« 草津5日目 | トップページ | また草津~計6日目 »

2018年2月 4日 (日)

初めて聴く生「第九」

1dsc_0572  昨年11月のジュビロ磐田メモリアルハーフマラソン「前夜祭」で、磐田のK兄貴が「第九」合唱をやり始めて発表会があるというので、みんなして観に(聴きに)行こうという話になり、今日4日、静岡県袋井市の「月見の里学遊館 うさぎホール」で開かれました。
 草津出張から休みなく働かされたせいもあって?、あわてて準備したため、K兄貴が送ってくれた肝心の招待券を忘れる大失態をしでかしましたが、「当日券を買えばいいさ」とケチな僕でも簡単に開き直れるのがアマチュアの発表会のいいところ。朝は東京駅に出て、久し振りに果実園で「ミックスベリーパンケーキ」をいただきました。「あまおうパンケーキ」は2200円と、手を出せませんでした。かつて1000円で食べられたのは余程の幸運だったのかもしれません。
1dsc_0579  正午過ぎに袋井駅に着き、迎えに来てくれたM兄貴の車で会場へ。上州の空っ風はこの冬、割とおとなしいのですが、遠州の空っ風は容赦ありません。開演前にボウタイ姿のK兄貴やほかの応援メンバーと懇談し、入場券もK兄貴の奥さんが余分に持っていたものをありがたく頂戴しました。午後2時に開演。ソリストたちの歌声を楽しんだ後、いよいよ「合唱」です。演奏は掛川市民オーケストラ。
 第九の合唱を生で聴くのはこれが初めてです。500人収容ぐらいのホールだから結構響くのかと思いきや、オケの後ろ側に立つ合唱団の声は小さいってことはないものの、レコードで聴く「合唱」みたいに音が迫っては来ません。みんなあれだけ口を開いて一生懸命歌っているのに。
 これが「生演奏」ってことなんでしょう。レコードはバランスよく聴こえるよう調整していますが、ステージはそうはいかないのでしょう。男性と女性の人数差(女性が倍ぐらい多い)も影響していたかもしれません。ソリストたちの声は十分に響いており、プロの凄さを感じさせられました。
 アマチュアの第九「合唱」団は各地にありますが、「自分で歌ってみたい」と思う人がK兄貴をはじめとしてこんなにいるのを目の当たりにすると、「豊かな人生を過ごす」ってこういうことなのかなと羨ましさも感じました。

|

« 草津5日目 | トップページ | また草津~計6日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/66437483

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて聴く生「第九」:

« 草津5日目 | トップページ | また草津~計6日目 »