« TBS「華麗なる一族」 | トップページ | 歴史の中の鉄炮伝来 »

2006年11月21日 (火)

箱根美術館

061120_1  11月20日(月)
 19日からの3連休、休養と紅葉見物を兼ねて箱根へ。初日からあいにくの雨、20日も一日中雨の予報だったけど、起きてみるとやんでいてくれた。天気が変わらないうちに、強羅公園の上にある箱根美術館  へ向かった。ここの苔庭は、箱根随一の紅葉名所という。
 経験上、紅葉見物は晴れた日の午前中に限るものの、この天気でそんな贅沢は言ってられず、登山電車とケーブルカーを乗り継いで11時過ぎに到着。曇り空では紅葉の美しさも半減ながら、色づきはほぼピークといった感じ(=写真右)でした。
 美術館は、火焔土器から現代の陶磁器まで、日本の焼き物をほどよく集めて展示しています。ゆっくり見学すればそこそこ勉強になりそうでしたが、いつ雨が降り出すかわからなかったので、おざなりに済ませました。もともと眺望を意識しているのか、美術館としては珍しいくらい大きな窓が多く、館内のそこかしこから紅葉を眺められるのはグッドです。
061120_2  強羅から箱根湯本まで戻り、お昼は最近、評判という「直吉 」の湯葉丼をいただく。「湯葉をご飯に載せたって、そんなに美味しくはないのでは」と思ってたら、ちゃんと卵でとじて出汁で上品な味付けをしてありました。このアツアツの汲み上げ湯葉を、丼飯にかけて食べるのです。今日のような少々肌寒い日には、ちょうどよかった。
 ところで、トラックバックさせていただいたこのページ ほか、直吉の湯葉丼を紹介した写真の多くには味噌汁がついていますが、上の写真にはありません。周囲で食べていた人にもついていなかったと思うので、たぶんメニュー構成を変えたのでしょう。でも、値段は同じ980円。行列ができているのに、あまり儲かってないのかな。
 味噌汁と言えば、宿泊した湯本富士屋ホテルの日本料理「桂」の夕食で出た赤出汁は、個人的赤出汁史上?、最高と思えたほどの香りと味でした。つい、「どちらのお味噌を使っているのですか」と尋ねたら、京都・四条にある店の「京桜 」と教えてくれました。調べてみると、「石野味噌 」さんというお店。今度行ったら、買ってこよっと。
 

|

« TBS「華麗なる一族」 | トップページ | 歴史の中の鉄炮伝来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/12771430

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根美術館:

» 箱根 「旅の宿 “海本”」 [明日もきっといい天気]
箱根旅で泊まったお宿が「旅の宿 “海本”」。大平台(箱根湯本から箱根登山電車で2駅)にある民宿で、アットホームな雰囲気の宿。大学時代に夏合宿でお世話になった「中田荘」を連想させるたたずまい。(宿のおっちゃん、おばちゃん、仲居さん…みんなえぇ人〜というカンジ:笑) ここの夕食が本当にめっちゃ美味でして、思わずパチリ。写真ここに写っている以外にもお料理は盛りだくさんなのですが量が多くて画面に入りきりませんでした... [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水) 19時44分

» 箱根 直吉 “湯葉丼定食” [明日もきっといい天気]
3月29日〜30日、箱根に行ってきました。心配していた雨には降られずにすんだものの、風がメチャメチャ強く、仙石原では小雪がまう始末。ひたすら寒かったです・・・。冷え切った体を温めてくれたのが、写真の “湯葉丼定食” ¥980−。まだグツグツいっている小鍋の蓋を開けると、卵でとじられたあつあつの汲みあげ湯葉が。これをごはんにたっぷりのせて、いただきます。とろりとした湯... [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水) 19時46分

» 湯葉丼 @ 直吉 (箱根湯本) [あっかんべぇ]
 箱根湯本駅まで戻ってきてから、ロマンスカーの切符を取りました。6時48分のロマンスカーは、2席並んでは空いていないということで、その次の7時17分のロマンスカーの切符を取りました。ロマンスカーの乗車時刻まで2時間近くありましたので、食事をしながら発車時刻を待つ事にしました。  駅から近いところで、『湯葉丼』の看板を発見。湯葉丼! どんなものでしょう。ぜひ食べてみたくなり、店に入りました。  「湯葉丼」単品もありましたが、湯葉刺しと、田楽、それに茶碗蒸しがついた「湯葉丼ご膳」の方を注文しました。  ... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 17時25分

« TBS「華麗なる一族」 | トップページ | 歴史の中の鉄炮伝来 »