« 伊香保温泉! | トップページ | 2017年食べ嵐日記 »

2017年12月19日 (火)

「隅田春妓女容性-御存梅の由兵衛-」

1dsc_0190  タイトル、一目で読めたらよほどの歌舞伎通でしょうね。「すだのはる げいしゃかたぎ-ごぞんじ うめのよしべえ-」だそうです。
 平日休みで、例によってイープラスでディスカウントのチケットを入手し、朝から東武伊勢崎線「りょうもう」号で上京しました。北千住で半蔵門線に乗り換えるだけなので、太田から国立劇場は案外、行きやすいです。時間はかかりますが。
 正午開演。自分の両隣は空席だったので、リラックスして観られました。後ろのおばはん軍団がやかましかったけど、幕が開いてからはおとなしかったのでよかった。
 「今様三番叟」は能楽の三番叟をアレンジしたものの一つだそうですが、天下泰平を祈る三番叟に対し、平家の姫が源氏の白旗を見ようによっては弄ぶのは、何だかなあって気がしました。
 30分の休憩があり、劇場3階の軽食レストランで中華風ビーフシチューをいただく。国立劇場に来ると食事は結局、これになっちゃう。
 いよいよ「隅田春妓女容性-御存梅の由兵衛-」。正直言って、プログラム(筋書)とイヤホンガイドがないと、何が何だかわかりません。登場人物が多く、その人間関係が複雑なのです。
 中村吉右衛門演ずる由兵衛は、遊び人の時の遠山の金さんみたいな人ですが、その正義の味方がやむにやまれず強盗殺人を犯してしまい、しかもそれが水泡に帰しかねないという、やるせない展開です。そのままでは終わりませんが、でも何か胸につかえが残る物語ではありました。

 終演後、大手町の本社にある診療所に寄って、インフルエンザの予防接種を受けました。太田でやってもいいのですが、本社だと書類の提出がなしで済むので楽なのです。長居は無用なので、さっさと北千住へ向かい、「りょうもう」号で太田へ帰りました。

|

« 伊香保温泉! | トップページ | 2017年食べ嵐日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/66202311

この記事へのトラックバック一覧です: 「隅田春妓女容性-御存梅の由兵衛-」:

« 伊香保温泉! | トップページ | 2017年食べ嵐日記 »