« ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソン前夜祭 | トップページ | 狂言「愛すべき食いしん坊たち」 »

2018年11月18日 (日)

第21回ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソン

 今回はK兄貴がベネズエラ(だったかな?)に駐在中の息子さん一家が一時帰国するため成田空港へお迎え、M兄貴はお仕事とあって、宿泊先のルートイン磐田インターからスタート会場まではバスで行くことに。それが当たり前なのですが、いつも朝早くから迎えに来てくれたK兄貴の有難みをつくづくと感じさせられます。
 磐田駅でびっくり。会場へのシャトルバスを待つ人たちの大行列ができていたのです。結果的に、会場に着いてさっさと着替えを済ませて荷物を預け、スタートの行列に潜り込んだ5分後に号砲が鳴るという、かなりギリギリの時間になってしまいました。
 足利尊氏公ハーフマラソンが2時間5分ちょっとだから、本来なら今回は2分台を目指したいところですが、いかんせん、前々夜祭、前夜祭と暴飲暴食が続いているうえ、今回も11月としては結構暑かったので、2時間10分を切れればいいかといったところでした。
 抑え気味に出たこともあり、序盤はキロ6分前半で進んでいきました。K・M兄貴が不在となると、8キロ過ぎの今之浦川の橋での個人応援団はなしかなと思っていたら、何と女性陣だけで待っていてくれたのです。本当に力づけられました。
 残念なことも。ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソンといえば、エイドで提供されるメロンが楽しみなのですが、今回はバナナだったのです。もちろん、最初のうちはメロンだったのでしょうけど、数が足らなくてバナナになったのだとは思いますが、これはがっかりしました。
 だからという訳ではなく、単に練習不足が最大の原因なのですが、19キロの上り坂はついに歩いてしまいました。何とかもたせていったつもりでしたが、ここでのタイムロスが響いて2時間10分切りはならず。来年こそは、です。
 帰りは浜松駅のメイワンでとろろご飯をいただき、「こだま」で東京へ、そこから乗り継ぎ2回を経て25分程度で北千住駅に着き、東武特急「りょうもう号」に乗れたのは我ながら感動ものでした。

|

« ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソン前夜祭 | トップページ | 狂言「愛すべき食いしん坊たち」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/67535120

この記事へのトラックバック一覧です: 第21回ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソン:

« ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソン前夜祭 | トップページ | 狂言「愛すべき食いしん坊たち」 »