« NHK「坂の上の雲」講演会 | トップページ | 先島諸島への道(もしくは全国端っこ征服計画?) »

2010年3月21日 (日)

思わぬ収穫

 予定では今日中に与那国島へ行くはずでしたが、悪天候で出発が大幅に遅れたため、与那国行きは不可能に。今日は「石垣やいま村」のみ見学し、あとはホテルで休養となりました。
100321  沖縄や八重山諸島についての知識が皆無の僕にとって、島の文化をざっと知ることができる施設へ先に来たのは、むしろ好都合でした。
 登録文化財になっている代表的な住宅は、中に上がって自由に見学できるばかりでなく、琉球衣装を着るなどの体験もできます。僕らは1時間の自由見学でしたが、できることならもっと時間がほしいと思ったほど。
 こんなにきれいな女性が三線を奏でながら美しい唄を披露しているから、って訳だけじゃありません。決して。(^-^;ゞ
 ところで、旅先では時に思いがけない収穫を得られることがあります。それはこの「やいま村」にあったのでした。
 「海人(うみんちゅ)の家」という代表的な漁師の家を復元した家屋の横に、「サバニ」という船が展示してあります。
 (ひょっとして「坂の上の雲」に出てきた、あの船か)と思い、説明板を読むと「丸木舟の一種」とあり、思わず「これだったのか」と声を出してしまいました。(註:帰宅後に確認したら、やはりサバニでした。)
 電信施設のない宮古島に寄せられた「バルチック艦隊北上中」の情報を伝えるため、施設のある石垣島まで漁夫ら5人が15時間も船を漕いで渡ったという決死行。飛行機でも30分かかる距離を丸木舟で往復できるものなのか、最初に読んだ時からの大きな疑問でした。
 説明板には「転覆しやすいが、帆走すれば動力船に負けないスピードが出る」とあります。帰りは難航海だったそうですが、行きは帆走もできたから石垣島へ辿り着けたのかと、いささか納得する思いでした。とてつもない壮挙だったことに変わりはありませんが。
100321  これがサバニ。石垣島北部には5人の上陸記念碑が建っているとか。いつか訪ねてみたい。

|

« NHK「坂の上の雲」講演会 | トップページ | 先島諸島への道(もしくは全国端っこ征服計画?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/47946335

この記事へのトラックバック一覧です: 思わぬ収穫:

« NHK「坂の上の雲」講演会 | トップページ | 先島諸島への道(もしくは全国端っこ征服計画?) »