« さらばシンボリルドルフ | トップページ | 俺の空 刑事編 »

2011年10月 9日 (日)

流山ロードレース

 初めて一人で参加する大会。10km、トップクラスは30分ちょっとで走っちゃいますが、僕は1時間を切れればいいかぐらいの目標です。昨年、この大会に出た駅伝仲間のH氏が52分ちょっとで走ったといい、ならば55分台を目指したいところですけど、このところ、マシンで11km/h(=10kmをほぼ55分で走れる)で練習しても、30分しか保たずにバテバテになってしまうばかりなので、あまり時計は意識しないようにしたのです。
 会場は流山おおたかの森駅のすぐ近く。船橋の自宅から50分とかからずに到着し、然るべき陣地を確保してウォーミングアップ、開会前イベントの見物、そして目標タイム別の列に並ぶはずが…。
 トイレの列で待っているうちにスタート地点への移動が始まってしまい、やむを得ず、最後尾についていくことに。ピストルが鳴ってからスタート地点に着くまで3分以上かかって、ようやく走り始めました。
 周囲は目標タイムが70〜80分以内と、完走しさえすればいいという人たちばかりなので、僕が言うのも何ですけど超スローペースです。後れを挽回しようなどと意識しなくても、自然に追い越してしまう。(ブエナビスタはこんな気分で走っているんだろうな)と思いつつ、知らず知らずのうちにペースアップをすることができたみたいでした。
 人込みをぬって行くのが大変だった入りの1kmは6分でしたが、その後は1km=5分30秒前後のペースに。前の日記でも書いた通り、このレースはあくまでも来月のジュビロ磐田記念ハーフマラソンのトライアルで、息が荒れていない状態でゴールすることが狙いです。駅伝の時より1km当たり10〜20秒ほど遅いペースなのに、周囲のランナーの息づかいを聞いていられるほど余裕があったのは不思議なくらいです。若い女性が呼吸を乱しているのが、何ともなまめかしく聞こえるのは困ったものでしたが…ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ。
 アップダウンが多いとは聞いていたものの、平坦な道は全体の3分の1ぐらいしかなかったかもしれません。終盤になると上り坂はきつくなってきましたが、ほとんど追い抜かれることもなく、ラスト1kmは5分3秒とついスピードアップしてしまい、55分32秒でゴールイン(ピストルが鳴ってからのタイムは58分21秒)。でも息は乱れていない。あと5kmくらいなら、同じペースで走れると思う。駅伝ではいつも「もう1mも走れない」と思うのに。
 骨折から復帰したテンポイントが3着になった35年前の京都大賞典で、関西テレビの杉本清アナウンサーは「今日はこれで充分だ、テンポイントは3着で充分だ」と思わず叫んでいました。
 僕も「今日はこれで充分だ」です。理想を言えば、あと5kmじゃなくて、同じコースをあと1周できると言える余裕を残したかったものの、ハーフマラソンへの不安をいささかなりとも払拭することができたのは大きな収穫でした。
 帰宅してから見た今年の京都大賞典、斤量負けしやすいタイプと思って切ったローズキングダムが59キロを克服して楽勝。年明けからパッとしなかったのは、斤量の問題ではなく、春先が好きじゃないせいだったのか。左回りの方がいい馬だけに、天皇賞が楽しみになってきました。

|

« さらばシンボリルドルフ | トップページ | 俺の空 刑事編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/52987738

この記事へのトラックバック一覧です: 流山ロードレース:

« さらばシンボリルドルフ | トップページ | 俺の空 刑事編 »