« めんたいパーク | トップページ | 黄門様ご一行とパチリ »

2010年3月13日 (土)

那珂湊で回転寿司を喰らう

 今回のツアーは「水戸偕楽園・梅まつりと那珂湊直送大ネタ回転寿し食べ放題」というのが正式名称。いちご狩りとかじゃなくて、ズバリ大ネタ回転寿し食べ放題と来たところにひかれたのは言うまでもありません。
100313_6  13日発のツアーは土曜日ということもあって、平日発より500円高い6480円。この価格で食べ放題の回転寿司となると、均一系だろうと思っていました。
 偕楽園から1時間ほど、午後1時半過ぎに那珂湊魚市場へやって来ると、目に入ってきたのはこの巨大な建物。回転寿司の店で2階建て以上ってのは初めて見ました。添乗員さんの説明では、ボタンエビだけは1人1皿だけど、ほかは50分で何をいくつ食べてもOKとのこと。すっかり空腹になっており、出撃態勢は整っていました。
1003131f  この店「市場寿し 海の駅店」は、地元の鮮魚商「ヤマサ水産」の直営。予想とは違って均一系ではなく、ネタによって価格に差をつけるタイプの店でした。
 右の写真は午後2時20分頃の同店1階の様子ですが、とうにお昼時を過ぎているのにこれだけ待ち客がいるのは驚きです。
 均一系ではないとなると、意地汚い僕はもちろん、高い皿狙いに徹しました。ちなみに、最高額の本マグロ大トロは525円(税込み)で、かなりおいしかったです。普段ならカッパ巻や納豆巻も必ず食べるのですが、今回に限り全く手を付けず。
 デカ盛りだけに10皿を超えるときつくなってきましたが、負けてたまるか(何にだよ?>自分)と食べ続け、14皿でホールアウト。ついつい計算してしまった合計額は、4500円超だったと思います。
 僕のような客ばかりではないにせよ、果たしてこのツアー、ちゃんと利益が出るのか心配になりました。帰宅後に調べると、この店は元から「食べ放題2940円」でやっており、杞憂に終わって安心しました。
 那珂湊魚市場を冷やかし歩いてみると、この店を含め回転寿司が10軒ばかりありました。どこもそれなりに混雑しており、この辺りに住んでいる人のかなり多くが来ているとしか思えないほどでした。

|

« めんたいパーク | トップページ | 黄門様ご一行とパチリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/47808696

この記事へのトラックバック一覧です: 那珂湊で回転寿司を喰らう:

« めんたいパーク | トップページ | 黄門様ご一行とパチリ »