« 「織田信長と上野国」 | トップページ | 岩宿博物館 »

2018年4月 2日 (月)

猿ヶ京関所、名胡桃城址など

 宿泊した「湖城閣」という名前でわかる通り、猿ヶ京はダム湖に面しています。思い出のドライブインはたぶん南の方にあって、現在は日帰り温泉施設になっている建物じゃないかと思います。「湖城閣」は北の方で、ここへの進入路と国道17号の交差点に「猿ヶ京関所跡」がありました。
 滅多に来る場所じゃないので200円払って資料館を見学すると、意外にディープな歴史スポットでした。幕末に活躍した川路聖謨が佐渡奉行として赴任する際の通行手形や再現した食事のレシピ、良寛さまが通ったことを示す史料とか、なかなか見応えがあります。関所の建物自体、細工が見事な桟や欄間がよく残っていました。
 帰りは関越道を通らず、その昔の帰省と同じく国道17号を走ることに。どの辺りだったかわかりませんが、1969年夏の全国高校野球選手権決勝戦、三沢対松山商の延長18回引き分け試合は新潟から戻る際に車のラジオで聞いていました。暑かったし、何だか道も土埃っぽかったような覚えもあります。
 月夜野に着く前、名胡桃城址がありました。猿ヶ京関所資料館の人に勧められたので寄ってみたら、山城(というか砦)の造りがよくわかるように整備されていました。ここにも資料館があり、のぞいてみると上毛新聞に連載された「真田三代」の名胡桃城に関する章が展示されています。何となく面白そう。大河ドラマ「真田丸」はほとんど見ていなかったからわからなかったけど、ここは結構重要な場所だったのです。太田に帰ったら読んでみよう。
 せっかくだから、沼田城址も見に行く。結論を言うと、全体が公園化されていて、城址としてはしょぼい印象です。明治期の貴重な建物は立派でしたが。
 この先、渋川市の国道17号沿いに「永井食堂」というもつ煮定食で有名な店があるというので、昼食に寄るのを楽しみにしていました。ところが、道路工事で渋滞しており、やっと着いた店は店で駐車場が大混雑です。さっさと諦め、太田に戻って「いきなりステーキ」となってしまいました。

|

« 「織田信長と上野国」 | トップページ | 岩宿博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/66639788

この記事へのトラックバック一覧です: 猿ヶ京関所、名胡桃城址など:

« 「織田信長と上野国」 | トップページ | 岩宿博物館 »