« 思わぬ収穫 | トップページ | はいむるぶし »

2010年3月21日 (日)

先島諸島への道(もしくは全国端っこ征服計画?)

 昨秋、宗谷岬を旅した時、ふと思いついた「全国端っこ征服計画」。わが国で人の住む地域の東西南北すべての端っこを踏破しようというものです。
 最北端の宗谷岬、最東端の納沙布岬には行ったので、残るは最南端の波照間島、最西端の与那国島のみ。おあつらえ向きなことに1月、この2島を訪ねる読売旅行のツアーを見つけ、申し込んだのでした。
 2泊3日ながら、与那国島から見えることもあるという台湾への旅行なら3回は行ける料金。酔狂にもほどがあると、我ながら思います。
 最南端と最西端さえ行ければいいとしか思っていなかったため、直前までよく見ていなかった旅程表をチェックすると、羽田空港の集合時刻は午前5時45分でした。船橋からの高速バス始発でも間に合わないし、天気予報は「明日の朝、関東地方は暴風雨」などと言っています。さて、どうしたものか…。
 …<中略>…
 東京駅朝一の京浜東北線に乗り、浜松町からモノレールで羽田へ。午前5時20分頃には到着したが、聞こえてくるのは「日本航空●●便は悪天候のため欠航します」というアナウンスばかり。添乗員K氏によると、石垣空港へ向かう僕らの便を含め、午前8時までの便はすべて欠航か遅延という。
 「午後1時台まで待つことになるかもしれませんが、行きますか」と問われ、「もちろん行く」と答えたものの、内心げんなりだった。待ち合いスペースで椅子を確保していたのがせめてもの救い。セブンイレブンで買ったコロッケパンなどの朝食を済ませる。
 午前7時40分過ぎ、出発便の案内が聞こえだした。僕らの石垣便も9時頃に出るという。大幅な旅程変更になるけど、K氏は波照間、与那国両島に行けるよう努力すると約束してくれた。
 飛行機に乗ったはいいが、今度はオーバーブッキングが判明。「後の便に回ってくれる方には2万円差し上げます」という。心は動いたとはいえ、ツアーだから勝手な真似はできない。しっかりしてくれよ、日本トランスオーシャン航空。どう決着したのかわからないけど、9時半近くにようやく離陸した。
 大連行きとほぼ同じ約3時間半の空の旅。石垣空港は小雨という機内アナウンスだったけど、僕らが着いた時には薄曇りでした。さすがに暖かい。
100321  石垣空港内の店で、お昼に八重山そばをいただく。地元の食事は何しろ初めてだから、それらしいものをと思って選んだのですが、それがある種の失敗だったとは、この時は全く知る由もなかったのでした。

|

« 思わぬ収穫 | トップページ | はいむるぶし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/47945622

この記事へのトラックバック一覧です: 先島諸島への道(もしくは全国端っこ征服計画?):

« 思わぬ収穫 | トップページ | はいむるぶし »