« Qちゃんとハイタッチ…第37回千葉マリンマラソン | トップページ | 市川團十郎丈逝く »

2013年1月27日 (日)

ちばアクアラインマラソン、今年はなさそう(u_u。)

 1月20日(日)
 NHK-BS1で夜9時からランスマ を観ると、冒頭の質問コーナーで金哲彦さんがトレッドミルでのトレーニングについて答えていた。かいつまんで言うと、平らなままでは心肺機能は向上しても走るための脚の筋力はつきにくいとのこと。傾斜をつければ地面を蹴って走る感覚に近くなり、脚力アップに役立つという。
 蒙を啓かれる思い。大げさか。これまでも「トレッドミルは傾斜をつけないとフォームが崩れやすい」といった話は聞いたことがあるものの、漠然としていて意味がわからず、ずっと平らなままで走っていた。確かに、傾斜をつけると平らな時に比べて靴のバタバタ音が静かになる。早く試してみたくなった。

 1月21日(月)
 今日のお昼はマガジンハウス社の東側にある「すし 小川 」でウニ丼(1000円)をいただく。何となく高そうな店で避けていたけど、ランチ看板が出ていたので初潜入してみた。「ウニはぜひ塩で試してみて」という大将の言に従うと、ウニの味が引き立つ感じ。いずれまた来てみたい。

 1月22日(火)
 エグザスでトレッドミルに1.5%の傾斜をつけて1時間走ってみる。おとといの疲れも少し残っていたので9km/hでスタートし、3kmごとに0.5km/hずつビルドアップ。わずかな傾斜だけど、これだけで結構きつい。

 1月26日(土)
 エグザスでトレッドミル1時間。斜度2%で9km/hから9.5km/hにビルドアップしたら、競馬の追い切りで言う「一杯」だった感じ。平らだったら10.5km/hで「強め」ぐらいなのにね~。終了後、なかお鍼灸接骨院で鍼灸治療とマッサージを受けるついでに、ランニングシューズ用のインソールを作ってもらうことに。内股のせいか、アキレス腱にせよ膝周りにせよ内側ばかりに痛みが出るのだけど、インソールで多少なりとも予防できるのならありがたい。出来上がりが楽しみだ。

 1月27日(日)
 本日の読売新聞京葉版に、ちばアクアラインマラソンの経済効果についての記事が掲載されていた。アクアラインの通行止めによるマイナスよりも大会参加者らが県内で消費した額の方がはるかに高いという推計だったが、今年の開催は準備期間不足で困難そうだとのこと。来年こそ雪辱の機会があることを期待したい。
1dsc_0067 今年も満開になったオンシジューム・トゥインクル。甘い香りがたまりません。

|

« Qちゃんとハイタッチ…第37回千葉マリンマラソン | トップページ | 市川團十郎丈逝く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/56641687

この記事へのトラックバック一覧です: ちばアクアラインマラソン、今年はなさそう(u_u。):

« Qちゃんとハイタッチ…第37回千葉マリンマラソン | トップページ | 市川團十郎丈逝く »