« 時間がかかる訳は… | トップページ | 佐原独自の「おもてなし」とは »

2010年1月 9日 (土)

面接授業「佐原学〜まちづくり政策システム」

 放送大学の面接授業で佐原(香取市)へ。見知らぬ人たちとの1泊2日の合宿方式は初めての経験、どんなことになるやら期待と不安が入り交じります。
 お昼過ぎに佐原駅に到着。吉野家もマクドナルドもコンビニも見当たらない街を通り抜け、両側に蔵や古い商家の建物が立ち並ぶ狭い「忠敬通り」をブラブラと歩き、会場の佐原町並み交流館へ。
100109_2  向かいの「麻生屋」で、鰻の上白焼き丼(1700円)を注文。30分あれば大丈夫だろうと思ったのが大間違い。出てくるまで25分はかかりました。味わうゆとりもなくかきこみ、何とか遅刻は免れましたが、ほかにも被害者?はいて、別の鰻屋では1時間近くかかってしまったとのこと。

|

« 時間がかかる訳は… | トップページ | 佐原独自の「おもてなし」とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/47271901

この記事へのトラックバック一覧です: 面接授業「佐原学〜まちづくり政策システム」:

« 時間がかかる訳は… | トップページ | 佐原独自の「おもてなし」とは »