« 「検察側の罪人」 | トップページ | 第8回草津熱湯マラソン »

2018年9月 8日 (土)

草津再訪

 8日から夏休み後半6日間を取得。9日の草津熱湯マラソン出走のため、8日は前日輸送で草津入りすることにしました。
 休みとはいえ朝刊各紙のスクラップ指定などをためることはできず、出発はお昼過ぎに。久しぶりにシャンゴ伊勢崎店へ寄り道し、月替わりセットメニューを楽しみました。サラダ、スパゲティ、メインディッシュ、デザート、ドリンクで1280円(税別)ですから、相当お得です。
 午後1時40分過ぎ、いざ草津へ。遠回りする高速道路を通っても、渋川へほぼ一直線で行ける国道17号バイパス(上武道路)と時間は大してかわらないんじゃないかと思い、上武道路へ。何だかお金をかけないことばかりに執心しているみたいですが、そう見られても仕方ありません。
 草津町には16時過ぎに到着。前日にゼッケンなどを受け取ると、町内の温泉無料利用券をもらえるのです。また、ロハの話になってしまった。
 宿泊したのは草津ナウリゾートホテルです。1~2月の本白根山噴火取材で滞在したのは「草津温泉リゾートホテル」でした。「ナウ」の2文字があるだけで料金は随分と高いのですが、リゾート感は段違いです。2文字がない方には、取材拠点だった町役場や湯畑へ歩いて行けるメリットがあり、ホスピタリティーは優劣つけがたいので、良しあしは一概には言えませんが。
 温泉タダ券をどうするか。ここはホテルから歩いて行ける「西の河原温泉」へ行ってみることに。熱湯マラソンのコースの一部でもあり、坂の厳しさを偵察する意味もあったのですが、率直に言って徒歩でも十分に大変でした。温泉は大きな露天風呂のみで、洗い場はありません。「ナウ」じゃない方のホテルの温泉は硫黄臭がまったくありませんでしたが、ここはほどほどに硫黄の臭いが漂い、ようやくイメージ通りの草津温泉に浸かれた思いです。
 ナウリゾートホテルの大浴場は硫黄臭ほとんどゼロでしたが、熱さはなかなか。気温20度弱だからいいけど、25度以上だったら汗が引かなくて大変だろうな。温泉に入りやすい点では、9月上旬がベストシーズンかもしれません。
 夕食はビュッフェ。知っている限り、ビュッフェとしては最高レベルでした。もちろん、世の中にはもっと上はいくらでもあるんでしょうけど、寿司を頼んでから握ってくれるビュッフェは個人的には初めてです。

|

« 「検察側の罪人」 | トップページ | 第8回草津熱湯マラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/67148851

この記事へのトラックバック一覧です: 草津再訪:

« 「検察側の罪人」 | トップページ | 第8回草津熱湯マラソン »