« 鹿教湯温泉「つるや旅館」 | トップページ | 友に連れられて善光寺参り »

2015年4月18日 (土)

善光寺前立本尊御開帳

1dsc_1518

 旅のメーンイベントは善光寺参り。数え年で七年ぶりという前立本尊の御開帳がお目当てです。
 善光寺に詣でたのは、中学1年の夏休みの家族旅行以来のこと。上野から軽井沢辺りまで急行で立ちっぱなしで、かなりくたびれた思い出がありますが、今回は友人の運転する車で3時間ほどで到着し、40年の歳月を思わずにはいられません。
 御開帳については何の予備知識もなく、現地での説明を受け売りすると、写真の中央に写っている回向柱と本堂に安置されている前立本尊と「善の綱」でつながっていて、回向柱に触ると、前立本尊と結縁で叶うと信じられているのだそう。並ぶこと30分ほどで触ったのですが、実はそういう由来と知ったのは後からでした。(^-^;
 前立本尊の参拝はもういいかと一瞬、思ったものの、案外、行列になっていなかったので参拝券(500円)を買って本堂内陣に入ってみました。中は人、人、人。待つこと1時間ちょっとで前立本尊に手を合わせることができました。
 ここまで来たら、お戒壇めぐりを楽しまずに帰るわけにはいきません。暗闇の回廊を壁づたいに歩き、ご本尊の真下にある「極楽の錠前」に触ると、ご本尊と結縁されて極楽往生が約束されるという。
 入ってみて、それこそ本物の真っ暗闇を初めて体験しました。渋滞しているからゆっくりと進まないと前にいるE氏にぶつかるし、かと言って前が進んだ気配もわかりません。壁づたいに時々曲がったりするから方向もわからなくなってしまったけど、どうにか錠前を触ることもでき、前ともそう離れることなく外へ出ました。
 ここ何年かでは、一番ワクワクした経験かもしれません。

|

« 鹿教湯温泉「つるや旅館」 | トップページ | 友に連れられて善光寺参り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/61493042

この記事へのトラックバック一覧です: 善光寺前立本尊御開帳:

« 鹿教湯温泉「つるや旅館」 | トップページ | 友に連れられて善光寺参り »