« アルパを聴く | トップページ | ミッドランドスクエア »

2007年8月31日 (金)

明治村

 8月30日(木)
 31日から名古屋・札幌へ計4日間の出張があり、前日の今日が公休だったことから、1日早く名古屋入りし、明治村 と犬山城へ行くことに。
 午前中に明治村へ行き、そこそこ楽しんで夕方、犬山城に登って木曽川の夕映えを堪能しようと目論んだものの、天気は雨が降ったりやんだり。木曽川の夕映えどころではなさそう。
 名古屋に行くこと自体、初めてみたいなもの。かつて、やはり出張で出かけた時は、名古屋駅と訪問先の往復だけで終わってしまい、街の様子など見る余裕さえなかった。
 そんな具合だったので、JR名古屋駅から名古屋鉄道 (名鉄)に乗り換えた時は面食らった。ホームに次から次へと電車が入って来るのはいいのだが、どれが犬山へ行く電車なんだかさっぱりわからない。名鉄名古屋駅はターミナル駅じゃないのに、名鉄各線が集まって来るため、こんなことになっているようだ。
 ホームにいた駅員さんに聞いて、何とか目的の電車に乗り込んみ、40分弱で犬山駅に到着。明治村へはここからバスで向かうが、電車との接続はよかった。電車もバスも明治村も、みんな名鉄だし。それにしても、電車の窓から眺めていてびっくりしたけど、名鉄って病院はともかく、クリーニング店までやっているとは。
070830
 来る前までは、明治村に移築された建物は、平らな所を区画割りしたモデルハウスのように並んでいるんだろうとばかり思っていましたが、とんでもない大間違い。実際は広大な傾斜地に点々と移築されているのでした。歩きで回っていたらかなり時間がかかるので、村内バスや蒸気機関車、旧京都市電に乗れるセット入村券2200円を利用。
 明治村といえば、何と言ってもライト設計の旧帝国ホテル正面玄関(=写真上)。ボランティアの無料ガイドさんの説明によれば、完全に移築が完了するまで18年もかかったとのこと。中もじっくり見ることができ、時間があれば館内の喫茶店でコーヒーでも飲んでいたかったけど、短時間でたくさん見ることをもってよしとする僕には、そんなゆとりはありません。西園寺公望の坐漁荘や西郷従道邸など、見たい建物がまだまだあるのですから。
 しかし、坐漁荘を撮ったところで、またしてもデジカメが電池切れ。出発前に充電を怠るこのミスを何度繰り返したことか。これで、本日夕に犬山城へ行くのは断念。じっくりと明治村を見学できるいい機会だと思い直し、閉村時間の午後5時近くまで粘って、あれこれと見回ったのでした。
070830_2
 帝国ホテル正面玄関の裏側はこうなっています。

|

« アルパを聴く | トップページ | ミッドランドスクエア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/16413274

この記事へのトラックバック一覧です: 明治村:

« アルパを聴く | トップページ | ミッドランドスクエア »