« 強羅・田むら銀かつ亭 | トップページ | あぁそれなのに海鮮丼@めし丸 »

2010年11月18日 (木)

箱根美術館

 箱根随一の紅葉の名所「箱根美術館」を訪れるのは4年ぶり。前回は曇天だったので今度こそと期待したものの、今日も午前中は時折晴れ間がのぞく程度でした。年寄り連れなので、強羅駅からケーブルカーで2駅先の公園上駅まで上がり、美術館の庭園へ。
101118  紅葉はちょうど見頃を迎えており、苔庭の緑に映えて美しい。人出はそれなりでしたが、そこは平日だから込んでいるというほどでもなく、落ち着いて眺められました。
101118_2  京都の実相院では磨き込んだ黒板張りの床に映る「床もみじ」が有名ですが、ここはさながら「窓もみじ」でしょうか。庭園内にいくつかある茶室の一つですけど、名前は失念。
 美術館の本館は敷地の最も高い所にあり、展示されている焼き物も見事ですが、所々、窓から見下ろす紅葉がまた素晴らしい。初めっから風景画としての窓、を想定しているんでしょうねぇ。
101118_3  これは別館にある窓から見える外の景色。展示室内は撮影禁止だけど、撮ったのは外だからご勘弁ください。
 昼食までにはまだ時間があったので、入り口横にあるミュージアムショップ「光琳堂」をのぞく。特にお目当てがあった訳ではなく、ぶらぶら見ていると、極端に小さい折り畳み傘がありました。店員さんに広げてもらうと、骨を5本と少なくして軽量小型化を図り、それなりに丈夫だとのこと。東京でも見たことのない品だったので、母と僕はそれぞれ1本ずつ購入。1050円也。

|

« 強羅・田むら銀かつ亭 | トップページ | あぁそれなのに海鮮丼@めし丸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/50100810

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根美術館:

« 強羅・田むら銀かつ亭 | トップページ | あぁそれなのに海鮮丼@めし丸 »