« 米ABCの中国レポート | トップページ | 強羅・田むら銀かつ亭 »

2010年11月17日 (水)

強羅へ

 今週は、遅まきながら「夏休み」で5連休。今日から両親を連れて箱根で静養です。
 初めての強羅泊まりで、久しぶりに登山鉄道に乗る。
101117  紅葉はまずまず進んでいますが、雨がやんだ後の曇り空とあって、「登山鉄道随一の絶景」という出山鉄橋(中央やや左の緑色の橋)を見下ろす辺りも、いささか色の映えない感じでした。
 15時20分頃に着いた投宿先の「R&Sホテルmy強羅」は、小ぶりながら、部屋はびっくりするほど広い。3方の窓からの眺める一帯の紅葉も素晴らしく、「こりゃ来た甲斐があった」と満足しつつ、お茶を飲み始めました。
 ところが…。
 父が入れ歯の安定剤(ポリグリップとか)を持ってくるのを忘れたのが判明。安定剤がないと全く食事ができないというのです。
 外へ出てみると、近くの薬局は休みだし、強羅公園近くのコンビニにも置いていません。駅前でタクシーに乗り、少し下がった宮城野地区にあるセブンイレブンに行ってもらうことにしたものの、ダメだったら小田原市街に出かけることも覚悟していました。
 すると運転手さん、「そういえば、途中に歯医者さんがあるけど、ああいう所にはないかな?」と言い出したのです。ダメもとで件の歯科医院に飛び込むと、粉末タイプの安定剤ならあるといい、即ゲット。ホテルの夕食にも間に合い、父に不自由な思いをさせずに済みました。
 たかが入れ歯の安定剤程度、と思ったら大間違いだと痛感させられた次第。

|

« 米ABCの中国レポート | トップページ | 強羅・田むら銀かつ亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/50089107

この記事へのトラックバック一覧です: 強羅へ:

« 米ABCの中国レポート | トップページ | 強羅・田むら銀かつ亭 »