« 塩山・慈雲寺の糸桜 | トップページ | 諏訪大社上社 »

2010年4月 2日 (金)

勝沼の甚六桜

 今年は6年に1度(地元では「7年目毎」という)の御柱祭があるといい、JTBのツアーで出かけることに。しかし何たること、3月の八重山行きと同様、未明から暴風に見舞われたのです。早めに家を出たものの、総武線がノロノロ運転だったため、集合時刻スレスレでした。この日、東京発のJTBだけでバス15台といい、いったいどれくらいの人が見物に出かけるのか、想像がつきません。
100402  木落としの見物は明日で、この日は各地の桜を楽しみながら、宿泊地の長野・車山高原へ行く日程。最初は、山梨県勝沼市の「甚六桜」。かつてスイッチバック式だった旧勝沼駅ホームの跡地を活用し、桜を植えた公園になっています。「甚六」とは特定の人の名ではなく、この公園の整備に尽力した地元ぶどう農家の後継者グループ「甚六会」にちなんだそう。惣領たちの集まりってことのようです。
 6、7分咲きって感じでしたが、雨降りだったのでさっさと見物しておしまい。天気がよければ、いい眺めのと桜を楽しめたのに。ちょっと残念でした。

|

« 塩山・慈雲寺の糸桜 | トップページ | 諏訪大社上社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/48065795

この記事へのトラックバック一覧です: 勝沼の甚六桜:

« 塩山・慈雲寺の糸桜 | トップページ | 諏訪大社上社 »