« にしん御殿 | トップページ | 旭川ラーメン村 »

2006年6月25日 (日)

旭山動物園

 6月11日(日)
060611  旭山動物園 は、動物本来の動きをできるだけ自然に近い姿で見られる「行動展示」で、年間100万人以上が訪れる全国区の人気を博している。

 来てみると、案外狭い。旭川市立なんだからそんなに広いはずはないけど、お客さんはいっぱい。それなのに、園内の遊園地にあるジェットコースターや観覧車はガラガラ。みんな動物がお目当て。

 ここに至る経緯は旭山動物園の軌跡 (北海道新聞HP)に詳しいのですが、限られた予算でカバーできない面を職員が工夫を凝らして展示しているのは、一目でわかります。説明や案内のボードは全部手書きと言っても過言ではありません。

 こういうことができたのは、察するに職員全体の風通しがよいというか、「言論・表現の自由」が高度に保たれているからではないでしょうか。そう感じたのは、動物資料館内に展示されているこのポスター(=写真)を見たからです。

 文章を読めば、「地球温暖化問題に無責任なアメリカ」をただ批判するだけではなく、州によっては強い関心で取り組んでいる例も紹介しており、まあフェアな内容ではあります。とはいえ、この3人にこういうセリフを言わせるデザインを許すあたり、一般に北海道の人々の気質がおおらかだとはいえ、自治体内の組織としては珍しいんじゃないでしょうか。

 それはともかく、オランウータンの渡りや、水の中で「飛ぶ」ペンギンを見るのは面白く、2時間ではやや足りないほどでした。

|

« にしん御殿 | トップページ | 旭川ラーメン村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169228/10677078

この記事へのトラックバック一覧です: 旭山動物園:

« にしん御殿 | トップページ | 旭川ラーメン村 »