« 今のわが家 | トップページ | マキタのターボ »

2015年1月25日 (日)

第13回新宿シティハーフマラソン

1dsc_1420  東京マラソンの前哨戦としても人気の新宿シティハーフマラソン、抽選に当たって出走することに。
 雲ひとつなく晴れ、ほぼ無風と絶好のコンディション。スタート会場は今回から神宮球場になりましたが、あまり階段を上らなくてもいい内野席の前列から使わせてくれるのはありがたい。千葉マリンスタジアムだと、5階ぐらいは上らなければならず、終了後は特に厳しいのです。
 午前9時スタート。昨秋のフルマラソンが終わった後、練習はしても20キロ未満ばかりのせいもあって重め残りだから、2時間を切れれば御の字です。
 大学に入って最初に住んだのが新宿区、今の防衛省の近くでした。それだけに、このハーフマラソンのコース沿いにはいろいろな思い出の場所があります。心臓の検査や小指の軟骨腫瘍の除去手術をした慶応病院、よく買い物をした四谷三丁目のスーパー「丸正」、四谷駅までの通学路だった外堀通り、そして何と住んでいたアパート「京都荘」(今は「京都荘ビル」という立派な建物になっている)の前を通って防衛省正門前を左に折れて靖国通りを新宿駅方面へ。あぁ懐かしい。もう30年以上も前のことだけど。
 その後も、最近行くことの増えた国立能楽堂前を通り、2周目は四谷三丁目を左折して新宿通りを走る。この辺りで、タイムを計測していた腕時計が13キロ通過時に止まっていたことに気付き、ボタンを押し直したものの、トータルのタイムはわからなくなってしまったのが、唯一のトラブルでした。
 それはともかく、新宿駅に向かう途中にある約1キロの御苑トンネルを走り抜ける貴重な経験ができるのも、この大会の特徴です。
 重め残りとはいえ、走り出すと案外、息ももっている感じなので、いつもは残り5キロまで抑えめに行くのを、今回は中間点過ぎぐらいからペースをアップしてみました。押し切れるかと思ったのは甘く、18キロ過ぎでペースが落ち、フィニッシュ前は一杯でした。左のふくらはぎがつりそうな気配もありましたが、こちらの爆弾は破裂せず。
1dsc_1421  さっさと着替えや後片付けを済ませ、地下鉄とJRを乗り継いで船橋へ。寝不足続きだったせいか、座った途端に眠くなったのには驚きました。コナミスポーツでひと風呂浴びて、予約しておいた鍼灸治療とマッサージでリラックスし、もう一度入浴して疲れを取りました。
 誤算だったのはこの後、AJC杯で大本命ゴールドシップが惨敗してしまったこと。勝てば地元の回転寿司「もり一」で貪り喰いのはずでしたが、気落ちして取りやめに。でも、代わりに食べた「海老そば まるは」の海老炒飯(=写真)とワンタンスープは満足の行くおいしさでした。

|

« 今のわが家 | トップページ | マキタのターボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/61033863

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回新宿シティハーフマラソン:

« 今のわが家 | トップページ | マキタのターボ »