« 第5回大阪マラソン前夜祭 | トップページ | 第5回大阪マラソン »

2015年10月24日 (土)

初めてのLCC

 いよいよ第5回大阪マラソンへ。
 例年、羽田から全日空で伊丹へ向かっていたのですが、今回は成田からLCCを利用して関西空港へ行くルートで大阪入りすることにしました。
 成田空港へ行くのも、お初のスカイアクセスに乗ろうかと思ったものの、京成本線で行くのと大して時間は変わらないので、安くて済む京成を選択。
1dsc_1800  空港第2ビル駅で降りて、歩いてLCC線用の第3ターミナルへ向かう。これも運動のうち。
 およそ700m弱ですが、アーケードの屋根に示されている距離表示はなかなかいいデザインです。
 そうこうするうちに、第3ターミナルビルに到着。LCCはLaw Cost Carrierすなわち格安航空会社の略称ですが、だからと言って専用ターミナルビルも、ここまで安普請感を漂わせなくたっていいんじゃないかって気がします。●オンモールによくある、壁はきれいでも天井を見上げると配管丸見えといった感じです。そのきれいな壁も、何も飾っていないから殺風景そのものでした。
 出発まで時間があるので、どこかでお茶でもと思いつつ歩いていると、それこそスーパーのフードコートみたいな場所がありました。実質本位で食事を摂れるのは好ましいながら、ジューススタンドなどは見当たりません。
 結局、めんどくさくなって飲み物は断念。
 そうそう、LCCというと、ネット広告などで国内線でも全日空などの半値近い航空運賃をアピールしています。僕もそれにつられたのですが、実質的には半値ではありません。
 座席指定料などを払わなければならず、そうした上乗せ分が積み上がると、大阪までの運賃は全日空より3000円くらい安い程度でした。
 時間帯や時期によってはもっと割安なのかもしれませんけど、何となく肩すかしを食った気もします。まあ、安いことは確かだから、この点に文句は言えません。
1dsc_1807  利用したのはジェットスター。今時、タラップで搭乗するとは思いませんでした。「低価格」を実現するために無駄を徹底的に省いているとのことですが、モニター画面はないし、座席の前後は狭いし、背もたれと座面との間に布だけの部分があるので、後ろの席に脚の長い人が座ると、その人の膝が腰に当たって少々不快にもなります。
 また、CAの話す英語アナウンスが、英会話のままならない僕の耳には、どうも英語っぽく聞こえませんでした。あくまで「気のせい」ですが、英文をカタカナで書いた紙を読み上げると、ああいう感じになるんじゃないかと思います。

|

« 第5回大阪マラソン前夜祭 | トップページ | 第5回大阪マラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/62588416

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのLCC:

« 第5回大阪マラソン前夜祭 | トップページ | 第5回大阪マラソン »