« 秋バラ…まだ暑いけど | トップページ | 最終追い切り~帰省 »

2012年10月14日 (日)

ジェンティルドンナ、牝馬三冠

 走り頃の曇り空、競馬のオールドファンなら懐かしい稲葉(幸夫調教師)流日曜追いじゃないけど、本番前にそこそこ長い時間を走る最後の機会を逃すことはできません。午前10時にコナミスポーツクラブ船橋が開館した直後にチェックイン、身支度を済ませて外へ走りに出ました。こうしたランステ的な利用ができるのはとてもありがたいのですが、「90分以内に戻ってくること」って条件は、120分にしてほしいところです。
 週後半には君津に帰省してレースに備えるのですが、そうなると坂道を走れるのは今日ぐらい。そんなことを思いつつ、海老川沿いから夏見台を上り、自宅の近所から行田の坂を上り、最後に国道14号のJR総武線跨線橋を上って、95分14.5kmで帰還。ジェットバスで疲れを落とし、雨の中を帰宅してからはせんねん灸で足のツボをケアし、秋華賞を観戦。
 ジェンティルドンナ楽勝とみていたのですが、さすがに甘くなかった。内枠を利して、内田博幸が押して先頭に立ったヴィルシーナ、その名手がスローペースに落とすと、すかさずハナを奪って大逃げの形に持ち込み、ラスト200mでは勝つかと思わせたチェリーメドゥーサの小牧太、その厳しい展開を追い込んで先頭に立った岩田康誠のジェンティルドンナが三冠達成かと思ったところに内田のヴィルシーナが差し返して…。
 結果、ハナ差でジェンティルドンナが見事に牝馬三冠を達成したのですが、地方競馬出身の名手3人が繰り広げた名勝負に酔いしれるような思いでした。馬券的には、昨日の損を取り返した程度ですが。

|

« 秋バラ…まだ暑いけど | トップページ | 最終追い切り~帰省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/55888778

この記事へのトラックバック一覧です: ジェンティルドンナ、牝馬三冠:

« 秋バラ…まだ暑いけど | トップページ | 最終追い切り~帰省 »