« 運を考えさせられた上州太田スバルマラソン | トップページ | 武将の愛した狂言 »

2016年11月 3日 (木)

上州名物空っ風に負けた…ぐんまマラソン

 本来はこの秋最大の目標だったわが菊花賞「ぐんまマラソン」ですが、調整遅れが甚だしく、ロング走のつもりで走ることに。しかし、現実は厳しかったのでした。
 33キロ地点の救護所で一旦は棄権を申告せざるを得なかったほど、両脚のけいれんがひどかったのです。タイムは遅いとはいえ、これまで一度たりとも棄権したことはなかったのに…。屈辱感はあったけど、故障には勝てません。
 救護室で消炎スプレーを借りて両脹脛、足裏にかけると、症状が軽くなりました。棄権すると、収容バスでゴール会場に向かうのですが、そのバスが到着するまで1時間近くかかるとのこと。
 「だったら歩く」と棄権の申告を取り消し、再びゴールへ向かうことにしました。途中のエイドにはバナナしか残っておらず、当地の名物など何一つ口にすることができなかったけど、ここには梅で味付けした蒟蒻があり、これがおいしかったこと。エネルギーの足しにはならなかったとはいえ、ね。
 歩けば歩いたで、強く冷たい北風にさらされて脚の筋肉全体が硬直してしまうので、大丈夫な程度で走り、けいれんが来そうになったらまた歩くのを繰り返し、最後2キロは余力も尽きて、見栄でゴール前を走ることさえできなかったほど。5時間23分台のタイムは予定より40分以上遅く、初挑戦だった第1回ちばアクアラインマラソンに次ぐ自己ワースト2位でした。
 原因は練習不足、それ以上に普段歩かなくなって脚力が落ちたこと、上州名物空っ風の影響を全く考えていなかったこと。太田に戻り、野間フィットネスクラブの「源泉 湯乃庵」で長風呂をしていたら、割と疲れが早く取れた感じでした。
1dsc_0305 フィニッシュラインを示す横断幕が吹き上がってしまうほどの強烈な向かい風が立ちはだかった「ぐんまマラソン」

|

« 運を考えさせられた上州太田スバルマラソン | トップページ | 武将の愛した狂言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/64449613

この記事へのトラックバック一覧です: 上州名物空っ風に負けた…ぐんまマラソン:

« 運を考えさせられた上州太田スバルマラソン | トップページ | 武将の愛した狂言 »