« 変わり種スパゲティー2種@築地・フォーシーズン | トップページ | 久しぶりの盛岡 »

2012年6月 3日 (日)

すべて破綻…喜多マラソン

1024 横浜ロードレース(4月)の反省会の折、酒の勢いでチャレンジすることになった「第50回水無月東京喜多マラソン」ハーフの部。いかに平坦コースとはいえ、この暑い時期に好タイムが出るはずもなく、冷静になると、いったいどんなメリットがあるのかと思ったものですが…。
 大目標である千葉アクアラインマラソン(当たれば、の話ですが)は10月21日なので、暑さは似たような感じかもしれない。ならば、同じような状況でハーフを走り終わった時に、あと10kmはいけると思えるようだったら、フルマラソンのトライアルになるのではないか。
 といった意義付けをしたものの、朝の段階での天気予報は雨で、最高気温も4月初め並みという。じゃあ、抑えないで普通に走るかと方針を変更し、スタート。
 14kmまでは、給水で立ち止まった区間を除けばキロ5分50秒前後のラップを刻み、2時間切りは無理としても、数分程度のオーバーだろうし、それであと10km行けるのなら上出来だろうと思っていました.13km過ぎで走友T嬢に並ぶ間もなく交わされ、ついていけなかったのはショックでしたが…。
 14kmを過ぎて堤防道路に上がると、左に隅田川、右に荒川が流れ、それこそアクアラインを走っているのとイメージが重なります。この辺りまでは、トライアルとして望ましい展開だったのですが…。
 天気が回復して気温が上がり、晴れ間も出てくるようになって、急速にバテてしまったのです。17~18kmは7分2秒!給水所でバナナを食べていたとはいえ、ね。終盤は6分台後半、というより7分をわずかに切るのが精いっぱいで、いつ歩くかを考えているばかり。見栄で走っていたとはいえ、ゴールした時には「もう1mも走れん」という体たらく。何が「あと10kmは行けると思えるように終わりたい」だよ、我ながら。
 2時間9分5秒。初ハーフのジュビロ磐田メモリアル(昨年11月)より遅い。今回が平坦コースだったことを考えれば、ワーストもワースト。順位は真ん中よりやや後ろぐらいなので、それほど悪くはなかったのが唯一の慰めですけど、フルマラソン出走に向けては暗雲漂うといった状況です。
 終了後は、THE SPA西新井で汗を落とし、サイゼリヤで走友3人と反省会。途中、競馬の安田記念を観ていたら、予想は大外れ。何もかもダメだった一日でした。
 

|

« 変わり種スパゲティー2種@築地・フォーシーズン | トップページ | 久しぶりの盛岡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/54870180

この記事へのトラックバック一覧です: すべて破綻…喜多マラソン:

« 変わり種スパゲティー2種@築地・フォーシーズン | トップページ | 久しぶりの盛岡 »