« ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソン前夜祭 | トップページ | 天宏・かき揚げ丼 »

2014年11月16日 (日)

旧赤松家

 食事の後、せっかくなので旧赤松家を見学することに。M兄貴も「改めて見たことはない」と言うし、K兄貴と合流するまでの時間つぶしにはうってつけでした。
 赤松家とは、明治時代の海軍中将・赤松則良の邸宅です。旧幕臣で咸臨丸の乗組員でもあった則良は、幕府瓦解後、この辺りに移住し、磐田原の茶園を開墾した人でした。明治政府に仕え、海軍の造船部門で活躍したとのこと。長女が森鴎外の最初の夫人だったとか、孫が初代の磐田市長になったとか、この辺りでは「赤松さん」といえば今も敬意を払われる存在です。
 僕がいた頃は煉瓦の塀も古びたままで、中の様子など伺うこともできませんでしたが、実に広い屋敷です。米蔵や図書蔵など、明治時代の建物がどのような特徴を持っていたのかがよくわかる建物がきれいに保存されており、時間をかけて見物できてよかったと思いました。
1dsc_1248 上部や横が切れちゃってますけど、これが旧赤松家の門と門番所です。「フランス積み」と呼ばれる煉瓦造りで、窓のアーチなどが美しい。
 この後、磐田グランドホテル内の「天神の湯」で、ようやくさっぱり。14時ぐらいとなると、ほかのお客さんも1人か2人で、ほぼ独占状態。昨年もそうでしたが、ここの黒湯は体の芯から温まる感じです。
 15時前、K兄貴宅に乱入。これも去年と同じ、違うのは見るレースが「エリザベス女王杯」だってことぐらい。残念ながら、3人とも渾身の予想が外れてしまいました。流れとはいうもののの、秋のG1が5戦連続で重賞未勝利馬の勝利とはね~。
 楽しかった二日間、磐田・袋井の皆様、本当にどうもありがとうございました。

|

« ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソン前夜祭 | トップページ | 天宏・かき揚げ丼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/60711554

この記事へのトラックバック一覧です: 旧赤松家:

« ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソン前夜祭 | トップページ | 天宏・かき揚げ丼 »