« このお皿、欲しい | トップページ | この曇り空はもったいなくて…30キロ走 »

2014年6月25日 (水)

名店たる所以…日清亭

 温泉とゴロゴロの繰り返しとはいえ、部屋掃除のために少しは外出しないわけにもいきません。昼食には少し早かったけど、箱根湯本駅から徒歩3分ほどのハイカラ中華「日清亭」へ行ってみました。
 湯本へ来るようになって15年はたつと思いますが、日清亭に入るのは初めて。これまで行ってみたら定休日だったとか、何かとタイミングが合わなかったのです。
 多くの観光ガイドブックで紹介されている通り、ここの名物は太い竹を転がして作る手打ち麺です。オーソドックスにラーメンを頼みたかったものの、ちょっと暑かったので「おすすめ」と張り出してあった「梅香涼麺」を注文。
1dsc_0942  ところが、5分ほどして若旦那らしき人が出てきて、「申し訳ありません。今日は梅香涼麺ができないんです」と謝りにきました。こちらも「限定10食」に引かれた程度だったので、「それじゃ冷やし中華で」と、すんなりと変更しました。
 さすがに手打ち麺だけあってコシが強く、こんなに歯ごたえのある冷やし中華は初めてです。具も豊富だし、言うことはありません。開店直後だったから無理かなと思っていた麺打ちの実演も見ることができて十分に満足していましたが、食後に「ご希望に添えなかったおわびに」と、杏仁豆腐をサービスしてくれたのです。
 これはサプライズだったし、感激でした。お店とすれば、張り出してあるメニューを注文を受けてから用意できないと言うのはプロとして恥ずかしいという気持ちの表れなのでしょう。名店たる所以を垣間見る思いでした。

 

|

« このお皿、欲しい | トップページ | この曇り空はもったいなくて…30キロ走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/59902607

この記事へのトラックバック一覧です: 名店たる所以…日清亭:

« このお皿、欲しい | トップページ | この曇り空はもったいなくて…30キロ走 »