« 与那国馬 | トップページ | 八ヶ岳など »

2010年3月23日 (火)

与那国島・謎の海底遺跡

 旅もおしまい。大幅に旅程が狂っただけに、今日はタイトなスケジュールです。

 小浜島→船で石垣島→飛行機で与那国島→船で海底遺跡見物→バスで島巡り→飛行機で石垣島→飛行機で宮古島→飛行機で羽田へ

といった具合。1日で船に2回、飛行機に4回乗るなんて、たぶん今後もないでしょう。
 …<中略>…
 てな訳で、石垣空港から30分のフライトで与那国空港に到着。昨夜書いた知人宛ての絵葉書を、空港のポストに投函しました。後で島巡りのガイドさんから聞いた話では、与那国島からの郵便物は、いったん台湾に行ってから東京などへ空輸されるとのこと。
100323  最初の見学地は、島の南岸やや東寄りにある謎の海底遺跡。文字通り、海の底に人工物としか思えない形の階段状の石組があり、これを船底がガラス張りのグラスボートで見る趣向です。
 日本最西端の西崎(いりざき)近くの港を出て、西崎を回って(この時、台湾の島影が見えたような気がしたのですが…)船を飛ばすこと約30分、海底遺跡らしきものは確かに見えました。見事な直方体の石は人の手が入ったとしか思えませんが、なぜ水没しているのか。付近の海岸は切り立った崖ながら、岩を切ったような模様があり、これが自然にできたものなら、ここから柱状列石風の岩が崩れて海中で重なったのかもしれません。
 などと考えているうちに、船の揺れで酔いそうになってしまいました。帰りの航路は努めて遠くを眺め、どうにか気分の悪さをしのぎ切りました。
 (写真は、グラスボートから見た海底遺跡。確かに人工物っぽい石組に見えます)

|

« 与那国馬 | トップページ | 八ヶ岳など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/48009980

この記事へのトラックバック一覧です: 与那国島・謎の海底遺跡:

« 与那国馬 | トップページ | 八ヶ岳など »