« 恵林寺 | トップページ | 勝沼の甚六桜 »

2010年4月 2日 (金)

塩山・慈雲寺の糸桜

 甚六桜からバスで20分ほど、2番目の桜はちょうど見頃になっているという塩山・慈雲寺の糸桜。市町村合併で今は甲州市ですが、聞き慣れている塩山で通します。
100402_2  雨の中、バスの駐車場から慈雲寺まで5分ほど歩きましたが、これほど見事に咲き誇っていてくれれば、見に来た甲斐はあったというもの。狭い境内に見物客がごった返していて(自分もそうですけど)、落ち着かないのが難点ではあります。
 門前に樋口一葉の割と新しい像がありました。一葉の両親が当地の出身との所縁から建てたそうです。一葉自身はここへは来たことがないとのこと。
 バスへ戻る途中、地元の農家らが出していた露店で桃のジャム(500円)を購入。ちゃんと桃の色をしているけど、たぶんアプリコットジャムみたいな味なのでしょう。2月に箱根で買ったレモンとみかんのジャムが期待外れだっただけに、「今度こそ」と個人的期待は高くなっています。

|

« 恵林寺 | トップページ | 勝沼の甚六桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/48065880

この記事へのトラックバック一覧です: 塩山・慈雲寺の糸桜:

« 恵林寺 | トップページ | 勝沼の甚六桜 »