« 地震頻発 | トップページ | 上州名物空っ風に負けた…ぐんまマラソン »

2016年10月23日 (日)

運を考えさせられた上州太田スバルマラソン

1dsc_0295  市民マラソンは普通、走り終わったら記録証をもらい、着替えをしたらさっさと帰るものですが、23日にあった上州太田スバルマラソンは例外でした。ほとんどと言ったら大げさですが、参加者の少なくとも7割は閉会式に残っていました。
 お目当ては特賞がスバルの軽自動車という大抽選会です。ほかにも5万円の旅行券とか折り畳み自転車とか、賞品は複数あって、それに外れてもゼッケンの下一桁賞が二つあるから、5人に一人は何か当たるのです。
 ずいぶんと市民マラソンには参加しましたが、これほど賞品が豪華な大会は初めてです。
 抽選で呼ばれた人がいない場合、一定の時間が過ぎたら権利は消滅して、抽選を繰り返すのがルールでした。驚いたことに、せっかく当選していながら、既に帰ってしまった人が結構いました。特賞の軽自動車もそうだったのです。
 幸運がすり抜けていくのを目の当たりにさせられた思いがしました。参加者5500人台で、抽選会への参加は制限時間内での完走が条件。特賞は高校生以下は除外ですから、実際は3500分の1ぐらいの確率だったんじゃないかと思います。
 スタンダードでオプションなしでも、軽自動車なら70万円ぐらいはするんじゃないでしょうか。それが当たる確率としては割と高い方なのに、みすみす逃してしまった人がいるとは…。逃した人にはお気の毒ですが、こればかりは運というか、運をつかまえる準備の差なのでしょう。ちなみに、小生は下一桁賞も当たりませんでした。
 ハーフマラソンは、やはり調整不足が響いて2時間1分50秒でのフィニッシュ。多少日差しが強かったとはいえ、ほぼフラットなコースだけに、2時間を切れなかったのはショックでした。息が持たなかったのではなく、脚力が落ちていたのが原因です。車で仕事をするようになって、歩く時間が激減したことが響いたようでした。11月3日の群馬マラソンに不安を残す格好です。

|

« 地震頻発 | トップページ | 上州名物空っ風に負けた…ぐんまマラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/64416554

この記事へのトラックバック一覧です: 運を考えさせられた上州太田スバルマラソン:

« 地震頻発 | トップページ | 上州名物空っ風に負けた…ぐんまマラソン »