« 送別会 | トップページ | 「検察側の罪人」 »

2018年8月29日 (水)

小栗上野介ゆかりの地巡り

 起床して支局まで歩いていき、朝刊各紙をチェックした後、車でガストに向かいモーニングを注文。すごく空いているのに、後から来たガキ連れの3世代家族が隣のテーブルを占領し、うるさいのなんの。朝っぱらから運が悪い。
 平日休みの今日は何をしようか。太田では見られない映画を高崎へ見に行こうかと思ったけど、午後からの上映までの時間つぶしが思いつきません。この際、高崎市北西部の倉渕地区へ行き、小栗上野介ゆかりの東善寺をお参りすることにしました。前橋から32キロ、太田へ行くのとほとんど同じ距離です。涼しいので、車の窓を全開して走る。
1dsc_0140_16  東善寺に着いた時は小雨。拝観料を払い、まず資料館へ。日米修好通商条約を批准するために訪米した際の現地の新聞(のコピー)などもさることながら、斬首される時に乗せられた駕籠があったのには驚きました。訪米にはここ権田村からも従者を連れて行ったそうで、中に「佐藤藤七」という、わが父と同じ名前の人(名主だったとのこと)がいたのを初めて知り、いっそう親しみが増しました。
 少し山を上って上野介の墓参り。やぶ蚊が多くてたまりません。猛暑に参っていたやぶ蚊どもにしてみれば、涼しくなっていい餌食がやってきたってとこでしょうか。
 本堂の展示パネルなどを見させていただく。小栗上野介への関心は大学に入った頃、星新一の「はんぱもの維新」を読んでからのことでした。司馬遼太郎の「花神」をはじめとする幕末ものにも時々登場してはいましたが、「はんぱもの維新」を読んで、日本の近代化構想プランを明確に描いていたのは小栗上野介が最初だったんだと思ったものです。東善寺の展示を見ると、星新一の短い小説が実によく史料を検討して書かれていたことを実感します。
 BS日テレの「歴史探偵」(だったかな?市川愛之助が司会の番組)で上野介を取り上げた回のビデオが放映されており、見てみることに。30分だろうと思ったら1時間でしたが、たまたま降った豪雨をうまくやり過ごす格好になりました。
 そう何度も来られないから、関連書籍を大人買いすると、応対した住職さんが「東郷平八郎元帥の額は見ましたか」と尋ねてくれました。ビデオで見てその気になっていて、つい忘れていたのでもう一度本堂に上がって見させてもらいました。お昼時でしたが、住職さんも時間があったのか、横須賀製鉄所(=今でいう鉄工所のこと。鉄そのものの生産施設ではない)と富岡製糸場、中島飛行機との関連性などあれこれとお話を聞かせていただきました。
1dsc_0149_16  こうなると、上野介が処刑された川原に残る「偉人小栗上野介 罪なくして此処に斬らる」と銘文が刻まれた慰霊顕彰碑を素通りして帰るわけにはいきません。まずは道の駅「くらぶち小栗の里」で野菜カレーを食べ、桑の実ジュースを飲んでから現地へ。駐車スペースがないので、倉渕郵便局に止めさせてもらい、200mぐらい歩いて慰霊顕彰碑へ。
 昭和の初め頃に建てられたそうですが、「官軍が罪のない人を斬るはずがない」と銘文にイチャモンがついたとのこと。それを収めたのが田中義一で、いずれはこの人も功績が見直されるようになるかもしれません。
 倉渕郵便局のある交差点に「←榛名湖」の表示がありました。まだ行ったことがなく、この際だから寄り道することに。山の上の湖、それだけで十分リゾート感があるのに、あまりすれていない印象があります。静養にはいい所かもしれません。温泉はないけど。
 榛名湖から下りて太田へ戻ろうとすると、途中に群馬県立「日本絹の里」という施設があり、せっかくだからここにも寄り道しました。養蚕から絹織物に至るまでの過程が丁寧に説明されていて勉強になります。多くの蚕に桑の葉を食べさせているのを見ることができ、「ムシャムシャ」ではないけど、「ジクジク」とでも書けばいいのか、蚕が桑の葉を食べる音まで聞こえて、養蚕を知らぬ身にはとてもわかりやすい展示でした。ミュージアムショップで、「足が冷える」とこぼしていた老母用に二重ソックスを購入。それなりに充実した8月最後の休日でした。

|

« 送別会 | トップページ | 「検察側の罪人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/67160532

この記事へのトラックバック一覧です: 小栗上野介ゆかりの地巡り:

« 送別会 | トップページ | 「検察側の罪人」 »