぎ、いざ草津へ。遠回りする高速道路を通っても、渋川へほぼ一直線で行ける国道17号バイパス(上武道路)と時間は大してかわらないんじゃないかと思い、上武道路へ。何だかお金をかけないことばかりに執心しているみたいですが、そう見られても仕方ありません。
 草津町には16時過ぎに到着。前日にゼッケンなどを受け取ると、町内の温泉無料利用券をもらえるのです。また、ロハの話になってしまった。
 宿泊したのは草津ナウリゾートホテルです。1~2月の本白根山噴火取材で滞在したのは「草津温泉リゾートホテル」でした。「ナウ」の2文字があるだけで料金は随分と高いのですが、リゾート感は段違いです。2文字がない方には、取材拠点だった町役場や湯畑へ歩いて行けるメリットがあり、ホスピタリティーは優劣つけがたいので、良しあしは一概には言えませんが。
 温泉タダ券をどうするか。ここはホテルから歩いて行ける「西の河原温泉」へ行ってみることに。熱湯マラソンのコースの一部でもあり、坂の厳しさを偵察する意味もあったのですが、率直に言って徒歩でも十分に大変でした。温泉は大きな露天風呂のみで、洗い場はありません。「ナウ」じゃない方のホテルの温泉は硫黄臭がまったくありませんでしたが、ここはほどほどに硫黄の臭いが漂い、ようやくイメージ通りの草津温泉に浸かれた思いです。
 ナウリゾートホテルの大浴場は硫黄臭ほとんどゼロでしたが、熱さはなかなか。気温20度弱だからいいけど、25度以上だったら汗が引かなくて大変だろうな。温泉に入りやすい点では、9月上旬がベストシーズンかもしれません。
 夕食はビュッフェ。知っている限り、ビュッフェとしては最高レベルでした。もちろん、世の中にはもっと上はいくらでもあるんでしょうけど、寿司を頼んでから握ってくれるビュッフェは個人的には初めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

猿ヶ京温泉

 歴史博物館を出た後、前橋へ向かおうとすると「絶品スープスパゲティー」といった看板につられてその店に入る。戸を開いた時にやめればよかったのだが、つい奥まで行ってしまった。どうもゲーセンだかパチンコ屋だかの食堂が一般客も迎え入れているようだった。
 仕方なくナポリタンを注文。待たされる、音はうるさい、タバコの臭いがすると最悪だったけど、出てきたナポリタンは540円としてはなかなかの出来。パスタの街・高崎侮るべからず、でした。
 前橋支局に書類を置いて一路、猿ヶ京温泉へ。子供の頃、父の実家がある現在の新潟県十日町市へお盆に帰省する時は、一家四人でマイカー利用。エアコンのない時代だったから、暑さと渋滞をいくらかでも避けるため、夜中に車を走らせて田舎へは朝に着く旅程でした。
 子供だったから車の中ではほとんど寝ていましたが、父はたいてい猿ヶ京温泉のドライブインで未明に休憩しました。母方の祖父も同行した時、ここでエビフライ定食をごちそうになったのが忘れられない思い出です。それで猿ヶ京にこだわっているのです。
 昔はなかった関越自動車道の月夜野インターで下り、昔と同じく国道17号を北へ。猿ヶ京温泉の旅館「湖城閣」には15時頃に到着しました。
 日曜日なので客は少なく、大浴場や露天風呂もほぼ独占状態。混浴の樽風呂なんてのもありましたが、この日は女性客がいなかったので気楽でした。
 夕食は上州牛のすき焼きがメーンでしたが、あいにくとそれほど印象には残らず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

第19回ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソン

 連夜の暴飲暴食のおかげで夜もよく眠れ、目が覚めるとどうも快晴になる雰囲気。日差しが強いとたまらないな~と思いつつ、バイキングの朝食でまたしても取り過ぎてしまい、もはやタイムの何のと言っている状態ではなくなりました。
 いつものごとく、K兄貴が車で迎えに来てくれるVIP待遇で、会場のヤマハスタジアムへ。幸い「放送大学」のランニングシャツは着ることができ、荷物預けと用足しを済ませて、スタート集合場所へ。
 何と、ジュビロ磐田の名波監督がハーフマラソンに出走するとのこと。ゲストランナーだからハイタッチをしたり話したりしながら走るんだろうし、それならどこかで追いつけるといいなと思いつつスタート。
 初めから暑いのはわかっていたので、抑えめかつ日陰を選んで進めたものの、とにかく汗が出る。今回、給水所はヴァームウオーターを提供するとのことなので、その補給効果を期待しましたが、粉末を溶かすのでいかんせん濃度が定まっておらず、ちょっと厳しい。8キロ付近で待っていてくれた個人応援団の皆さんも「今までで一番汗をかいていた」と言ってましたが、正直頑張れたのはこの辺りまで。10キロ通過段階では2時間切りの夢はまだ見られましたが、練習不足と超重めの身では無理だろうと諦めていました。代わりと言っては何ですが、ライオンメロンを3個食べられたのはよかった。本当は4個手にしたけど、1個はすべって落としてしまったのでした。
 太田川堤防を降りた辺りが本来なら勝負所ですが、今回はとにかくペースが落ちるのを少しでもカバーするのが精一杯。最後の坂も見栄で走り切り、2時間4分台でゴール。この大会では初参加の2011年に次ぐワースト2位の遅さでした。
 再びK兄貴に迎えに来ていただき、磐田グランドホテルの「天神の湯」でいったん汗を落としてから、レストランでランチ。入浴と合わせて2800円でこれだけの料理をいただけるなら、かなりお得だと思います。
 もう一度ゆっくりと「天神の湯」につかった後、エリザベス女王杯を観戦。残念ながら、K兄貴ともども玉砕でした。
 楽しかった3日間の旅、太田に着いたのは午後10時過ぎでした。皆さん、今回もあれこれとお世話になり、どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

朝ラン再開と宝塚記念

 腹筋血管腫?摘出の術後は経過が順調で、22日に抜糸を済ませて入浴・運動もOKに。23日にはプレオンで3週間ぶりにボディパンプをやってみて、まあ大丈夫なのを確かめました。
 25日は君津に帰省し、幼なじみの理髪店へ。毛根の脂を取り除く「何とかクレンジング」が最近のお気に入りで、暑くなってきたから冷やしシャンプー、おまけに強力なクールヘアトニックを使ってもらったら、冷たくて気持ちいいのを通り越して、率直に言うと痛いほどだった。何事もほどほどが肝心なよう。
 26日は5時40分頃から2週間ぶりの朝ラン。いつもの小糸川ジョギングロードをLSDペースで走っていると、この時期には珍しく富士山がバッチリと見えました。当初の予定では郡ダム方面を走るつもりでしたが、スマホを取りにいったん自宅に引き返し、再び小糸川ジョギングロードを走って人見神社へ。300段超の石段を上り、母の体調回復を祈った後、東京湾越しの富士山を撮影。数か所、蚊に食われました。
1dsc_0082  復活朝ランは13キロちょっと。来週は元のペースに戻れそうです。
 今日のお楽しみは宝塚記念。▲マリアライト-◎ドゥラメンテ-○キタサンブラックと予想はバッチリながら、▲からの3連単をケチったばかりに大魚を逃した格好に。収支プラスだから贅沢を言っちゃいけないものの、馬券的には悔いを残しました。
 レース後に下馬して心配だったドゥラメンテは、骨や腱に異常はないとのことでひと安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

麺屋 徳@船橋ラーメン横丁

 本日の予定。朝ラン→プレオン船橋でひと風呂→鍼灸治療→東京ドームシティにある「どうとんぼり神座」で鶏空揚食べ放題にチャレンジ…だったのですが。
 朝ランに出ようとした時に職場から電話。そんなこと現場で何とかすりゃいいじゃんって程度の話だったし、30分もしないうちに無事解決と相成ったものの、おかげで朝ランは取りやめに。プレオン→鍼灸治療は予定通りだったものの、3月中旬とは思えない寒さだったので、空揚食べ放題挑戦は中止。そうだ、なかお鍼灸接骨院に自転車で向かう途中、爺が運転する車がわずかにぶつかりやがった。けがなどの被害がなかったからいいものの、どうせ赤信号なんだから、横断する自転車ぐらい先に通すのがマナーってもんだけど、この辺りの住民にはなかなか通じない理屈らしい。
1dsc_0017  シャポー船橋内にある船橋ラーメン横丁は、匠屋なき後はすっかりご無沙汰でしたが、「麺屋 徳」という新店ができていました。かつて匠屋があった場所です。見れば鶏白湯スープのラーメンといい、寒い日にはうってつけだろうと入ってみました。
 鶏好きの僕にはこたえられない味です。好物だという人の話は当てにならないので、その辺りは割り引いてもらうとしても、自分としてはまた来ようと思った店ができたのは喜ばしいものです。予定の崩れた土曜日ながら、最後にいいことがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

館山若潮マラソン1週前追い切り

 タイトルこそ勇ましいものの、その内容たるやLSD30キロと緩めもいいとこです。何せ大阪マラソンの後、25キロ超を走ったのは今回が初めてと、とてもマラソンを目指しているとは思えない状況です。
 目論見通りキロ7分弱で走り通し、遅いながらも3時間27分で30キロを走れました。でも、ラスト3キロは7分台に落ちており、本番はこのペースで走っても5時間前後はかかる見当です。あまり気休めにはならなかった感じです。
 朝食の後に走ったとはいえ、普段なら十分に空腹になるはずなのに、すっかりへばってしまって、お昼は飲むヨーグルトとシュークリーム1個しか食べられませんでした。
1dsc_2020  夜には雪が降るとも言うので、急きょ午後6時に予約を入れて、雨が降る中、なかお鍼灸接骨院へ。久し振りに長時間走ったのに加え、今週は職場の勤務ローテーション表作成で目を酷使したせいもあって、「かなり凝っている」と先生に言われました。体がほぐれたおかげで食欲もわき、1週前追い切りのご褒美は「海老そばまるは」で海老炒飯とミニワンタン。帰り道の空には月が輝き、雪になる気配はゼロだったけど、やれることを土曜日のうちにやっておくに越したことはないと思うことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月16日 (月)

Watch my left!…箱根湯本での無駄足

1dsc_1857 B&Bパンシオン箱根は主に一人旅向けのホテルで、何といってもローコストなのが魅力。部屋も狭いってことはありません。トイレや洗面所は共用で、風呂は大浴場のみですが、温泉です。コインランドリーがあるので、ハーフマラソンで汗びっしょりのウェアを洗濯することができたのは大助かりでした。

 B&Bとは「Bed and Breakfast」の略で、ヨーロッパにはこうしたスタイルのホテルが多いそう。焼きたてのミニパンとジュース、コーヒーの朝食と朝風呂を済ませてチェックアウト。
 ユネッサンから奥まった場所にあり、昨夜は暗い中を歩いてたどり着くのが大変でしたけど、日中は小涌園などを通る無料送迎バスがあるので楽ちんです。小涌園前からは「施設巡りバス」で箱根美術館へ。
1dsc_1867 朝は青空が広がっていて紅葉狩りにはうってつけと思ったら、この時間は霧が出てしまい、紅葉もイマイチでした。残念。
 ケーブルカーで強羅に向かい、登山鉄道で箱根湯本へ。人が帰る頃に晴れ間が出始めてしゃくな感じもしたけど、これから見物する人はよかったですねと思うことにしよう。
 大涌谷の噴火警戒騒ぎが深刻だった頃に比べると、今は箱根の人出も戻ってきたそうですが、湯本辺りを歩く人の数はやはり少ない気も。月曜日のせいもあるだろうけど。
1dsc_1881  お昼は日清亭で。メニューに「角煮ラーメン(限定20食)」とあり、限定ものに弱いので即注文。ラーメンの焼き豚代わりに角煮が載っているのかと思いきや、さにあらず。普通のラーメンと別皿で巨大な角煮がついていたのでした。
 昨日に続いてまた暴食かよと思ったものの、脂が結構落としてあって見た目ほど重くはありません。味もさすがでした。
 この店を出た時、左側をよく見るべきだったのです。この不注意のため、1時間近くを無駄にすることになろうとは…。
 ちょっと体調を崩して遠出ができない母のために、「竹いち」のすり身団子を送っておこうと、湯本の商店街を歩いてみたら、店がない。名店といえども急になくなることはあり、スマホで調べると、日清亭の斜め向かいに移転したとのこと。そう、店を出た時に左側をよく見れば気づいていたはずなのです。
 「竹いち」は割とすぐ見つかったのでよかったのですが、問題はその後。「天成園」へ日帰り温泉を楽しみに向かったものの、早雲寺のある辺りだと思い込んでいたばかりに、40分以上も無駄足を踏んでしまったのです。
 無為に一回りして再び湯本の商店街を歩いていると、日清亭の左側にある建物の壁に「天成園」の案内看板があるじゃないですか。
 ほんのちょっと、左側をよく見ていれば、この1時間の無駄歩きはなかったのに…。
1dsc_1882 気を取り直して歩き続け、ようやく天成園に到着。ホテルと健康ランドが一体化したような印象です。大浴場は7階というか屋上にあり、かなり広くて眺めも素晴らしい。ここしばらくは味わっていなかった「平日昼間の露天風呂につかっている罪悪感」を、久しぶりに満喫することができました。
 帰りは、ホテル・旅館送迎バス(100円)で箱根湯本駅へ。これを利用すれば、お年寄りも楽でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月15日 (日)

1年の重み?

 ゴールした後、M兄貴に迎えに来ていただき、磐田グランドホテルの「天神の湯」に直行。本当にVIP待遇で、ありがたいことです。
 メーン会場から最も近い日帰り温泉なのに、正午過ぎに我々が到着した時に他のお客さんは誰もおらず、独占状態です。利用料が1500円と少々高いせいかもしれませんが、K兄貴が割引券を提供してくれたおかげで1000円で済み、大助かりでした。
 今日は大汗をかいただけに、すぐさっぱりすることができるのは何よりうれしい。もし雨のレースだったら、体の芯から温まって極楽だったろうな。
1dsc_1855  お昼は昨年に続き、磐田の老舗「天宏」で。あいにく七五三を祝う家族の来店が多くて待たされましたが、その分、空腹も進んだろうから、注文も昨年同様、かき揚げ丼に。「天宏」=かき揚げ丼というイメージは、四半世紀以上前に磐田で過ごした間に植え付けられて?固定しているのです。初夏なら鮎の塩焼きもおいしいのですが。
 しかし、たった1年で老化が進んだことを思い知らされました。このヘビー級かき揚げ丼を去年はペロリと平らげたのに、今年はやっとのことで残さないのが精一杯だったのです。貧乏性だから食べ物を残すのは罪悪感が強いんですよね~。
 この後、K兄貴宅におじゃまして、競馬のエリザベス女王杯を観戦。同好のM兄貴はご自宅の所用でその前にお別れ、K兄貴との予想合戦は共に討ち死にと、なかなかうまくいかない結果に終わりました。
 K兄貴に磐田駅まで送ってもらい、VIP待遇の二日間はひとまずおしまい。皆様、本当にありがとうございました。
 この後、浜松から新幹線で小田原まで戻り、バスで小涌園まで行って、今夜の宿「BBパンシオン箱根」へ歩きで到着。あすは「たった一日の夏休み」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

船橋にもある黒湯銭湯

 佐倉朝日健康マラソン当日に続き、3日後の今日も鍼灸治療へ。筋肉痛が完全に取れ切っていない段階でもう一度来ると、復調が確かに早い気がします。
 コナミスポーツ船橋の会員だった時はひと風呂浴びてそのまま「なかお鍼灸接骨院」へ行けばよかったけど、やめた今はどこか銭湯に寄らないといけません。ま、いけないってことはないけど、一日中靴を履きっぱなしの足のままで行くのは気が引けるのです。
 調べてみると、コナミから少し離れた船橋郵便局の西に「紅梅湯」という銭湯があり、ここでひと風呂浴びることに。雨の中を歩いて行くと、何だ、時々ランニングした道沿いじゃん。
 入浴料420円。昔ながらの銭湯そのもので、ほかのお客はゼロ。中に入ると、お湯が真っ黒じゃないですか。
 東京の城南地区によくある黒湯銭湯が、まさか船橋にもあったとは。天然ラジウム鉱泉というんだそうで、打たせ湯の設備まであります。驚いたことに、洗い場の蛇口から出てくるのも黒湯。文字通りの掛け流しです。
 独占状態なのにのんびりと浸かっていられなかったのは残念だったけど、ここはまたいつか入りに来たいものです。
1dsc_1482 ここをランステとして使わせてくれたら最高なんだけどな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)