« 第2回五色桜EKIDEN | トップページ | 野村萬斎狂言の夕べ 船橋公演 »

2014年4月24日 (木)

靴の減り方が変わった

1dsc_0858 1dsc_0859
 1週間前、おもに練習用に使っているシューズを洗って干した後、思いついて、2年前に使っていたシューズと底の減り方に違いがあるかどうか見比べてみました。
 フォアフットランが話題を呼んでいる昨今、自分としても少しは意識して走っているので、その成果が多少なりとも表れているのかとも思ったのですが…。
 フォアフットランは、踵から着地するのに比べて効率的な走りになると言われています。もし、意識が走り方に結びついていれば、自転車に乗った時にペダルを乗せる部分辺りの減り方が目立つはずです。
 写真は、左が今のシューズ、右が2年前のシューズです。残念ながら、両方とも減っているのは踵ばかりで、フォアフット効果なんぞ全く見受けられません。フォアフットを意識して長時間走ると足首の疲労感がひどく、なかなか続けられなかったのだから無理もありません。
 ところで、踵の減り方をよく見ると、2年前は右足の方がより減っているのに、今は左足の減り方が大きくなっています。フォアフットランは身につかないのに、走り方は知らぬ間に変わっていたってことでしょうか。

|

« 第2回五色桜EKIDEN | トップページ | 野村萬斎狂言の夕べ 船橋公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/59521770

この記事へのトラックバック一覧です: 靴の減り方が変わった:

« 第2回五色桜EKIDEN | トップページ | 野村萬斎狂言の夕べ 船橋公演 »