« 千五郎狂言会 | トップページ | 三色丼@三崎豊魚(鈴木水産) »

2012年3月25日 (日)

第31回佐倉朝日健康マラソン

1009 大不満な結果、でもこれが現状の力…。今日のレースを一言でいえば、こうなります。
 第31回佐倉朝日健康マラソンは気温快晴、気温13度、湿度65%と好コンディションの下で行われました。メーンはフルマラソンですが、参加したのは10kmのほう。会場に到着した頃にフルがスタートし、先頭の選手のスピードにびっくり。だいぶ渋滞しており、ひょっとすると走友H氏の雄姿が見つかるかと思ってしばらく見ていたけど、さすがに多過ぎてダメでした。
 で、自分の走破タイムは55分20秒。昨年10月の流山ロードレースが同じ10kmで55分32秒でしたから、たった12秒し上回っていません。誤差の範囲と言ってよく、期待外れ(自分だけですけど)な結果でした。
 スタート前に描いていたのは、キロ5分20秒イーブンペースで終始走り通して53分台でゴールという構図だったのに。なぜ、かくも違った結果になってしまったのか。
 最大の原因は、入りの1キロが6分48秒もかかってしまったことです。流山の時は6分、最近じゃ練習だって、入りにこんなタイムを見たことはないほどの遅さ。それというのも、スタート直後の渋滞のせいです。だいたい、フルマラソンのスタートで渋滞ぶりは目に付いていたんだから、その時に対策を立てておくべきでした。具体的にいえば、正直に目標タイム「50~60分」なんて所に並ばず、「40~50分」とかに潜り込めばよかったのです。
 とにかく前が壁になって抜け出せない。メジロマックイーンの嵐山ステークスもかくや、と思ったほど。古いか。人込みを捌いたかと思えばまた詰まる。ラフォンテースの桜花賞、たとえにしてもこりゃ古過ぎる。
 ようやく周囲に気を回さずに走れるようになったのは2km過ぎ。もう適当な目標を見つけてついていくなんてことは考えず、自分のペースで走ったのですが、ここから9kmまでは想定通り、キロ5分20秒前後で行けました。感覚的には95%ぐらいの力でしょうか。
 6km過ぎぐらいから、前に職場の同僚(仮にI氏としておく)に後ろ姿の雰囲気が似ている人が走っているのに気付きました。何となく、あくまでも何となくですけど、こいつには負けたくないなと思って離されないようにしていたものの、本人に似て?着実にラップを刻んでいるため、差は詰まりません。
 ようやく8~9kmで捕まえて追い抜き、あとはゴールまで500mを切った辺りで、魔の坂がありました。スタート時には歩くように下っていたから忘れてましたが、コース図で確認すると300mで25mぐらいは上る急坂だったのです。上っているうちに歩幅がどんどん狭くなっちゃって、当然失速。そしたら、あのIの奴、じゃなくてIに似た奴にあっさりと交わされてしまい、上り切って陸上競技場のトラックに入っても差し返す気が起らず(暑くなっていたせいか)、ラスト1kmは5分40秒に終わったのでした。
 流山の時はフィニッシュした後、「もう5kmぐらいなら同じペースで走れる」と思ったものですけど、今回は「あと2kmぐらいしかもたないな」ってのが正直なところです。
 大会そのものは、地元中学の陸上部員ら運営スタッフが多く、送迎バスも記録証の発行もあまり待たされず、快適でした。走った後ってこともあるにせよ、無料でいただいたパンは小さかったけどおいしかった。

|

« 千五郎狂言会 | トップページ | 三色丼@三崎豊魚(鈴木水産) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/54308274

この記事へのトラックバック一覧です: 第31回佐倉朝日健康マラソン:

« 千五郎狂言会 | トップページ | 三色丼@三崎豊魚(鈴木水産) »