« はいむるぶし | トップページ | 日本最南端の碑 »

2010年3月22日 (月)

小浜島へ

 前日、石垣空港に着いて昼食に八重山そばを食べたことを「ある種の失敗」としたのは何故か。どうもこの辺りの食習慣では八重山そば=味噌汁的存在、らしいのです。
 昨晩のホテルで、ご飯と同時に小さな八重山そばが出てきた時に少々びっくりしましたが、ここ波照間島での昼食も、やはりご飯+小さな八重山そば。嫌いでは全くないにせよ、こうした食べ方をしたことがなかったので面食らった次第。シャレではありません。(*^.^*)
 波照間島から再び石垣島へ戻り、30分ほどの待ち合わせで、今度は小浜島へ。乗船時間は約30分、午前中に比べたら波もだいぶ穏やかになった感じです。
1003222  ここでも僕は「物知らずの壁」に衝突。たいていの人はご存知の通り、小浜島はNHKの連続テレビ小説「ちゅらさん」の舞台です。しかし、全然見ていなかったので、何を聞いてもチンプンカンプン。続編がいくつも作られた人気ドラマだというのに、覚えているのは主題歌ぐらい。放映はもう10年前、思えばあの頃は電車の中で読書をするのすら面倒になっていて、物事への興味が一番低い時期でした。
 「坂の上の雲」を読んでいたからこそサバニにピンと来たのに、ここでは情けないことに何を見ても聞いても「ふ〜ん」だけ。つまらないってことではなく、刺激に反応しない状態でした。
 写真は、集落の一角につり下げられている不発弾。ガイドさんは「何年か前までは除夜の鐘の代わりに使われていました」と言ってましたが、何だかこっちが何も知らないのをいいことに、いい加減な話を吹き込まれてるような気が…。本当らしいですけど。

|

« はいむるぶし | トップページ | 日本最南端の碑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/47968971

この記事へのトラックバック一覧です: 小浜島へ:

« はいむるぶし | トップページ | 日本最南端の碑 »