« 自然のなせる芸術? | トップページ | 文楽「御所桜堀川夜討/本朝廿四孝」 »

2014年2月13日 (木)

浜松Cityマラソン1週前追い切り

 先週末は大雪。東京では20年ぶりの積雪20cm超でしたが、その20年前とはナリタブライアンが共同通信杯を勝った日の前日のことです。あの時も東京競馬は日曜開催が中止となり、月曜日に代替開催されたのでした。まだグリーンチャンネルも契約しておらず、ナリタブライアンがどんな具合に勝ったのか知ることができなくて、弱ったものでした。
 そうそう、東京競馬は中止でも京都は開催されていて、ナリタブライアンの兄ビワハヤヒデが京都記念でライスシャワーなどを苦もなく退けて圧勝。本来なら、東西で兄弟重賞制覇という珍しい記録が達成されたはずだったのでした。
 話が脱線し過ぎてしまいましたが、あす14日からまた雪だとのことで、公休の今日は23日の浜松Cityマラソン(ハーフ)に向けて1週前追い切りを敢行しました。ハーフマラソンの追い切りで30km走ってのも妙ですが、1か月後の春の天皇賞、じゃなくて板橋Cityマラソンを見据えてのこと。
 残雪の影響も考えて、前回のコースは走らず、おもに海老川ジョギングロードの周回コースを利用しました。1周2.1kmでほぼ平坦コース、アップダウンもそこそこあった前回のコースよりも楽に時計が出るのではと期待したのですが、そうは甘くありませんでした。30kmは3時間18分ジャスト。前回より4分ほど遅く、僕のような低レベルランナーだとその日の調子でずいぶん時計が変わってしまうのを痛感させられます。
 海老川ジョギングロードは市立船橋高校の陸上選手たちもトレーニングしていて、これがまた速いこと速いこと。サラブレッドと駄馬を比べちゃいけませんけど、同じ人類なのにどうしてこう違うのか不思議なほどです。

|

« 自然のなせる芸術? | トップページ | 文楽「御所桜堀川夜討/本朝廿四孝」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/59126641

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松Cityマラソン1週前追い切り:

« 自然のなせる芸術? | トップページ | 文楽「御所桜堀川夜討/本朝廿四孝」 »