« 曽我梅林 | トップページ | 未来を開く福沢諭吉展 »

2009年2月25日 (水)

きなこ豚

 職場の同期U氏とともに、23日から2泊3日の「ゴルフ宮崎キャンプ」を敢行。昨年はツアーで行こうとしたものの都合がつかず、「それならうちの実家に泊まり込みでやろう」というU氏のお言葉に甘えて実現と相成りました。
 宮崎県に来たのは初めて。ほぼ雨という予報だった天気は、強運にも3日とも、ゴルフをしている間は降られずじまいだった。2ラウンド半で腕が上がったかどうかはともかく、下手クソな僕に付き合っていただいたU氏とお父上、ご厄介をかけたお母上には感謝、感謝です。
 宮崎といえば地鶏、なのですが、今回は「きなこ豚 」のおいしさにたまげたのでした。2泊目の晩、U家でしゃぶしゃぶをごちそうになり、初めは宮崎牛、それから豚しゃぶに切り替えたのですが、そこそこお腹が満ちて来てからいただいたこの「きなこ豚」が、何ともおいしかったこと。豚しゃぶは淡白な印象がありますが、きなこ豚はこくのある味でしつこくなく、臭みもありません。ほっといたら食べ過ぎてしまいそうでした。普通の豚肉に比べると、お値段は高めだそうです。ごちそうさまでした。
 調べてみると、都城市にある「はざま牧場」のブランドで、その名の通り、きなこを食べさせて肥育しているようです。地鶏のように、県が後押しするようなブランド展開は難しいかもしれませんが、お取り寄せの価値はあると思います。

|

« 曽我梅林 | トップページ | 未来を開く福沢諭吉展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/44181623

この記事へのトラックバック一覧です: きなこ豚:

« 曽我梅林 | トップページ | 未来を開く福沢諭吉展 »