« 能「鉢の木」 | トップページ | 女殺油地獄 »

2011年2月13日 (日)

箱根・湯本見番

 12日から箱根湯本で静養。特に理由はないものの、この何年か判で押したようにこの時期に来ています。
 昨年は3日とも雨にたたられ、今年も12日は雪予報で山の高い所は真っ白ながら、湯本辺りはみぞれ程度でした。
110213  今日13日はすっかり晴れ。昼食へ出るついでに、「湯本見番」を見させてもらうことに。見番とは、旅館やホテルに芸者さんを手配したり、芸者さんが歌や踊りの稽古をする場所のこと。
 1月にテレビ朝日系「大改造!!劇的ビフォーアフター」で、この建物のリニューアルの様子が放映されたそうで、それを見ていた母が「行ってみたい」と言い出したのです。
 名のある温泉街だから芸者さんがいて当たり前なのですが、うちは家族旅行で夜の街を出歩くことはなかったこともあり、ここに置屋さんがあること自体、知らずにいました。場所もわからず、ホテルで尋ねると「国道沿いのセブンイレブンの裏辺り」とアバウトな答えでしたけど、ほぼその通りの場所にありました。
110213_2  リニューアルして舞台を降ろした1階は自由に見学させてくれ、この通り舞台にセットされたテレビで番組のビデオを流していました。お薄と菓子の振舞い(500円)もあり、事実上の入場料?(なかなか断りづらい)となっています。
 舞台の背後が箱根特産の寄木細工風ですが、これは廃材を使ってその雰囲気を出したとのこと。また、幕も古い帯を再利用して作ったのだとか。
 湯本といってもホテルのある駅周辺しか歩いたことがなく、国道から一本奥に入っただけで雰囲気がガラリと変わるのが結構、面白かったのでした。
110213  昼食は、吉成旅館のステーキハウスのつもりでしたが、満席だったので諦め、「はつ花」そばも込んでいそうだったので通り過ぎて湯葉そば「勇」に。湯葉そばもさることながら、できたてで温かい豆腐と豆乳のおいしさを改めて認識させられました。

|

« 能「鉢の木」 | トップページ | 女殺油地獄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/50904772

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根・湯本見番:

« 能「鉢の木」 | トップページ | 女殺油地獄 »