« 生まれ故郷・谷保探訪 | トップページ | 第14回多摩川ロードレース »

2016年2月14日 (日)

むかしのくらし展

1p1040840  朝の雨で多摩川ロードレースが出走取消になったとしても、これは見学しておこうと思ったのは、くにたち郷土文化館で開かれている「むかしのくらし展」です。
 矢川駅からロードレース会場に向かう途中、郷土文化館があったので、帰る途中に立ち寄りました。館の名称からこじんまりとした建物を想像していましたが、かなり立派な建築です。
 リーフレットによると、明治100年の節目だった1968年、国立第一小学校のPTAが少し昔の民具を集めて「くらしのあゆみ展」を開き、その11年後に国立市民具調査団が結成されて本格的な調査が始まったとのこと。
 僕が入学するはずだった年に、一小でそんな展示があったとは。遥か後の1995年、戦後50年のやはり節目の年に、自分の仕事としてこうした民具について調べた身としては、宿命的なつながり?を感じずにはいられません。それにしても、こんなに優れた調査があったことに行き当たらなかったとは、21年前の自分の未熟さに今更ながら恥じ入るばかりです。
 展示には、79年から行われた調査当時のカードもありました。これがまた、実に丹念に記録されており、関わった人々の真摯な思いが伝わってきます。
 火鉢とか練炭は見覚えがありますが、提灯やがんどうとなるとさすがに…。ミシンは母が使っていたのと同じタイプでしたが、展示品のSINGERがオリジナルで、家にあったジャノメなどはそのコピー商品だとのこと。
 ところで、郷土文化館でこれまでに行われた企画展の図録類が販売されており、この先いつ来られるのかわからないから、10冊ほど大人買いしました。学芸員の人もちょっとびっくりしたようでしたが、生まれ故郷を40年ぶりに訪ねたと話すと喜んでくれました。
 矢川駅までの途中にあったスリランカカレーの店で昼食をとり、立川に戻って中央線~東西線~総武線と乗り継いで帰宅。

|

« 生まれ故郷・谷保探訪 | トップページ | 第14回多摩川ロードレース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/63341069

この記事へのトラックバック一覧です: むかしのくらし展:

« 生まれ故郷・谷保探訪 | トップページ | 第14回多摩川ロードレース »