« 春の天皇賞、そして… | トップページ | 鉄砲洲稲荷神社例大祭 »

2012年5月 3日 (木)

菅谷和己選手の走り方教室

 いわゆるGW期間中の祝日・日曜日で唯一の休みだった今日(そもそも5月中に3連休がない…)、最大のお楽しみイベントである「菅谷選手の走り方教室」が14時から、エグザス船橋で。先月中旬に告知があった後、すぐに申し込みました。
 無情の雨でしたが何のその、出かけてみると、定員20人で締め切られた教室にキャンセル待ちの人が10人ほどいました。ランニング人気の高さを感じさせられます。
 菅谷和己さんはSALOMON と契約しているプロトレイルランナー。室内なので個々のフォームチェックはなく残念でしたが、それでもいいアドバイスをいただきました。

 (1)走る前に必ず肩幅で立ち、体の左右のバランスが整っていることを確認する
 (2)腿やお尻の筋肉を意識して片足で立ってみる
 (3)両手を腰に当てたまま腿を高く上げてゆっくりと歩く。足裏全体での着地を意識する

 大したことなさそうですけど、要はふくらはぎの筋肉で走るのではなく、腿やお尻の筋肉を使って走ることを覚えることが大事なのだとのこと。実際、菅谷選手のふくらはぎは非常に細く、足首の上に筋肉の盛り上がりなんかないほどです。
 その他、よい姿勢を保つための腹筋トレーニング2種(仰向けに寝て両足首を少し引き上げ20秒キープ、両脚を上に伸ばして上体を起こしつま先を指で触る=結構きつい)、膝でタオルなどを挟んでのスクワット(腿内側のトレーニング)、肩幅立ちで15秒くらいかけて腰を落とすスクワット(腿外側のトレーニング)などを教えてもらいました。
 「次回は、できれば屋外で教室を開きたい」と菅谷選手は話しており、遠からずそういう機会があることを期待しています。
 解散後、小生は「走っている時に、手は握っていなくてもいいんですか?」と一つだけ質問。「リラックスできるなら、開いていたって構いませんよ」と聞いて安心しました。

|

« 春の天皇賞、そして… | トップページ | 鉄砲洲稲荷神社例大祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/54623592

この記事へのトラックバック一覧です: 菅谷和己選手の走り方教室:

« 春の天皇賞、そして… | トップページ | 鉄砲洲稲荷神社例大祭 »