« 葉室麟「星火瞬く」(講談社文庫) | トップページ | 「築地すし好 和」で朝ごはん »

2016年7月30日 (土)

土用干しなど

 やっと梅雨が明けた快晴の朝、強い日差しを避けられる行田公園でLSD。キロ7分30秒ペースで淡々と2時間走った後、ピーターパンに向かってモーニングをいただく。そこからイオンまで走って、トータル19キロに。
1dsc_0112  走る時は憂鬱な日差しだけど、土用干しにはうってつけです。1年もの?の「梅のらっきょう酢漬け」を取り出して、ベランダに並べました。本当はざるを使うべきなのですが、持ってないし、要は好ましい程度に乾けばいいんです。去年も何とかなったことだし。あと2日、好天が続きますように。できることなら、日曜の朝だけくもりになりますよう。
1dsc_0121  冷凍庫の中に、賞味期限が大幅に過ぎた一口サイズの焼鮭を発見。処分してもよかったけど、先日、スマートニュースのグルメチャンネルで「鮭の炊き込みご飯」のレシピを読んだこともあり、試しに作ってみることに。
 レシピといったって、塩鮭を適当なサイズに切ってお米と一緒に炊くだけでした。まあ似たようなもんだろうと適当な数の冷凍焼鮭を白米+発芽米に放り込み、然る後に炊飯器スイッチオン。
 炊き上がりの蒸気が噴き始めると、割といい匂いじゃないですか。鮭の身をほぐしてご飯と混ぜ、期待を込めて口に運んでみると…。
 そんなにまずくはなかったけど、自分で作ったから食べられるレベルだと言わざるを得ません。思い出しましたがこの焼鮭、皮の味がもともと悪く、ここまで冷凍しっぱなしとなるとなおのことでした。
 普通に塩鮭を入れて作れば、きっとおいしいと思います。
 今夜は隅田川の花火。会場から遠いわが家からも小さいながら見えました。浦安の花火も見えて、ちょっと贅沢な夜でした。

|

« 葉室麟「星火瞬く」(講談社文庫) | トップページ | 「築地すし好 和」で朝ごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/63988640

この記事へのトラックバック一覧です: 土用干しなど:

« 葉室麟「星火瞬く」(講談社文庫) | トップページ | 「築地すし好 和」で朝ごはん »