« 那珂湊で回転寿司を喰らう | トップページ | 偕楽園へ »

2010年3月13日 (土)

黄門様ご一行とパチリ

 偕楽園は天保13年(1842年)、列公・徳川斉昭によって造園されたのですが、水戸と言えば黄門様です。
100313_4 この行列は黄門様ご一行(に扮した人たち)と記念写真を撮ってもらうべく並んでいる観光客たち。この黄門様、近くで見ると東野英治郎に似た感じでした。
100313_5  こちら「水戸の梅大使」の お嬢さんたちも、一緒に写真に入ってくれて人気でした。
 ところで、以前は確か「梅むすめ」と呼ばれていたはず。調べてみると、2001年の男女雇用機会均等法の改正や男女共同参画社会基本法の施行を受けて、名称を変更したとのこと。「ビジネスマン」→「ビジネス・パーソン」とか「女離れした」→「人間離れした」といった具合に、性別によって呼称などに差をつけないといった趣旨に則ったようです。

|

« 那珂湊で回転寿司を喰らう | トップページ | 偕楽園へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/47808186

この記事へのトラックバック一覧です: 黄門様ご一行とパチリ:

« 那珂湊で回転寿司を喰らう | トップページ | 偕楽園へ »