« コロコロダイヤ | トップページ | むかしのくらし展 »

2016年2月13日 (土)

生まれ故郷・谷保探訪

1p1040644  14日の多摩川ロードレース(10キロ)に参戦するため、東京・立川で前泊することに。土曜日の午後、まず国立駅で途中下車しました。
 ここは僕の生まれ故郷なのです。といっても、学園都市の辺りではなく、もっと多摩川に近い谷保の方。谷保を訪ねるのは、祖父が亡くなって以来、四十数年ぶりで、ロードレースよりはこっちの方が楽しみなのです。
1p1040652 大学通りを南へ。洒落た家が目立つけど、自分の記憶とは無縁な景色でしかない。
1p1040655 第一団地が見えてきた。この辺りからが少しは覚えている風景になる。
1p1040657 JR南武線谷保駅。「やほ」が正式な読み方だけど、地元では「やぼ」である。
1p1040667 踏切を渡ってさらに南へ。突き当りに見えるのは…。
1p1040668 谷保天満宮。5歳の時、七五三のお参りをした思い出の場所です。
1p1040687 ここはほぼ50年ぶり。本殿などは記憶になかったけど、この水が流れている岩を見て記憶が蘇りました。ここで記念写真を撮ったのです。もっとも、父がカメラの扱いに不慣れだったせいか、写真は残っていないのですが。
1p1040697 神主さんのお祓いを受けたのはここだったろうか。最前列に座っていた僕は、聞いたことのない「かしこみかしこみ」がおかしくて一人、笑い出してしまい、両親は今でも「恥ずかしい思いをした」と言う。
1p1040700 甲州街道を西へ。途中、右(北)に折れると、そこにあるのは…。
1p1040706 富士見台幼稚園。5歳の夏に三鷹市から転入し、ここを卒園しました。こんなにカラフルじゃなかったけど、当時から鉄筋コンクリート造り2階建ての園舎で、プールもあった(今はない)ハイカラな幼稚園でした。月謝が高くて両親としてはかなり大変だったそう。
1p1040723 さらに北へ行き、南武線を越えると左に見えるのは第三団地。
1p1040729 第三団地北側の道路を西に進むと、あった。「富士見台ストアー」が。母に連れられてよく買い物に行った店で、当時、二階にあった歯医者にも通った。優しい先生だった。
1p1040740 甲州街道へ戻るために南へ。この踏切辺りで、昔は線路に耳を当てて電車の音が聞こえたら逃げる遊びをよくやった。遮断機なんて当時はなかったし。
1p1040746 昔はこの辺り一帯が畑だった。長ネギを抜くいたずらは楽しかった。ごめんなさい、農家の皆様。
1p1040748 細い道を抜けて不意に現れた甲州街道にかかる「国立1小前」歩道橋。姉が1小に通っていて、PTAの会報に書き物を頼まれた父が「交通量の多い甲州街道を子供が横断するのは危険だから、歩道橋を設置すべきだ」とか何とか書いたら、本当にできてしまったという。もちろん、それが主な理由ではなかったろうけど。
1p1040771 歩道橋を渡った突き当りが国立第一小学校。その手前、左側の角にあるのが…。
1p1040774 地元では「かどみせ」と呼ばれる高柳商店。母が子供の頃からあったというから、80年以上は営業しているはず。懐かしくなって買い物をし、店の若奥さんに聞くと、今でも一小の子供たちは「かどみせ」と呼んでいるとのこと。こんなことが妙にうれしく感じる。
1p1040778 母の実家、すなわち僕が生まれた場所はさらに南へ行った所。昔はもっと鬱蒼とした雑木林で、夜は本当に闇だったような覚えがある。
1p1040786 この立派な「城山(じょうやま)」の門柱のすぐ南側に母の実家があった。今はこの周辺一帯が「城山公園」として整備されている。
1p1040790 道を曲がると下り坂。左側は、地元で「ハケ」と呼ばれる河岸段丘。貴重な地形が残っているとして、今じゃ結構、貴重な扱いを受けているようです。
1p1040799 道を下りきった先はヤクルト中央研究所。僕が幼稚園に通っていた頃、クロレラ研究所としてできたのが始まりだったと思う。
1p1040803 畑がいくらか残っているものの、僕が子供の頃は全部田んぼだった。
1p1040806 城山公園の入口近くには、立派な古民家が移築されている。
1p1040821 再び甲州街道に戻り、歩道橋の上から西側を望む。幼稚園に通っていた頃の家は、甲州街道沿いの北側にあった。
1p1040760 唯一の手掛かりは二軒西隣が酒屋だったことだけ。すると、車が走っている辺りに当時の「わが家」があったのだろうか。
1p1040758 酒屋から西へ行くとある農協の建物。ここで祖父(=母の父、植木屋)が入学祝いのランドセルを買ってくれた。
1p1040824 だいぶ日が傾いてきた。宿泊先のある立川へ向かうため、南武線矢川駅へ歩を進める。
1p1040829 当時も矢川駅は橋上駅だったけど、もちろんこんなに瀟洒ではなかった。電車を待つ間、トイレに寄ったら、ホテル並みの内装だったのにはびっくり。
1p1040832 JR立川駅北口。往時の記憶などなく、あまりの賑わいぶりに驚くばかり。
1p1040835 右側の「From中武」はその昔、中武デパートといい、叔母(母の妹)がエレベーターガールをしていたことがあります。ドン・キホーテの建物は、かつてはダイエーで、胃がんで入院していた祖父の見舞いで時間を持て余した父が僕を連れて、食品売り場の一角にあった寿司屋(今の立ち食い店くらいの感じ)でごちそうしてくれたことがあります。寿司をつまんだのはもちろん初めてで、今なお、あの時の寿司が一番おいしかったように思えてなりません。

|

« コロコロダイヤ | トップページ | むかしのくらし展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/63276598

この記事へのトラックバック一覧です: 生まれ故郷・谷保探訪:

« コロコロダイヤ | トップページ | むかしのくらし展 »