« 掛川城 | トップページ | ジュビロ対レッズ »

2006年11月 1日 (水)

千代と一豊・掛川館

061029
 10月29日(日)
 午前中、掛川城に向かう。12年前、天守を木造で本格復元した時には「街おこしの好例」として高く評価されたものの、次第に訪れる人も減ったという。今年はNHK大河ドラマ「功名が辻」の放映に合わせ、この天守を創建した山内一豊と妻の千代にちなんだ「掛川館」を開設しているというので、まずは見物することに。
 昔ほどではないにせよ、大河ドラマの影響力は今なお強い。思っていた以上に、来場者は多かった。僕らはサッカー観戦とセットにしてきたけど、「ねんりんピック静岡 」とセットで来ている高齢者が結構いたようだ。
 館内は「功名が辻」の番組宣伝一色。出演女優パネルの筆頭が主役の仲間由紀恵なのは当然としても、その隣が長澤まさみ(女忍者役)だったのは地元への配慮でしょうか。僕なぞ、これを見て初めて「あれが長澤まさみだったのか」と思った次第でした。
 衣装展示などは「お決まり」ではありましたが、小道具がかなり細かく作られているのには驚きました。信長が浅井久政・長政、朝倉義景の髑髏で作らせた酒杯なんか、3人とも歯並びなどが違っているなど、凝っていたんだなあって感じ。小山での軍議を再現したセットがあり、「今夜、これが見られるんだ」とみんなで笑っていました。

|

« 掛川城 | トップページ | ジュビロ対レッズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/12512523

この記事へのトラックバック一覧です: 千代と一豊・掛川館:

« 掛川城 | トップページ | ジュビロ対レッズ »